ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/06/04 Thu  23:22
●ポゼマゼを【全くクリアしていない】どうでもいい感想(※あまり感想とは言えない)

8割くらいは、もう似たような意見を聞きすぎて耳タコなんだけど…って言われそうな事や、前回と同じく初歩的な事しか書いていません

●POSSESSION MAGENTA
本来はキャラのクリア感想を書くつもりで進めていたんですが、某通販サイトのレビューをちょいちょい見たりしている内に、急いでクリアする気が失せてしまいました
それは本編がつまらないとかいう事ではなく、もうみなさんもご存じの通り、共通7章+個別1章という構成が原因で…です。
だってそれって、初回クリアしたら、このゲームの7~8割方が終了したも同然って事ですよね??

私はいつも乙女ゲーをやる際には、攻略中のキャラ以外の好感度は上げないというプレイスタイルなので、共通が終了した時点で、他のキャラはスチルが1~2枚程度しか開いていないって事が殆どです。
でもポゼマゼは、個別っぽい部分も共通でガンガンやっちゃってるから、全員のスチルもガンガン開いてしまう訳で…、最早やめてくれ~状態でした^^;
他には色々な方が指摘されてる通り、気になる点も大体一緒です。

・奏と綾女の『ハニー』呼び
前野さんは大好きなので、決して受け付けないとかいう事ではないんですが、そもそも10代の男の子って、ハニー呼びするんだろうか?って気がするんですよね…。
しかも一番の原因は、奏の見た目や性格的に、『ハニー』呼びするタイプのキャラっぽくないところです
むしろ光介だったら、あまり気にならないくらいに合ってたのでは…?

ゲーム本編では、『鈴』と書いてあっても音声が全部(?)『ハニー』になってたので、ひょっとしたら『鈴と書いて全てハニーと読む』って事なのかと思いきや、冊子を見る限り違ってました(笑)
場合によって鈴とハニーを使い分けていたので、本編でも『鈴』ときどき『ハニー』呼びにしてくれれば良かったのに…と思います。
前回もチラッと書きましたが、ドラマCDでは鈴って呼んでますしね!

…ただここまで一貫して『ハニー』呼びをさせてしまってたので、こんだけ不評な意見が多かったからと言って、続編などでいきなり控え目になる…なんて事になるのかどうか、気になるところです。
意地でもゲームでは、ずっとハニー呼びだったりして??

・綾女が主人公を好きすぎる
基本的に主人公の親友ポジションの女の子は、好きです。
ですが、友達としての好きが行き過ぎて、恋愛感情みたいなのがチラホラ見え隠れしていると、ちょっとダメかも知れません
ポゼマゼ以外の他のゲームでも、主人公至上主義の親友キャラはたまにいますが、乙女ゲーで♀×♀の描写は、あまり見たくないような…。
綾女の場合は恋愛描写って程でもないかも知れませんが、そこは男の子たちだけの見せ場であって欲しいです

結局何が言いたいのかといいますと、やはり親友の女の子には、恋を応援&相談に乗ってくれるような立場でいて欲しいって事です(T^T)
恋愛面で邪魔をするのなら、男の子たちがすればいいと思いませんか…?

・明杰のボイスだけ、ちょっと小さめ…他、明杰の事
これは本当に超個人的な意見ですが(笑)、折角楽しみにしていた明杰の俺様ボイスが、他のキャラに比べると少し遠い?感じがして、残念~><
音量を上げると、一部のキャラのボイスが大きすぎて、そのバランスに苦しみます

でもやっぱりプレイ前の好み通り、明杰のキャラは相当好きかも知れないです♪
登場回の4章が、楽しくて仕方ありませんでした!
しかもその章のタイトルの、『彼が求めた温もり』ってのが、孤独さが感じられてまた好きで。。。
とは言っても、最後までやってないので、ひょっとしたら本編ではただの俺様金持ちキャラで終わってるかも知れません。

…が、冊子なんかでは、本当に好きな女の子の為ならば、自分が相手の生活レベルに合わせてもいいと思ってたのも、ちょっとツボでした♪
実際に出来る出来ないは別としても^^
まぁ私の単なる勘違いで、あれが100%冗談だったのなら、「……(-_-)」ですけど(笑)
それと確かCDや本編では、庶民の生活を完全にバカにするって感じでもなく、逆に知らない事には興味を抱きそうなところとかも、可愛いな~なんて思ってしまいました。

最初は理由も分からず、いきなり主人公を欲しがるのはどうかと思いますけど、自分を殴った相手に逆ギレせず、更に興味を抱くっていうのは嫌いじゃないです^^
殴られた事のない、身分の高いキャラに有りがちな展開ですよね!
色々な部分で、『明杰=(昔大好きだった花男の)道明寺』を思い出してしまいました(笑)

・限定版CDのワイワイ感
本編の通常時と同じ楽しいノリで、なかなか面白かったです♪
サウナで耐久勝負とか、みんなヘロヘロ&一部イッちゃっておかしくなってた人もいて、笑っちゃいました^^
ある意味、ポゼってたり…?

けどポゼマゼに限らず、よく限定版CDって、途中で何故か主人公に愛を囁く展開になるものが多いですよね
全然嫌じゃないんですけど、その場に主人公が存在しない場合は、無理にそういう系に持って行かなくてもいいのにな…って気もします。

ですがカッコ良く台詞をキメた直後に、恥ずかしさで悶絶してた大河は面白可愛かったですけどね!
大河:「なっ…何だコレ、めちゃくちゃ恥ずいじゃね~かん゙ん゙~、はふぅ~ん(?)(/ω\*)キャッ」
…みたいな?(笑)
石川さんの言葉にならない悶え声(?)が、特に面白くて好きでした♪

・みんな言ってますけど、キャラはホント魅力的!
大変に失礼ながら、発売前はこんな感じ↓だったんですよね^^;
明杰>>>>奏>>>>>>>>>草太=光介=大河=優一郎
それが結構早い段階から、気になってなかったキャラほど、自分の中での好感度が上がるのが、早かったような気がします(笑)
最終的にはもっと変動するかも知れませんが、少なくとも現時点では大分変わりました。
明杰>>>大河=優一郎≧奏=光介≧草太
大河に至っては、最初にキャラを見た時、何でか「ショタキャラか…」と勘違いしてしまったのが謎すぎるくらいに、良い先輩キャラでした♪

***

こんなに書く予定じゃなかったんですが、予想以上に長文になってしまったので、いきなり終わります^^;
クリアした時に、「ポゼマゼ微妙…」ってならない事を祈りたいです。
今までの事から考えても、多分私はそうならないと思いますが…。
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●【CLOCK ZERO】色々投票の、中間結果をお伝えしてみる♪ <<         ホーム         >> ●当時、見送ってしまったゲームたち…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。