ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/19 Sat  16:13
●B's-LOG(ビーズログ) 2014年6月号(4/19) 感想

ビズログ6月号(2014年)の感想と情報です♪

【PS Vita レンドフルール】
サブキャラ&キャスト発表です♪
レオン→興津和幸さん/ルイ→浪川大輔さん/ギスラン→近藤隆さん
オルフェ→KENNさん/ユベール→杉田智和さん
瑠璃&茜(藤村歩さん)…ヴィオレットに従う蝶(※守護者)。双子の兄妹。
揚羽(甲斐田裕子さん)…レオンに従う蝶。レオンとは主従逆転の関係。
裏波(村上和也さん)…ルイに従う蝶。ルイとは悪友のような関係。
褄紅(勝沼紀義さん)…ギスランに従う蝶。常に大局を見ている豪快なタイプ。
浅葱(鶏冠井美智子さん)…オルフェに従う蝶。生真面目な性格の男装の麗人。

【PS Vita Code:Realize(コード:リアライズ)~創生の姫君~】
-猛毒の少女が紡ぐ、禁忌の恋-
世紀の大泥棒が狙うは、“猛毒”を身に宿し少女

カルディア(主人公)…触れたものを腐敗、融解する猛毒を全身に宿し、『怪物』として英国軍に捕らわれる寸前、ルパンによって盗み出される。2年より以前の記憶を失っている。性格は大人しく、感情を表現する事が苦手。
アルセーヌ・ルパン…世間を騒がせる大泥棒。非常に明るい性格で、楽天家にして自信家。すば抜けた行動力と盗みのテクニックを有している。
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング…最強かつ最凶とまで謳われる、吸血鬼狩りのスペシャリスト。かつて英国軍に従事した過去を持ち、当時から『人間兵器』と比喩されるほどの身体能力と戦闘技術を兼ね備えていた。
ヴィクター・フランケンシュタイン…元英国政府お抱えの研究者。穏やかで人当たりの良い性格をしている。とある理由で、現在は指名手配されている。
インピー・バービケーン…明るく、軽く、お調子者であるが、発明において規格外の天才。感情が希薄の主人公とは対照的で、喜怒哀楽がハッキリしている。奪われた『大切なもの』を捜し求めている。
サン・ジェルマン…物腰柔らかで紳士的だが、かなりの変わり者で謎が多く、素性の確かでない主人公たちを受け入れた理由も、「面白そう」だから。

各キャラを簡単にいうと、破天荒な王子様、ツンデレ眼鏡、世話焼きお兄さん、割と残念、胡散臭い…って感じのようです(笑)
ツンデレ眼鏡の、ヴァン・ヘルシングがカッコイイ…!
サン・ジェルマンは、基本的には目を閉じて(?)常にニコニコしているタイプなのだとしたら、開眼した時が楽しみです♪
シナリオの恋愛面は、肌と肌の接触が出来ないという制約を逆に活かし、心の交わりに重点を置いて、プラトニックな恋愛を追及しているとの事でした。
サブには、おかっぱのツンツン弟キャラ・お姉さん・変態・素敵おじ様・ワンコなど、色々といるみたいですよ。
世界観が『スチームパンク』という事で、その辺の事はイマイチ良く分からないのですが…、ロンドン×蒸気機関みたいなイメージが強いですね。
衣装の至る所に歯車のような小物が散りばめられていて、レトロな雰囲気なのに何だか新しいです^^

【PS Vita 戦場の円舞曲(ワルツ)】
物語の内容を簡単に書いてみました
ある日、突然に少女は全てを奪われる。
故郷も父親も…。
そして、代わりに手に入れたのは『力』。
自分と大事な人たちを守る為に掴んだ剣は、強大な力を秘めた『呪われた魔剣』だった。
『力』を手にしてしまった少女は、戦場を生きる場とせざるを得ず、超国家的軍司学校『ニルヴァーナ』に身を置く事となる。
そこで様々な人と出会い絆を深め、そして失ったはずの自分の居場所を見つけていく。
これは、そんな少女と、彼女と共にあった『しゃべる魔剣』の物語。
キャラ紹介です
ラン(主人公)…自身が暮らす村を襲撃された少女。その戦の中で手に入れた魔剣と共に、ニルヴァーナへ編入。魔剣の所有者として、力を何の為に使うべきか葛藤する。
ヴィルヘルム(竹内順子さん)…魔剣の中に眠る少年。剣でありながら、人型となって現れたり喋る事が出来る。
アベル(前野智昭さん)…クールな最強剣士。精鋭が集まるニルヴァーナの中で、入学以来無敗を誇る。ぶっきら棒で冷たい印象を持たれがちだが、優しい所もあるらしい。
ラスティン(加藤和樹さん)…とある小国の、自由気ままなモテ王子。夜な夜な寮を抜け出しては、遊びに興じている。戦闘を嫌い、華やかで楽しい事を好む。
パシュ(石川界人さん)…天真爛漫な拳闘士。自分よりも気の強い女性とばかり接して来た為、主人公のような普通の女の子には免疫がない。
ニケ(小野賢章さん)…引っ込み思案で大人しく、思いやりのある少年。落ちこぼれ扱いをされて万年衛生班にいるが、本人はあまり気にしていない。
ティファレト(柿原徹也さん)…容姿端麗な魔法使いで女性から人気があるが、そのせいでトラブルに巻き込まれてしまう事も多い。本人はその事を嫌っており、自分の事を放っておいて欲しいと思っている。
謎の男(中村悠一さん)…全てが謎に包まれている。制服を着ているので、ニルヴァーナの生徒と思われるが…?恵まれた体躯と、挑戦的な目付きが印象的。

アベル=王道担当、ラスティン&ティファレト=甘やかし担当、
パシュ=思春期担当、ニケ=攻略制限がある(?)衝撃担当、謎の男=謎担当?
…大雑把に言うとこんな感じ↑なのですが、イラストが武村ゆみこさんという方でもプリアサの雰囲気に結構似ていて、とても綺麗でした
ただプリアサに比べたら割とみんな華奢で、オトメイトさんっぽいキラキラ感や雰囲気は、十分にあると思います。
個人的には前野さんキャラがクール美形なのと、中村さんキャラが男前でカッコよくて、ホント物凄い楽しみになりました♪
見た目が大人しくて優しそうなニケが、一番重いテーマのシナリオ…ってのは予想外すぎて、どんだけ衝撃的なのか気になりますが…^^;
それとビジュアル的にも人気が出そうなティファレトは、平然と『死にたい』って口にしているので、何て退廃的なキャラなんだって思っていたのですが、ひょっとして魔法使いだから物凄い長寿設定だったりするんでしょうかね??
もしそうだったら、普通の人間が死にたがるのとは意味が違いますけど…。

【PC Re:BIRTHDAY SONG】
honeybeeさんの新作、さといさんが原画担当のゲームですね。
死神たちの恋愛模様を描く、『死神彼氏シリーズ』として、5人の男性との恋を紡ぐ本編の『Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~』と、その番外編となる3人の男の子との物語が展開する『Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~』が発売されるようです。
本編:歌によって人間の命を狩り取るという死神。死後の世界には、そんな死神たちが暮らす冥府が存在している。一人前の死神になるべく、冥府の養成学校で奮闘する候補生たちの物語を描く。
番外編:エリート死神たちが紡ぐ、悲しい恋物語。
ココロ…死神候補生の主人公
カイリ…明るく元気なまとめ役
ヨル…冷たい素振りでお人好し
アメ…自分に素直なみんなの弟
シュン…短気で不良なサボり魔
ナミ…やる気ゼロなダメ教師
恋愛だけじゃなく、死神という仕事を通して、『人の命の大切さ』についても追求した作品になっているようです。
2本に分けて、他人の命を“奪う”側の物語から、他人から命を“奪われる”側の物語へと展開していく…との事でした。

【PSP 里見八犬伝 浜路姫之記】
前作の後日談として、主人公を想いながら亡くなった幼馴染み・浜路の復活から、物語が幕を開ける。
浜路が生きていた事に驚きを隠せない主人公は、以前とは大きく変わってしまった彼に複雑な想いを抱いて…?という感じだそうです。
浜路が浜路姫の婚約者として現れる→村雨丸と『孝』の珠が盗まれる→浜路と姫の失踪→八犬士とともに2人の『浜路』を追い掛ける旅に出る→その先にあるものとは…?
…って流れのようですね。
今回は攻略対象に浜路が加わり、メインは丶大法師を除いた7人なのかも?

【Vita RE:VICE[D](リヴァイスディー)】
サブキャラのキャスト情報がありました。
クロダ→諏訪部順一さん/コハク→佐藤拓也さん
スミレ→沼倉愛美さん/ミケ→儀武ゆう子さん

【PC クローバー図書館の住人たち】
澪さんの新作ですが、本擬人化女性向け恋愛アドベンチャーだそうです。
人と本の関わりがキーワードの現代ファンタジー。
図書館を舞台に、個性豊かな図書館の住人たちとの不思議で不可思議な日々が啜られて行く…との事です。

…今月はこんな感じでした♪
それから2~3日後になると思いますが、3か月分纏めてビズログの人気キャラランキングの記事も、少しだけ書く予定でいます^^
↓もし今回の記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment

☆ ビズログ6月号の情報、ありがとうございます♪

新装版クロアリはまたもやなかったんですね~まあ、里見八犬伝の続編は絶対出すと思ってたんで、これの次かなあ。藤丸さんのスケジュール的に半年また延びますね苦笑。

しかし、浜路復活は想定外でした!死んじゃったから、もう攻略はないだろうなと思ってたんで嬉しいです♪でも今度は荘助からの分岐はやめてほしいなあ。せつなすぎるから(涙)ちゃんと単独でお願いしたいです。

あと、玉梓が絡む真相がもっと深く掘り下げられることを期待してます。まだ3人攻略して止まってる私が言うのもなんですが汗。十三支演義2が終わったら、戻ろうと思いつつ、黒雪姫にいっちゃいそうですが♪

☆ Re: ビズログ6月号の情報、ありがとうございます♪

>sayaさんへ

こんばんは~、コメント有難うございました!

クロアリじゃなかったですけど、表紙の『クローバー図書館』の文字を見た時には、一瞬ドキッとしてしまいましたが…(笑)
何と言うか、続編発表の期間がどんどん短くなって行きますよね。
既に発表されているマーメイド・ゴシック辺りまでは、
確実にPSPで続編出すんでしょうね。

八犬伝は、あれから毛野のルートをちょっとやったら
小文吾が一杯出て来てくれて楽しい~と思いつつ、私も途中で止まってます^^;
浜路の事もまだ良く分かりませんが、見た目は一番好きです♪
続編では婚約者持ち(笑)での復活なので、どうなる事やら…。
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●ブログ村のランキングに参加してみました♪ <<         ホーム         >> ●【神々の悪戯】の人気投票(※または気になっているキャラ投票)を始めたいと思います♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。