ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/04/10 Sun  23:41
●ゲームやってて、私がムムッ…(ー'`ー;)って思うポイント。-3-

2か月前にもこんな記事を書きましたけど、まぁその続きみたいなものです^^;
自分の意見を周りにも押し付けてると思われる部分がありますので、そういうのがイラつく方は、読まない方が宜しいかと…。
そして後半の方はやたら長文で、1つの事に対して相当グダグダと書いています

●狙ってないキャラとの交流が不可避
よく効率良く攻略したいって事で、共通ルートで均等に好感度を上げておいて、2周目以降用のセーブデータを作っておくってプレイヤーさんも多いと思います。
私はどんなに効率が悪かろうと絶対にそれはやらない派なので、攻略サイト様のお世話になる時も、一途プレイのデータかどうか、選択肢から判断する事も結構多いです^^;
なので、共通ルートの後に2人ずつの共通ルートがあって個別に入る…みたいな仕組みになってるゲームは、あまり好きではありません
どうやっても、ある程度もう1人のキャラとも、強制的に交流を深めてしまう事になるからです。

それと同じく、『このイベントを起こすには●●の好感度が●●以上必要』みたいに設定されてる場合も、えぇー!?って思ってしまうんですよね(笑)
まぁこれに関しては、完全にノベルタイプのゲームだと滅多にないかも知れませんが、そこまで好感度を上げちゃうと、そのキャラとの恋愛イベントも結構発生しちゃうじゃん…!って思ってしまうのです^^;
さすがにここまで徹底して嫌がってる人はいないかも知れませんけど、可能な限り攻略中のキャラの好感度だけで、全イベントが回収出来るってのが理想ですね

●聞き返し(?)
聞き返しって言うのか分かりませんが、基本的には主人公が喋らないゲームの時に起こる現象?です。
主人公が言ってると思われる台詞を、相手キャラが「~~だって?」みたいにそのまま喋ってくれるっていう…。
短い台詞なら気にならないんですけど、主人公の長文台詞を何度も相手キャラが言い直してくれていたりすると、もういい加減主人公も喋りませんか?って気分になってしまいます(笑)

主人公が選択肢以外喋らない有名なゲームと言ったら、アムネシアやコルダが思い浮かびますが、その2つのゲームでは特にそう思った事はありません。
まぁドットカレシでは凄く思いましたが、これはゲームよりも、シチュCDとかの方がそう感じる事が多そうですかね…?

●スチルをどの角度から見せるか
最近つくづく思うのは、以前に比べたら、主人公萌えとして乙女ゲーをプレイされてる女の子も(男の子も?)、絶対に増えたと思うんですよ…!
攻略対象よりも、主人公が好き!なんて事も普通にあると思いますし。
あくまで自分の分身として、自己投影出来るような無個性主人公を望んでいる方もいるのは十分に承知していますが、それは割と少数派だと思うのです。
主人公を、そのゲームに登場する魅力的なキャラの1人として、客観的に見ているプレイヤーさんは凄く多いのではないかと…。

よって、もとはアプリゲーだった場合は仕方ないとしても、不自然に主人公の顔を見えないようにしたスチルは、相当減らしても良いのではないかと思ってしまうのです。
最初からそういう見せないゲームとして徹底して来たゲームの事は、取り敢えず置いておいて…。

デフォ名呼びあり、顔グラ表示機能もあり、主人公の顔が描かれてるスチルも普通に何枚かあるってゲームの場合。
スチルを見て、7割以上が主人公の頭ばっかりだと、ちょっとガッカリしません??
キスシーンも相手の顔しか見えないと、何かイマイチ萌えられないというか…^^;
このゲームは、出来るだけ主人公の顔を見せない方向のゲームだったんだな…ってのが買った後に分かると、少し残念です。
見せないってのは、プレイヤーさんへの配慮なんだと思う反面、もしかしたら手抜きなのかも…って思う事も多くて

前にとあるゲームの感想を見た時、『主人公の後頭部ゲーム』と書かれていて、そうなんだ~?と思いながらそのゲームをプレイしてみたら、本当にスチルが後頭部ばっかのゲームでした
見たいのは主人公の頭じゃないよ、顔だよ…orzってなります^^;
さすがに7割以上が後ろ姿のゲームはそんなにないと思いますが、4割くらいが後ろ姿のゲームは、正直大分多いのではないでしょうか。。。

あんまり言うと反対派のプレイヤーさんに怒られそうですけど、見たいと思ってるプレイヤーさんの方が多いのは間違いない筈ですので、見せない配慮よりも、これからは出来るだけ見せる方向にして行って欲しいな~なんて、最近は特に思うのですよ。
もちろん昔に比べたら、既にそうなって来ているんでしょうけどね。
それでも個人的には、もっと…!です(笑)

●デフォ名呼び『有り』による違和感
※前回は『無し』による違和感の事を書きましたが、今回は『有り』についての話になります。
実はワンドRをプレイしていて、物凄く思った事があります。
って言うと、新録ボイスと旧ボイスでの音量や音質が~って話でしょ?って思われそうですが、そこではありません^^;

前にレンドフルールのブログを読んだ時、多分ディレクターのいわたさんだったと思うのですが、デフォ名呼びもあるけど、デフォ名呼びを無しに設定しても、違和感が生じないようにしてある…みたいな事を書かれていた記憶があるんです(?)
その時は成程~!って思い、レンドをプレイした時は、殆ど気にならなかったのですが…。

先日いわたDのワンドRをプレイしてみたら、これがどうしても気になって気になってしょうがなかったんですよ~><
何て説明したら良いのか分からないんですが、例えばこういう台詞の中に組み込まれたデフォ名呼びが、私は聴きたいのです。
※台詞はただの一例です。

例:「僕はルルが好きだ!」
例:「それは、ルルにしか出来ない事なんだよ?」

ところがですね…、上記の文章でデフォ名呼びを無しに設定した場合、「僕は好きだ!」「それは、出来ない事なんだよ?」っていう音声だけになってしまい、微妙に分かり辛かったり、ちょっと変な感じになってしまいますよね?
この場合、手間は掛かりますが、二人称呼びに変換したボイスを別に録れば、全く問題はなくなります。
でもその手間を省いた上で、ルルの名前をある程度呼ばせようとすると、全部以下のような台詞(言い回し?)になってしまうのです

例:「ルル、僕は君が好きだ!」もしくは、「僕は…ルル、君が好きだ!」
例:「それはルル、君にしか出来ない事なんだよ?」

台詞だけを見たら、全然おかしくはないと思います。
そしてこうする事で、デフォ名部分の音声が無くなったとしても、二人称呼びが健在なので、音声だけ聴いてても違和感がありません。
わざわざ声優さんに、二人称呼びバージョンの収録をお願いする必要がなくなります。

…が、私のプレイしたルートだと、多分全部が「つまりルル、君は~」「僕は…ルル、君と~」っていうような台詞になっていて、逆に違和感がバリバリでした^^;
レンドの時は、そんなに頻繁じゃなかったから気にならなかったんだと思いますが、とにかくワンドRでは、こういう言い回しが物凄く多かった気がします。
少なくとも、10回20回のレベルではなかった筈です…。

こんな細かい部分が気になってしょうがなかった…っていうプレイヤーさん、他にもいますかね??
本当はワンドRの初回感想を書いた時に少し触れようと思ったのですが、ゲームの内容にはほぼ関係ないし、あまりに長すぎて引かれそうだったので、この場で書いてみた次第です^^;
どれも、どうでもいいわってポイントだったらスミマセン

↓もし何か共感(?)出来たら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●Vita BROTHERS CONFLICT Precious Baby 特典CD 感想 <<         ホーム         >> ●何の脈絡もない雑談♪(坂本ですが/大メビ/ブラコンPB)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。