ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/03/22 Tue  21:47
●おそ松さん ドラ松CD 2 チョロ松&十四松【バー】感想

おそ松さん、ドラ松CDの2巻をフラゲしました♪
以下、ドラマCDのネタバレ感想になります。

【もしも十四松がバーのホステスだったら】
いくら本物の女の子と上手く喋れないからって、その練習の為に、オカマバーに来てしまったチョロ松(笑)
初っ端から、独り言のテンションのアップダウンが激しい事!
来て早々に後悔してるのかと思えば、こじらせDT魔法使い発言ありw
その上、女の子というものに対して、妄想に妄想を重ねて…?
:「辛辣な言葉で僕を罵るんだよ?ヒャッフー!女子サイコー!\(^^)/」
…後悔してる人のテンションじゃねーわ
とにかく冒頭から喋りまくる、怒涛の独り言に笑った^^

オカマバーなのに、近寄って来るお姉さん(?)の足音に、どんだけ喜んでるんだよ(笑)
:キッ、キターーーーー!!v(゚∀゚)v」
:「ぅお・ま・た・せっ♪」
:「…え゙(°.°)ポカーン」
:「…え゙(°.°)ポカカーン」
兄弟のご対面で、何か既に色々と終わった感
チョロ松に、ソッチだったのかと勘違いされた十四松は、アッサリ『バイト』だと否定。
つーか、何故このバイト選んだし(笑)

動揺するチョロ松そっちのけで、十四松はノリノリのオカマちゃんw
:「アタシの事は、十四松子って呼んで?(⌒.-)」
:「まんまじゃん!!ヽ(゚Д゚;)ノオイィー!」
どんだけ素敵なオカマネームが飛び出すのかと思いきや、何の捻りもないところが十四松らしいというか
十四松美、二十四松江、三十四松代、四十四松奈…って、意地でも十四松は入れたいんだな!
おそ松兄さんなんて、おそパインとか意味不明な事になってたのに(笑)

まぁでもそんな十四松が、真剣にオカマのバイトに励もうとしている事だけは伝わったようだ。
だから頑張る弟の為に、兄は立ち上がる…!
:「兄として、このチョロ松、一肌脱ごうキリッ」
:「うわぁ~、脱いでくれるのぉ~?ママ喜ぶわ~!(≧∇≦)キャッ」
言葉をそのままに受け取られちゃって、チョロ松うっかりピンチ!
全力で訂正入れとかないと、危うくママの餌食になるところだったわw
:「え~、脱がないの~?(`з´)ブ-ブ-」
何気に、大分残念そうであったな^^;

…いやいやそんな事よりも、チョロ松は十四松のネーミングセンスに疑問を抱く。
十四松ってば、姫宮萌菜ちゃんって名前のアイドルより、ジンバブエ・ノブエ・ボンバイエって名前のアイドルの方が、めっちゃ応援したくなるらしいからね
萌りん<<<<(越えられない壁)<<<<バブエたん
十四松のセンスの酷さに、チョロ松兄さんもゲッソリw
このままじゃ明らかにダメダメすぎるから、チョロ松が本気で、最強のオカマネームを考えてくれるっぽい
:「僕…バブエたんがいいな…(・.・)ボソッ」
チョロ松が適当に作ったネームの方が、すっかり気に入られてるけどな!

こっから先は、チョロ松がオカマネームに没頭しすぎて、十四松が何を言っても、全部「うんうん」の空返事のみ。
チョコ食べたい、ピザ食べたい、コーラ飲みたいetc.
全部オッケー!
そのまま朝になり、ついに…!!
:「出来たーーーー!!!\(^^)/イエ-イ」
渾身のオカマネームが、とうとう完成したようだ!
ファビュラス・アンジェリーク・セレナ・マカロン・ハニーレモン14世
あまりに最高の出来栄えすぎて、自分で自分の才能に打ち震えているようだけど、……もはやバブエたんで良くね?
:「あ、名前?ジンバブエ・ノブエ・ボンバイエに決まったから♪」
実の兄であろうが、ママの鶴の一声に勝るものは無し(笑)
おまけにオールナイト料金+十四松の大量の飲み食い代35万円以上を請求され、チョロ松オワタ\(^o^)/
:「また来てねん

【もしもチョロ松がバーのホステスだったら】
十四松と違って、チョロ松は借金返済の為にオカマバーで働く事になってしまい、(最初だけ)絶望していた
…の筈だけど、立ち直り早ッ!!
:「お客様、来たぁぁぁーーーー!!!Ψ(`▽´)Ψ ウヒョー」
一気に振り切れすぎだろw
あれっ?ちょっと待って。
お客、ジンバブエ(※以下略)だったYO-!
十四松としての来店じゃないんだね?(笑)
彼…いや彼女(?)は、ジンバブエ(※以下略)のオカマネームに変えて以降、アッと言う間に伝説のオカマの地位を手に入れたらしい^^;

そのバブエたんが、お菓子のシベリアに関する謎のトークを散々ブチかました後、やっとまともな会話になる
:「名前は?(⌒-⌒)ニコニコ」
:「チョッ…チョロ美でーす
チョロ松も自分自身のネーミングセンスは、十四松並みじゃねーか(笑)
相手にツッコまれる前に、さり気なく話題変えやがったぞw

…さて、突如チョロ美のバーに現れたバブエたんは、どうやらおでんの匂いに釣られてやって来ただけのようだ。
お店を閉めて2人でおでんを食べながら、チョロ美は『オカマの心得』を教えてもらおうとするんだけど…。
:「分かった。…ただし、痛いよ?(°言°)クワッ
ズズイっと、にじり寄って来たー(笑)
:え゙ぇぇぇーーー!?そんな大きいの無理やり!?゚ ゚(ロ; )ウッギャ-」
っていう、会話だけ聞いてると妖しすぎる、ある意味お約束の展開になっちまったよー
バブエたんさ~、ホント何なのそのノリは(笑)
しかも声的に、めっちゃ距離近いよね?
チョロ美はピンチ…なのか?
:「まさかの、チョロ十四!?((( ;゚Д゚)))アワワ」
一応状況的には、その逆っぽい気がするがな…。
かなりヤバいネタをブッ込んで来た公式さん、チョロ美に心配される
:「絵がなければ、怒られる事もないヘ(゚∀゚ヘ)ニヤッ」
伝説のバブエたんが意味深な怖い事を言った直後に、チョロ美…っていうかチョロ松の絶叫だけが響き渡るのだった。。。チーン

まぁオチは、朝まで野球を教えてただけなんだけどね!?
むしろ十四松は、このトラックの最初から最後までずっと、野球の話をしてただけなんだってさ!
あんなにバブエたんになり切って…、紛らわしすぎるわ!(笑)
1人で9割以上のツッコミをこなしていたチョロ松は、マジお疲れさま
-END-

そういえば確か、当初は『オカマバー』って発表(?)されてたような…?
しかも最初のタイトルコールがオカマで、トラックタイトルの方ではオカマバーって言ってるのに、公式やブックレットは、完全に『バー』のみになっているという(笑)
何らかの事情で、急遽タイトルを変えないとマズい…みたいな事にでもなったんですかね?

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●Vita ワンド オブ フォーチュン R【初回】感想 <<         ホーム         >> ●DIABOLIK LOVERS VERSUS SONG Vol.6【シュウVSライト】感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。