ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/29 Fri  01:36
●DIABOLIK LOVERS DVD Ⅰ 限定版特典CD 【銀の薔薇 Ayatolyrics】 感想

ディアラバDVD1巻の、主にスペシャルエンディング曲『アヤトVer.』のみの感想になります♪

【銀の薔薇-Ayatolyrics-】
歌詞は全部一緒で台詞部分だけ変えて、毎回1人がこの曲を歌うって事で…。
元の曲が好みじゃなかったら、6回も同じ曲を聴くのはちょっと苦痛かも知れませんが、個人的にはメチャメチャ好きな曲調でした♪
退廃的でちょっと仄暗さもあり、でもサビで一気に盛り上がるって感じが、正に私の大好きな『幻日理論』みたいな雰囲気だったので…!!
まぁ相変わらず歌詞の意味は難しすぎて理解に苦しみますが、この手の曲はホント緑川さんの歌声に合いすぎていて、すっごいイイです
そして最後の『眠~れ~~~』って伸ばす部分が、思いっきりセクシーに息を吐き出しながら歌ってるんですけど、何これ
聴いた瞬間、良い意味で「ピギャアァァ!!///」ってなりましたよ(笑)
例えるなら、『ライト系』のセクシーさかも?
こういうのは平川さんが特に得意そうです^^
このラストの部分をみんなが同じ歌い方をするのなら、楽しみ…!
ちなみに歌詞の台詞部分は3箇所あるのですが、さすがにこれくらいなら記載してもいいかな…って事で、こんな事を言ってました。
※本当はダメなんでしょうけどね^^;
「もう、二度と、目を覚ますな――」
「この手を、離さないから――」
「誰もいない、オマエ以外…側に居てくれるのは――」

他の特典、アヤトVer.のエンディングPVは、銀の薔薇の曲と共にアヤトの名(?)場面をダイジェストで見れるんですけど、これで改めて見て気付いたのは、水中でキスをする少し前のアヤトの表情が、やたら麗しかった事
こんな顔しているシーンあったんだ…って感じでした^^
シチュエーションムービーは、たこ焼きを食べた後の吸血シーンがダミヘで再収録になっていて、アヤトの声とSE以外は一切カットされているので、アニメよりリアルな吸血音や息遣いが聴こえたって感じですかね♪

次巻にはミニドラマも入るので、その辺にも期待したいです!

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
Comment

☆ 

私も聴きました(⌒∇⌒)いい曲ですよね
最後の誰もいないオマエ以外側に居てくれるのはっていうのが
切なかったです ずっと一人だったからゆいちゃんが来て側に居てくれて
唯一の心のよりどころになってたんですね
アニメも普通心を開いてない人と添い寝だってできないですし
異変の時も部屋に駆け込んでくれたり、倒れたら支えてくれたり
尚更ユイちゃんに目を覚ましてほしいです。
コーデリア皆を殺そうとしてましたからね、
本当の意味で傷つけたくないなら、ユイちゃん自身が
もう一度目を覚ましてほしいです 
ユイちゃんいなくなったらアヤト君はどうなるんだといいたいですσ(^_^;) 長文失礼しました

☆ Re: タイトルなし

>●リアさんへ

こんばんは~、コメント有難うございました♪

『銀の薔薇』、凄くイイ曲ですよね~!!
もう何十回も聴いてしまいました(笑)
アニメを見る限りでは、ああいう台詞が最も似合ってるのは
アヤトだけかな…って感じもします。
誰よりも独占欲を丸出しにしていましたし
アヤト以外は、恋愛感情を抱いているような素振りとか
全然なかったような気もしますからね…^^;
最終的にユイは確実に戻って来るでしょうけど、
その時にアヤトとだけ、特別なやり取りがあったらいいな…なんて気持ちです。
本命は別でも、アニメのアヤトは何だか応援したくなる可愛さがあります(笑)
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●PC ドットカレシ Ⅲ~やみのはなよめ~ 【スライム】&【むらびと】 感想 <<         ホーム         >> ●DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD 【公式】人気投票結果発表を見ました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。