ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/04/16 Tue  21:07
●PSP 【月影の鎖 -錯乱パラノイア-】の事。

あと2日で『月影の鎖 錯乱パラノイア』が発売されますので、雑誌情報の簡単な纏め(?)や、勝手な憶測などをしておきたいと思います。
何故か、大井川護の事ばかり書いていますが…。
全然大した事は書いていませんが、若干ネタバレになっているような部分もあるかも知れませんので、ご注意下さい。

主人公の兄・大井川護について。
キャスト発表があった当初、絶対に5人目の攻略対象だと思ってたんですよ^^;
でもその後は、毎回『サブキャラ』や『その他の登場人物』の方に分類されているし、キービジュアルには絶対いないし…。
やっぱり攻略対象は4人だけなのかも…って思い始めていたのですが、今日雑誌を読み返していたら、好感度の確認画面に『兄』がいるー!?
公式サイトだと4人の顔しかありませんが、右側の隙間部分が兄の場所(笑)
いや、雑誌の方でも大々的に公開されている訳ではなく、兄の顔の部分だけ他の画像で、半分隠れてはいるんですけどね
間違いなく攻略対象であるとは言い切れませんが、護にも好感度と依存度が設定されているのは明らかで、何らかの結末があるんでしょう…きっと。
血の繋がらない兄ですし、主人公の過去を全て知った上で護ってくれる存在だなんて、ずっと好意を押し殺して一緒に暮らして来た…とか結構ありそうな展開だったりしますよね^^
多分今までは、心を閉ざして人付き合いに臆病な主人公が、唯一普通に接する事の出来る人間が兄の護だけという、閉鎖された世界観の中でも更に閉鎖された所にいたんだと思われ…。
このまま穏やかな日常が続いた場合、主人公は必然的に兄の側にずっと居続けるのではないかって感じなんですよね。
そんな主人公が、突然自分以外の男性と深く関わる事が多くなったら、他の人に掻っ攫われる前に、隠していた本心を兄が曝け出すのではないかと…^^;
ただ主人公にはもう本当の家族がいないっぽいので、護が『兄』という家族としての繋がりを、主人公の為に簡単に捨てる事も出来なさそうだから、その辺で苦悩すればいいと思う…とか勝手に思ってみたり(笑)
…優しい兄が、別の顔を見せる瞬間にちょっと期待しているのですが、結果ヤンデレ心中バッドEDとかになったら微妙だな
こんな事を発売前に書いておきながら、爽やかで優しい兄の立場を貫いたまま、隠し攻略対象じゃなかったら恥ずかしすぎる…orz
まぁ好感度画面に登場するとしたら、普通に考えると2周目以降ですかね~?
ちなみに兄語り(?)だけやたら長いですが、別に一番気になっているという訳でもなく、正直4人だけじゃ少ないから5人いたらいいな…っていう思いが強いだけだったりします。
そうは言っても、もしかしたら5人目!?って事で改めて兄の存在について考えてみると、他のどのキャラよりも、想いを爆発させる瞬間が気になるのは確か…。
依存EDの内容が、ある意味誰よりもダークで2人が堕ちていそうな予感。。。

スタッフさんが語る『4人のキャラの恋愛傾向』というのを以前ブログに載せたのですが、それをこのページにも持って来ました。
あとは、個人的に少し気になっている点などを書きました。
神楽坂響【恋愛傾向】→残月島には何の縁もゆかりもない神楽坂だが、いつでも明るい未来の為に己の身を尽くし、街の人々に頼りにされていた。自分とは真逆の存在だと感じていた主人公が、『責任を負う者』の重圧を知り、徐々に心の距離を縮めていく。自身が苦境に立たされた時に神楽坂の過去に触れ、彼の本質を知った主人公は己の弱さから立ち直り、やがて…。
●何故片目と首に包帯を巻いているのかって事に、今までは何の疑問も感じませんでしたが、あれは過去に起こった出来事の片鱗であるとの事。
キャストの新垣さんが、神楽坂の魅力を『(ココロや体の)傷』と仰っていたので、一時的な怪我じゃなかった事に気付きました^^; ←アホすぎる
普通に考えたら、傷跡を人目に触れないようにしているだけなんでしょうけど、包帯の下にあるのが傷とかじゃない可能性ってのは…ないか(笑)
それ以外に年齢不詳なのや、島に来る前の経緯が一切不明という部分で、『人間じゃないのかも?』とか一瞬超ファンタジーな事を考えてしまいました
途中で記憶喪失になっている可能性も捨て切れませんが、それにしては島に来てからの活躍が凄いので、これも却下…かな。

望月理也【恋愛傾向】→青年団で、自分の思うような活躍が出来ず悩む望月に、主人公が言った一言が火を付けてしまう。『貴方は立派です』と言われ、本来の幼い自分をさらけ出す事を恐れて、徐々に追い込まれてしまう主人公。彼女をなんとか救おうとする望月の行動が、結果的に悲しませる事になってしまう。主人公への愛憎や切なさなどが見所。
●依存EDについてキャストの松岡さんは、『救いようがない』と仰っています
かなり重い展開であるようなのですが、依存EDって他のゲームで言ったらバッドEDだろ!?みたいな感じなんですかね?
一応依存EDとは別に、依存バッドEDもあるって雑誌に書いてあった気が…。
松岡さんがもし通常の依存EDの事を『救いようがない』と感じたのだとしたら、依存バッドEDの方はどうなっちゃってるんだ…orz
確かゲーム全体のコンセプトが『悲劇的な恋愛』って感じでしたから、むしろ純愛EDも明確なハッピーなのか怪しい所。

猪口渉【恋愛傾向】→島の名家に生まれたが、異国人を家に招き入れた為に没落したと噂され、一線を引かれていた。彼との時間は穏やかだったが、その時間を続けて行くには覚悟が必要だった。己の気持ちを貫いて彼の力になりたいと考えた結果、主人公は辛い目に遭ってしまうが、猪口が彼女を連れて逃げ出してくれる。愛情に渦巻く悲哀が見所。
●決して興味がないとかではありませんが、現時点では疑問がないです。
ただ4人の中では特に徹底した優しさを持っていそうなキャラなので、猪口のバッドEDでは、優しすぎるが故の猪口死亡EDが待っていそう…!?(|||_|||;)

榛名望【恋愛傾向】→自分の秘めた本質を、引きずり出すような言動を繰り返す榛名をかわしていた主人公だが、彼も同じように心に闇を抱えている事を知る。お互いへの芽生えた感情が、相手を傷付けると思い込む2人は距離を置くようになるが、やがてともに歩む為に、それぞれの抱える問題に向き合う事を決意する。自分の為にその身をボロボロにする主人公への、榛名の言い表せない哀しさと愛情が見所。
●興味のないタイプだったのですが、髪を下ろして眼鏡も外した時に、全く違った表情をした別人に見えて、断然こっちの方がカッコよくてイイ!!と思いました♪
何者!?(゚ロ゚;)って感じですし。
物語のキーパーソンでもある深海と、一番深い関わりを持っているのが榛名という事なので、それだけでも既に榛名が只者じゃないって感じですけどね

世間では、同日発売のAMNESIA CROWDの記事で一杯になると思いますが、私は敢えてこっちをプレイ予定です。
ただ発売から1~2日程度では、相変わらず誰もクリア出来ないと思います…
ちなみに現時点で気になっているキャラは、こんな感じです。
神楽坂響>>大井川護>>榛名望>猪口渉>>望月理也
って事で、初回は望月理也で決まりです^^;
…余談ですが、主人公は巨乳設定みたいです(笑)
それが一番の予想外だ…!

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●AT-X 【浪川大輔のヤバい!たのしくなってきちゃった!】 #2 感想 <<         ホーム         >> ●PSP 【ダイヤの国のアリス~WMW~】 店舗特典や他の情報。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。