ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/12/01 Tue  02:10
●【吉原彼岸花 プチ感想?】…いや、R18の乙女ゲーをやったのが、約10年ぶりくらいだった件(笑)

先日チラッとツイッターで呟いてたんですが、最近になって吉原彼岸花を買っていました。
以前に雑誌で情報を見てから、R18という事もあってか、初報以降は大々的に雑誌で紹介されている感じではありませんでしたので、発売されるまで殆どチェックしていなかった作品でもあります。

元々遊郭ものってのに大して興味がなくて、またR18となると色々と表現もグロくなるので、どうしてもちょっと敬遠しがちになってしまうところがあるのですが、じゃあ何故買ったし!?って感じですよね(笑)
ネットでの評判が良い・泣ける・秀逸なシナリオ・絵が綺麗・キャストさんの演技が素晴らしい!etc.
これだけ(※実際はそれ以上)揃っててR18がそこまで苦手でないのなら、購入しない理由が他に見つかりませんでした^^

実際に1人プレイを終えてみて思ったのは、期待以上かも知れない…という事です。
私は完全新作の場合、初回プレイは大概、一番興味の湧かないキャラに特攻します。
気になるキャラは後に残しておきたいっていう単純な理由もありますが、興味のないキャラでプレイしても面白いかどうかってのは、私の中では結構重要だからです^^;

この吉原彼岸花は、自分の好みから言って、きっと萌えはないだろう…っていうキャラから始めたのにも関わらず、結局ベストEDの流れの終盤で泣いたし、エピローグめっちゃ萌えた…!!
どんだけ楽しんじゃったんだよ!って自分に言いたいです(笑)
R18なのに、何故だか硬派(?)な作品だなっていう印象を受けたのが、私的には更に好印象でした♪
まぁこの作品についての素晴らしい感想は、他の方々が既にたくさん書かれていますので、私の陳腐な感想はここまでにしておきます
っていうか、全然感想にもなっていませんけどね…orz

…で、話は少し変わりますが、タイトル通り意外にもR18のPCゲーをやったのが、約10年ぶりだった事に気付きました(笑)
その間にBLゲーや、移植された元R18の乙女ゲーは数本やってます。
ですが思い出してみると、多分『Love☆Drops~みらくる同居物語~』っていうPCゲー以来なんですよね~、乙女ゲーだと^^;
しかも1人しかクリアしてない

昔って、今に比べるとR18のゲームも結構乱発されてて、特にBLゲーは、内容がアレレ??って感じのキャストさんだけが豪華なゲームも多かった気がします。
それがいつの間にか、物凄~く減りましたよね?
私が気付いてないだけの可能性も高いですが、R18ゲーは乙女もBLも、1年にホント数本しか見掛けなくなったというか…。
ですがその分、シナリオ重視の崇高な作品が増えたのではないかと、最近つくづく思うようになりました。

PSPやVitaでお手軽にプレイ出来る上質な乙女ゲーが増えたお陰で、お手軽じゃない・値段が高い・後に移植の可能性が高いPCゲーは、言うまでもなく、購入される方が相当激減してしまっている筈です^^;
発売前の情報だけで売れるのは難しく、発売後の評判でジワ売れするって形が、最も多いのではないでしょうか…?
だから特にここ数年のR18ゲーは、慎重に丁寧に時間を掛けて制作されてるモノばかりなんじゃないかと、今更ながらに思った次第です。
(でも気になってたGALTIAは、厳しめな評価が多めでしたが)

ここまで書いてて、一体何が言いたいのかイマイチ良く分からなくなって来たのですが、要は吉原彼岸花も、素晴らしい作品の予感しかしないって事なんだと思います
…スミマセン、何か凄い無理やり纏めてみました(笑)

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●黒子のバスケ 3rd season BD/DVD 8巻 映像特典【NG集】感想 <<         ホーム         >> ●2014年に発売された、面白かった乙女ゲー投票の【結果】♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。