ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/02/19 Fri  22:58
●ディアボリックなRPG(笑)【逆巻家-1】編※ただの酷いネタ

今回は、以前に作ったこちら→【ディアラバde勝手にRPG】のパクりネタ満載のRPG設定を元に、話をちょっと膨らませてみました。
意味不明な会話のオンパレードになってますが、ディアラバと某有名なRPGに多少詳しい方は、どこかで聞いた事のあるネタだな~って思いながら、楽しんで頂ければ幸いです^^;
ですがRPGをやらない方には、何言ってるのか分からない部分も多いかも知れません
※ちなみに彼らは、既に色々な職業に転職済みです(笑)
詳細は、上記の記事内に書いてあります。
↓PCだとアイコンが小さくて分かり難いですが、こんな感じです。
9CD042DF7EC2.jpgC-9A17-B8CEB866CAA4.jpg9F-BA24-CA9438717872.jpg-76627A5C5114.jpgA537-CCD3320E4402.jpgDD8A0A4CB66F.jpg
【アヤト・カナト・ライト・シュウ・レイジ・スバル】
EAF4A1732BA.jpg78-9F7E-94B6871A6181.jpgA200-66223D9C772D.jpg3-FC0E94F1FAA7.jpg
【ルキ・コウ・ユーマ・アズサ】

【ディアボリックなRPG~逆巻家-1、荷物チェック編~】
長い事平和だった世界に、突然魔王カルラ復活の噂が流れ、人々は大混乱に陥っていた。
この状況を憂いた1人の男が、早速レイジとルキの夢枕に立つ。
そして、“魔王を討伐せよ――”と告げて消えたのだった。

自称・神様なる怪しい人物からの命を受け、個性豊かなヴァンパイアたち10人の旅が、今!?始まる…予定。
だが10人に対して与えられたのは、やたら小さな馬車が1台。
これでは余計な私物を殆ど持って行けない為、出発前にレイジを中心とした、厳しい(?)荷物チェックが始まってしまう。。。

逆巻家、正面玄関にて――
A537-CCD3320E4402.jpg「では馬車の大きさからしても、私物は1人1つまでですね」
EAF4A1732BA.jpg「このメンツで、雑魚どもに殺られる心配もないだろうからな。途中までは、必要最低限の物だけで問題ないだろう」
A537-CCD3320E4402.jpg「…と言う訳で、まずはアヤトの荷物チェックを行いますキリッ」
9CD042DF7EC2.jpg「チッめんどくせーけど、ほらよ!オレ様はピックだ」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「それ、何に使うんです?」
9CD042DF7EC2.jpg「そんなの、たこ焼きパーティーの時に決まってんだろ?」
A537-CCD3320E4402.jpg「…アヤト我々は魔王討伐の為に結成されたパーティであり、遊びに行く訳ではないのですよ?(~_~;)」
EAF4A1732BA.jpg「とんだ『パーティ』違いだな
9CD042DF7EC2.jpg「うっせーこれがないと、上手くひっくり返せねーだろうが!」
A537-CCD3320E4402.jpg「だから、たこ焼きなんて作る機会はありませんってば
EAF4A1732BA.jpg「まぁ一応、飛び道具としての使い道はあるかも知れないが…」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「ところでアヤトは、そんな大剣なんて持ってましたっけ?」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「うっわ~、如何にも強そうな剣だね~
9CD042DF7EC2.jpg「それがよ~、スゲー剣を手に入れたっつー商人から、さっき買い取った!確か幻の聖剣・エクス…何とかって言ってたぜ?(`▽´)」
EAF4A1732BA.jpgまさか、あの伝説の聖剣・エクスカリバーか!?」
-76627A5C5114.jpg「…いや、ちょっと待て。刀身にエクスカリパーって彫ってある」
DD8A0A4CB66F.jpg「おい…、そりゃエクスカリバーのパチモンじゃねーか!(;`д´)」
-76627A5C5114.jpg「しかも平仮名で『えくすかりぱ~』って…、大分頭悪そうだな」
9CD042DF7EC2.jpg「っだー!!名前なんてどーでもいいんだよ!!重要なのは切れ味…って、あっれー!?全然切れねーし(:;゚;Д;゚;:)マジ?」
A537-CCD3320E4402.jpg「あのですねぇ…。仮にも聖剣と呼ばれてる代物のクセに、刺さりもしないし紙すら切れないなんて、なまくらにも程があるでしょう
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「コレ、一体いくらで買ったんです?」
9CD042DF7EC2.jpg「…500円(/_・)ボソッ
DD8A0A4CB66F.jpgうおぉい!?その時点で気付けよ!!
9CD042DF7EC2.jpg「ゔっ
EAF4A1732BA.jpg「よくよく考えてみれば、エクスカリバーは勇者の装備品ではなかったな。これも飛び道具行きか…」
DD8A0A4CB66F.jpg「たこ焼きピックの方が、まだ使えそうだけどな」
A537-CCD3320E4402.jpg「はぁ…最初からこれでは、先が思いやられますね(-"-)」


9F-BA24-CA9438717872.jpg「じゃあ次はさ~、カナトくんは何持ってくの?」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「僕はテディに決まってます!何か問題でも…?(°言°)ギロッ」
A537-CCD3320E4402.jpg「い…いえ、別に予想通りでしたから」
A200-66223D9C772D.jpg「つーか、クマの方がもっといらねーだろ(-"-)」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「クマじゃありません!!テディです
A200-66223D9C772D.jpg「んなの、どーでもいいわ
A537-CCD3320E4402.jpg「…ユーマ。ああ見えてテディは、意外と戦闘時に使えるんですよ。あの打撃力を侮ってはいけません(*_*;)」
A200-66223D9C772D.jpg「んだよ?クマ・パーンチってか?」
A537-CCD3320E4402.jpg「…いえ、そんな可愛いものではありませんからそれはもう、永遠と…!!(:;゚;Д;゚;:)ガクブル」
-76627A5C5114.jpg「そう言えばレイジの奴、テディGOの被害者だったっけな…」
A200-66223D9C772D.jpg「何じゃそりゃ
A537-CCD3320E4402.jpg「……」
y_02.jpg「……(ニヤリ)」
A537-CCD3320E4402.jpg!?…殺気!?(゚Д゚;≡;゚д゚)ビクッ」


9F-BA24-CA9438717872.jpg「はいは~い♪じゃあテディはオッケーって事で、次はボクの番だよね~(⌒.-)ンフ」
3-FC0E94F1FAA7.jpg「ライトさん…楽しそう…だね?」
DD8A0A4CB66F.jpg「嫌な予感しかしねぇ(lll_lll;)」
-76627A5C5114.jpg「…同感だ」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「ボクはね~、ジャジャーン!!飲み物、だよ♪」
EAF4A1732BA.jpg「…随分まともだな」
A537-CCD3320E4402.jpg「ホッ。ライトにしては至極真っ当な物で、安心しましたよ
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「で、中身は何なの?お水?それともジュースとか??」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「違うよ~、も~っとイイものだよ☆」
3-FC0E94F1FAA7.jpg「…ひょっとして、イブの…血…?」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「ん~、惜しい!」
A200-66223D9C772D.jpg惜しいのかよ!?」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「正解は~、ビッチちゃんが入ったお風呂の、残り湯♪(*´з`)」
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「え゙っ…(゚∀゚)アヒャ?」
A200-66223D9C772D.jpg「はぁーー!?゚ ゚(ロ; )オイィ-!?」
A537-CCD3320E4402.jpg「ラッ、ライト!?貴方さっき、確か『飲み物』って言ってましたよね…!?((( ;゚Д゚)))」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「うん♪どっからどう見ても、飲み物だよ?(⌒▽⌒)キャハッ」
A200-66223D9C772D.jpg「いやいやいや、どっからどう見ても違ぇーだろ!?(lllДlll;)」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「え~、何でさ~!?これをね、ノドが渇いた時にちょっとずつ飲むんだ~♪ンフ」
A537-CCD3320E4402.jpg「ライトォーー!!今すぐ捨てて来なさーーいッ!!
9F-BA24-CA9438717872.jpg「えぇ~!?今後暫くは、ビッチちゃんに会えないんだよ?だからこれを飲みながら、ビッチちゃんの事を思い出して~( *´艸`)ムフフ」
EAF4A1732BA.jpg「やはり、ただの変態だったか…
A200-66223D9C772D.jpg「もはや救いようがねーな
9F-BA24-CA9438717872.jpg「心配しなくても~、独り占めしようとか思ってないよ~?飲みたくなったら、いつでもボクに言ってね?(*´ω`*)」
A200-66223D9C772D.jpg「要らんわッッ!!!(゚益゚)ギャ-ス」
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「いくらエム猫ちゃんでも、おれもパス~
9CD042DF7EC2.jpg「ウッゲ~ったくライトの奴、最悪だぜ…」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「今すぐ、ライトと兄弟の縁を切ってもいいよね?テディ?」
y_02.jpg(コクッ)
DD8A0A4CB66F.jpg「まぁ、ある意味期待通りのオチだったけどよ…(~_~;)ヌ-ン」
-76627A5C5114.jpg「…だな」
A537-CCD3320E4402.jpg「あ~もうっ、切りがない!!ライトの事は放って置きましょう
9F-BA24-CA9438717872.jpg「えぇ~!?これについて話したい事、ボクまだ一杯あるよ~??」
DD8A0A4CB66F.jpg「いーから、テメェーはもう黙ってろッ!!(▼▼メ)イラッ」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「スバルくん酷ぉ~い!\(^^)/」


A537-CCD3320E4402.jpg「…さて、気を取り直しまして…、次はシュウの番ですね(-_-)」
-76627A5C5114.jpg「はぁ…やれやれ。俺は…、特にない」
9CD042DF7EC2.jpg「そういや~、ダル男がイヤホンしてねーってのも、珍しくね?」
-76627A5C5114.jpg「あれは……。転職した時に取り上げられた(/_・)シュン」
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「あのさ~、さっきから気になってたんだけど、シュウくんは何で布切れ1枚しか着てないの??
3-FC0E94F1FAA7.jpg「シュウさん…寒そう…(・.・)」
-76627A5C5114.jpg「…転職しに神殿に行ったら、オッサンにコレを渡されたからだ」
A537-CCD3320E4402.jpgシュウ!?貴方は大神官様に対して、オッサン呼びですか!?
-76627A5C5114.jpg「オッサンはオッサンだろ」
A537-CCD3320E4402.jpg「ぐぬぅ…!(゚益゚)」
9CD042DF7EC2.jpg「でもよー、あのオッサン、オレらには結構イイ装備くれたぜ?」
-76627A5C5114.jpg「あ~、職業なんて適当でいいって言って寝ちまったからな。目が覚めた時には、既にこの格好になってた…とも言う(-"-)」
DD8A0A4CB66F.jpg「もはや、転職しに行って追い剥ぎにでも遭ったみたいなレベルだな(lll_lll;)ヒサン」
EAF4A1732BA.jpg「…で、結局お前の職業は何なんだ?」
-76627A5C5114.jpg「さぁな」
3-FC0E94F1FAA7.jpg「…あ、シュウさんの胸元、何か書いてある…?」
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「どれどれ~?む、ら、び、と、S?『村人S』だってさ~!」
9CD042DF7EC2.jpg「つか、完全に転職に失敗してるじゃねーか
EAF4A1732BA.jpg「まさに転落だな
A200-66223D9C772D.jpg「ぎゃはっ!ニート野郎にはお似合いだけどよぉ!Ψ( ̄∀ ̄)Ψウケケ」
-76627A5C5114.jpg「…どーでもいい
A537-CCD3320E4402.jpg「……。まぁ、貴方には何も期待してませんからね。本人が気にしてないのなら、このままでいいでしょう┐(-。ー;)┌」
EAF4A1732BA.jpg「そうか。これでいいのか…(*_*;)」


A537-CCD3320E4402.jpg「では次はスバルの番…って、聞くまでもないですね
DD8A0A4CB66F.jpg「あ゙ぁ!?
A200-66223D9C772D.jpg「クソ目立ってるしな
A537-CCD3320E4402.jpg「…一応聞きますけど、貴方はその棺桶を持って行く気ではありませんよね?(~_~;)」
DD8A0A4CB66F.jpg「他に何があんだよ?
A537-CCD3320E4402.jpg「むしろ、他に必要な物の方がありすぎるでしょう!?
DD8A0A4CB66F.jpg「ざっけんな!!コイツはオレが改造に改造を重ねてだなぁ、スゲー快適な引き籠りライフが送れる逸品なんだぜ!?<( ̄^ ̄)>ドウダ!」
C-9A17-B8CEB866CAA4.jpg「スバルのあの自信、まるで意味が分かりませんね
9F-BA24-CA9438717872.jpg「そんなに気持ちイイなら、ボクも入ってみたいな~♪(≧▽≦)」
DD8A0A4CB66F.jpg「ヤメロ穢れんだろ!!(`д´メ)」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「スバルくんのケチ~!(でも今度コッソリ入っちゃうけどね)」
DD8A0A4CB66F.jpg……ハッ!?!?((( ;゚Д゚)))ゾクッ」
A537-CCD3320E4402.jpg「あ~はいはいいずれにせよ棺桶は本気で邪魔ですから、絶対に許可出来ませんので悪しからず(-_-)ピシャッ」
DD8A0A4CB66F.jpg「なん…だと…!?…ブッ潰す!!(▼▼メ)ゴルァ!
A537-CCD3320E4402.jpgえ゙ぇっ!?゚ ゚(ロ; )」
DD8A0A4CB66F.jpg「どうせ長い間、冒険の旅に出るんだもんなぁ!?だったらもう、この屋敷いらねぇよなぁ…!?
-76627A5C5114.jpg「…屋敷、消し飛ぶかもな…」
A537-CCD3320E4402.jpgわ、分かりましたよ!!棺桶持って行きましょう!?
DD8A0A4CB66F.jpg「…フン。最初からそう言いやがれってんだ( ̄^ ̄)」
3-FC0E94F1FAA7.jpg「優しいね…?レイジさん(⌒-⌒)」
A200-66223D9C772D.jpg「あれは優しいっつーより、弟に脅されただけに見えねーか?
A537-CCD3320E4402.jpg「まぁいいでしょう。その内、棺桶を必要とする時が来るかも知れませんしね?┃_ ̄)チラッ」
-76627A5C5114.jpg「……」
A537-CCD3320E4402.jpg「フフフ…┃_ ̄)チララッ」
-76627A5C5114.jpg「……」
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「レイジくんってば、何その企み顔~
EAF4A1732BA.jpg「アイツが一番、この旅の目的をはき違えてはいないだろうな?」
-76627A5C5114.jpg「…それはそれで、いいんじゃない?」
A200-66223D9C772D.jpg「何でテメーが真っ先に許容してんだよッ!?
78-9F7E-94B6871A6181.jpg「ちょっと~!こんなんで逆巻さんち、大丈夫なの~?(⌒▽⌒;)」
EAF4A1732BA.jpg「いや、駄目だろう
y_02.jpg(……コクッ)


A537-CCD3320E4402.jpg「…それにしても、まだ旅にすら出ていないってのに、物凄く疲れましたよ?私は…orz」
9F-BA24-CA9438717872.jpg「それじゃ~、レイジ~!!ファイトォ~♪♪\(^^)/」
A537-CCD3320E4402.jpg「ですが何故でしょう…。ライトにそんな事を言われても、無性に腹が立つだけなんですけどね?イラァ」

…一体、いつになったら出発するんだ?という疑問を残しつつ、後半へ続くかも知れないし、続かないかも知れない
-to be continued…?-

オチは既に思い浮かんでいるので、続きがあるとしたら、【無神家+1】編ですかね(笑)
まぁ何にせよ、相変わらず凄いやらかしてる感^^;
↓もし楽しんで頂けましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村
【ディアラバの全感想一覧】
当サイトでの人気投票などの結果→【投票結果・途中経過 一覧】
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●DIABOLIK LOVERS BLOODY BOUQUET Vol.11【アズサ】CD感想 <<         ホーム         >> ●【灰鷹のサイケデリカ】のキャスト…!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。