ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/01 Fri  13:44
●AMNESIA ドラマCD 【嵐の山荘にて】 感想

アニメ版アムネシアの、新作ドラマCDのネタバレ感想です。
今回は感想が書き辛かったので、殆どが部分的に抜き出しているだけです^^;
台詞バレも程々にありますので、ご注意下さい。

●話の大体の流れはこんな感じです。
嵐で山荘から出られなくなり、外界と完全に遮断されてしまう→
窓の外に映った人影の確認→
各自、一旦部屋へ解散→
主人公の前に現れたウキョウ。「今夜、君に命の危険が迫るかもしれない」
停電して、主人公はトーマと遭遇→
食堂で調理の手伝いをする主人公・イッキ・トーマ→
続いて、味付け担当のシン・ケントの元へ行く主人公→
主人公が2度も軽いヤケド→
イッキと一緒に、主人公は掃除用具置き場へ…→
食後にシンから主人公へ、特別なデザートのプレゼント→
深夜、眠れず水を飲みに行く主人公を目掛け、窓を突き破って木の枝が…!?→
また停電し、全員リビングへ集合→
再びウキョウ登場。主人公を危険に晒さない為に、嵐の中山を降りるって…?→
飲み物を作りに行ったケントが、帰って来ない…→
主人公とイッキで、ケントの様子を見に行ってみる→
戻って来ると、シンとトーマがいない?→
主人公がトーマを発見した後、シンも見つかる→
今度はイッキが消えて、シンから軽く疑われるトーマ
トーマはイッキとケントを探しに…→
主人公とシンのいる部屋のドアが、中から開かない…?閉じ込められた!?→
イッキ・ケント・トーマが窓の外に
全員合流。こんな状況になった原因は…?→
嵐が静まったので全員で朝日を見に行き、END。

●各キャラのポイント(?)を書き出してみました。
※内容は飛び飛びなので、ちょっと意味不明だと思いますが…。
【シン】
・一番年下だからって、何気に嫌な事を押し付けられてる^^;
・さりげなく自分が口を付けたお皿で、主人公に味見をさせようとしてみる(笑)
「いいじゃないですか。間接キスにはなるけど、コイツも気にしませんよ」
・「お前の為だから、(デザート)作る気になったんだよ」
「シンも食べる?」って新しいスプーンを用意しようとした主人公に、「俺は間接キスになっても気にしないよ」
・落雷で怯える主人公の肩を抱き寄せ、『もしも』の話を…。
「俺が絶対お前を守るから、お前も俺を全面的に信じて頼って。何があっても」

【イッキ】
・玉ねぎが目にしみて、泣いているのが可愛い♪
主人公に涙を拭いてもらおうと、わざと顔を近付け捲る^^;
シンから玉ねぎの追加をお願いされて、「…うん…いいよ…(ガーン)」
・さっきトーマに邪魔されて、涙を拭ってもらえなかったから、リベンジ。
「目元を拭う真似をして…?」
「僕の事、どう思う…?」(ジーーッ)※魔眼(?)発動中。。。
特に目を見てもおかしくならない主人公。
「イッキさんは、私におかしくなって欲しいんですか…?」
「僕におかしくならない様な相手にこそ、本当はおかしくなって欲しいというか」
・「君みたいな子が僕に普通に接してくれるのって、もしかしたら奇跡に近いのかも…って思ってきた。…この後、口説いてもいい?
主人公を微妙に口説いたような、少し気持ちを伝えたような言葉を言っていたが、この事はシンとトーマには内緒で(面倒だから)、ケントにならイッキから言われた言葉を伝えてもいいらしい。
…ケントの反応を見てみたいから、って事で(笑)

【ケント】
・指をヤケドした主人公の手を掴んで、応急処置をしてくれるんだけど…、何故か声と雰囲気が妙に怖い
「ケントさん…腕、痛いです」※強く掴みすぎなケント
・味見で主人公とシンの間接キスを、何だかんだ理由を付けて阻止。
自分はバイトの時、シンとしょっちゅう同じお皿で味見をしているのに、阻止!
その事をイッキに突っ込まれるが、同性同士は○で異性同士は×らしい。
・飲み物を取りに食堂へ行く時、「君もいるか?」「そうだな…」「イッキュウに聞いたのではない!!彼女に確かめたんだ
…すかさず返事をして来たイッキを、バッサリ切り捨て(笑)

【トーマ】
・停電で暗闇の中、主人公と2人きり。
主人公の手を引きながら、食堂へ…。
こういう状況でも、主人公に頼られている感じがするからって、嬉しそう。
・イッキが主人公に顔を近付けているのを引き離し、自分も玉ねぎが目にしみている事を、さりげなくアピール^^
「もしかして、涙拭いてくれる?♪」
…この流れは、イッキから大ブーイングだった(笑)
・自分を探しに来てくれた主人公の頭を、ナデナデ。
「ここで、弱音吐いていいよ…」「俺の存在、お前の支えになれてる?」
・状況が状況なだけに、物語の後半でシンから微妙に疑われていたが、トーマは無実だったと証明された時…。
「俺が、お前たち(主人公&シン)を閉じ込めて、何かしそうなタイプに見える?」
「…ノーコメント」byシン
否定してあげないシン(爆)完全に否定出来ないのが、悲しいところ…

全体的に、ミステリーっぽい雰囲気6割・萌え3割・ギャグ1割…でしょうか?
ギャグがメインじゃないので感想が書き辛く、こんな形になってしまいました
どのキャラも主人公と2人っきりになる場面があり、そこでちょっと甘めの流れになるって感じです^^
相変わらず主人公は4人に大事にされ、プチ争奪戦状態…か?
ウキョウは他の4人に比べたら殆ど出て来ないので、ウキョウ以外に好きなキャラがいないとなると、微妙かも知れないです
…ホント感想とはいえない感想ですが、内容が知りたいって方に、物語の雰囲気が少しでも伝われば幸いです…

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●黒子のバスケ キャラクターソング Duet SERIES vol.4~5 ついに発売日決定!? <<         ホーム         >> ●PSP TOKYOヤマノテBOYS Portable DARK CHERRY DISC 早期予約特典CD 【ヒミツのヤマノテBOYSトーク DC ver.】 前半 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。