ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/04/08 Wed  22:57
●PSP 宵夜森ノ姫【ユリアン】感想 (:;゚;Д;゚;:)

PSP宵夜森ノ姫『ユリアン』ルートの感想となります。
ネタバレはありの感想ですが、話の展開やキャラの設定などを詳しく書いている訳ではありません。
ただしユリアンの人格(?)なんかは、モロバレしています

3周目ともなると、さすがに共通ルートも短く感じましたが、共通45分+個別3.5時間くらいでクリアしました。
ひょっとしてこのゲーム、全キャラED4つあるんですかね?
初回のミリヤムの時はよく分からなくて、何度やり直しても通常のバッドEDが2つ見れませんでしたが…。
ウルリヒやユリアンではコツ(?)を掴んだのか、割とすんなり4つ見られるようになりました^^;

それよりも…!!
なんじゃこりゃー!?(゚Д゚lll)
って言いたいくらい、ユリアンルートのぶっ飛んだ内容!!(笑)
実は初回でユリアンを攻略しようと思い、でもたまには路線を変えてみるかな~って気分になって、途中でミリヤムに変更したんですよね…。
間違って初回にユリアンをやってたら、この作品に対する印象がガラリと変わってしまうところでした
取り敢えず、他のルートで何となくユリアンの不穏な部分を垣間見ていた為か、ある程度覚悟をしてプレイしましたが、それでも予想以上に凄かったです(笑)
…ユリアンのルートを簡単に言い表すとしたら、『振り向けば、いつもそこにユリアンがいた…』で、いいんじゃないでしょうか?^^;

まぁ話の内容についてはあまり詳しくは書きませんが、とにかく嫉妬・狂気・独占欲・執着・依存etc.
どれも嫉妬から派生する似たような感情の1つって感じもしますが、これらの感情全てを最大限に併せ持って、ユリアンという人物が形成されていたような気がします
もうあの癒し系な優しい声が懐かしく思える程に、中盤からはヤンデレっぽい声・怖いくらいに必死な男前声・地獄の底から這い出て来たような声・妖艶な声・あどけない子供のような声…と、どんだけバリエーションあるんだよ!?ってなりました(笑)
とは言っても第一印象とのギャップがありすぎて、プレイしてて物凄く怖い反面、やたら楽しかったんですけどね!

そして主人公の方も、ユリアンの常軌を逸した言動に恐怖を抱き続けるより、全てを受け入れて楽になる道を選んでしまっているので、他の乙女ゲーだったら完全にバッドEDの主人公だったと思います。
世界には私とユリアンだけ…。
他には何もいらない、何も見えない、何も聞こえない…ウフフ…みたいな、ちょっといっちゃってる感じ?
さすがにこのままの状態でEDにはならず、2人とも段々と自我を取り戻して行くのかと思いきや、そのままEDに突入してしまってビックリ!
EDロール後の続きでは更に悪化してて、人間以外の物にまで嫉妬心を炸裂させてるユリアンが、とことん突き抜けすぎちゃってたので、逆に爆笑してしまいましたよ…(笑)
こんなんじゃ、後日談はどうなっちゃうんだろ??って思ってたら、途中から全く別の展開になってポカーン(°.°)
…ユリアンのルートは、色々な意味で最後まで楽しませてくれました♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●PSP 宵夜森ノ姫【ウルリヒ】感想 <<         ホーム         >> ●乙女ゲーの好きな原画家(絵師)さんを教えて下さい♪※投票第2弾
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。