ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/20 Wed  18:49
●B's-LOG 感想

DIABOLIK LOVERSの事は、別記事で先に情報をアップしました。こちら→
ダイアリだけは文字数が多めですので、一番下に書いています^^;

【PSP 青春はじめました!】2013年発売予定
全然知らなかったんですけど、これはUMD2枚組みで出るんですねー!!
2枚組みでしたら、本当にボリュームたっぷりの内容になりそうで嬉しい限り。
初回限定版の内容は、以下の通りです。
・カズアキさん描き下ろしイラストBOX
・『青春はじめました!』~全力で青春を謳歌した後に楽しむスペシャルUMD~
・オリジナルサウンドトラック
・『青春はじめました!』音楽集
・設定資料集
続いてサブキャラ紹介。太郎・有栖・平太の家族。
山田花子→兄である太郎同様に、学年ナンバー1の秀才優等生。
南雲類→テニス部のエースにして、成績優秀な有栖の弟。
西郷権太→気長で大らか、心優しい平太の父。

【PSP STORM LOVER 2nd】2013年発売予定
サブキャラのキャストが発表されています!
八戸圭吾(松原大典さん)→主人公のクラスメイト。明るく社交的な性格で友好関係が広く、転校生である主人公の世話を焼いてくれる。
九乃野木まどか(相沢舞さん)→主人公のクラスメイトで、最初に出来た女友達。恋愛相談に乗ったり、アドバイスをしてくれる。
十文字麻季(小西克幸さん)→主人公の担任で、日本史担当。元暴走族の頭で破天荒な性格。『自分の生徒を絶対に信じる』がモットー。
新システム『肉食系モード』と『草食系モード』。
男の子たちとの会話中に選んだ選択肢によって、主人公のタイプが肉食系と草食系に分かれる。
肉食系主人公→男の子に強気で大胆にアピール。
草食系主人公→消極的な主人公になり、男の子の方が積極的に迫ってくる。
前作から数年経った先生たちと隆志の現在。
酉水司→教師を退職し、実家を継いで三味線の家元として生活している。現在はスーツではなく、着物を着用。
犬塚千尋→今でもセン校の保健医として勤務している。相変わらず明るく気さくな性格で、女子生徒に優しい。
相馬隆志→卒業後はカフェバー『TAKASHIキッチン』を経営。店にはセン校の卒業生や在校生たちが、頻繁に遊びに来る。
3月20日より、2ndのキャラ7名による人気投票が始まるそうです!

【PSP 華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ】5月16日発売
発売日が5月16日に決定しました!!これも思っていたより早い…!!
5月のゲーム、他にノルンと裏語…凄い
明らかにどれか、延期の予感しかしない^^;
新キャラのキャスト発表です。……えぇ!?(゚ロ゚;)
館野成信→保阪尚希さん/館野毅→田村睦心さん/芦田カヨ子→仙台エリさん
え~っと、保阪さんはあの俳優の保阪尚希さんかと思われます。
毅の声は、女性声優さんみたいですね~。色々と意外なキャスティング…。
通常版パッケージのイラストは、正・進・雅!
・限定版ドラマCDは『真冬ノ露天風呂ニテ』
・予約特典ドラマCDは『夫婦生活教エマス』
両方ともキャストは、メインの7人のみ。

【PSP しらつゆの怪】6月27日発売
発売日が、6月27日に決定しました~♪
ホラー要素を盛り込んだシステムについて。
百物語→『音声ありの怪談』と『音声なしの怪談』がある。ダミヘで収録された身の毛のよだつ怪談話を、豪華キャスト陣の美声で味わう事が出来る。怪談話は、キャラを攻略するごとに解放されていく。
探索パート→特定の場所で、カーソルを合わせた場所を調べる事が出来る。
伝記回収→ゲームを進めて行くと、主人公の過去やキャラクター視点で物語が語られる『小噺』が追加される。
…主人公の首を絞めようとしているようにも見える、『贄の印』が浮かび上がったイベントスチルとか載っていましたが…、絵は可愛いのに何か色々と怖くなって来たような…orz

【ときめきレストラン☆☆☆】
デビュー前センター争奪戦の1位は、やはりビズログでも音羽慎之介(岸尾だいすけさん)と伊達京也(鳥海浩輔さん)という結果でしたね^^;

【PSP ダイヤの国のアリス ~Wonderful Mirror World~】2013年発売予定
君を惑わし歪める鏡の世界(ミラーワールド)―という事で、ダイアリ続編の情報が公開されました~♪
前作ダイヤの国のアリス~Wonderful Wonder World~と異なる点。
前作の世界と同じ世界で描かれる物語だが、異なる点はアリスが引越しをする以前に暮らしていた場所。
今作では、ナイトメアが治めるクローバーの塔で働いている。
また、攻略対象の交替や住人が暮らしている領地が変わる等の違いもある。
催し物は頭脳戦の測量会から、コロシアムで大鳥に乗って派手に戦うコーカスゲームという競技に変わっている。
シナリオ担当の五月攻さんのインタビューを抜粋。
前作のエピソードをそのまま流用するのではなく、世界観を引き継ぎつつ全ルートを書き下ろし、共通部分も全く別物になっている。
前作同様のボリュームで、全く異なるダイヤの国が楽しめる。
主人公は、ハートの国では時計塔に、クローバーの国ではクローバーの塔に滞在した設定になっており、これまでの境遇も異なるので、考え方や行動にも違いを出した。
物語の序盤の流れは、前回詳しく描写された部分は軽く触れる程度にし、また違った角度から物事を見られるようになっている。
各メイン攻略対象キャラの、ルートの見どころ。
★ナイトメア…同世代より少し上程度の外見となったナイトメアとの恋愛。若い彼は、いつものナイトメアより素直。しかし昔よりは、多少しっかりしているという性格。やや切ないエピソードもあり、夢魔ではなく人間的な面も見られる。
★グレイ…前作同様に、少し若い頃のグレイとの恋愛。いつまでもナイトメアを暗殺出来ないグレイだが、具体的に何がどう引っ掛かってそうなってしまったのかという所や、裏でどういった決着をつけたのか等が描かれる。
★ボリス…コーカスゲームなどで、得意の改造技術発揮してアクティブに活躍。恋愛イベントとしては、お互いに駅勤めで同僚となる展開が新鮮。
★エース…クローバーの国で親しかったエースよりも、やや年下のような姿。今回エースについてかなり深く掘り下げていて、彼の矛盾や今に至る経緯を垣間見る事が出来る。また、大人姿のエースがダイヤの国にいる目的も分かる。
★ユリウス…今回のユリウスは、何故かエースを自分から遠ざけるようにしている。エースに対する冷たい態度は、アリスが心配してしまうほど。何やら理由がありそうだが…?今作も美術館の一室に住んでいるが、不器用なユリウスは人が訪れる自室で会うのを嫌がる為、美術館の屋上がアリスとの密会場所。
↑…まさかの、ナイトメアとエースに子供姿は一切なしで、新たな年齢のバージョンがメインで登場ですね~
ナイトメアは元の外見年齢が25~28歳でしたので、20~23歳くらいかな??
子供姿の髪が伸びた感じで、後ろで結んでいます。見た目は結構大人っぽい!
エースは元の外見年齢が23~26歳でしたので、17~19歳くらいかも?
ナイトメアと違って、子供がそのまま身長伸びた感じなので、まだ多少あどけなさが残っているような印象。
2人とも大人姿もあるので、今回は青年(?)姿8、大人姿2くらいな感じで出て来たりするのでしょうか…?
しかし、第3形態(笑)まであったとは、予想外だった^^;

白華の檻 FD ~四季の詩~の事ですが、今回はキービジュアルのみで、情報は一切なしでした
次号に詳細が出るみたいです。
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●B's-LOG(ビーズログ) 2013年4月号 【DIABOLIK LOVERS】だけの感想 <<         ホーム         >> ●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 8巻 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.相田リコ】 前半 感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。