ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/13 Fri  21:17
●Vita 遙かなる時空の中で6 少しプレイ感想

昨日から遙か6を始めましたので、ちょこっと感想です♪
ネタバレは無しの感想だと思います。

あまりにも遙か6の情報をチェックしていなかったので、初めての遙かシリーズという事もあり、プレイするのに若干不安だったのですが…。
下天の華をやっていたお陰で、今のところはあまり戸惑う事なくプレイ出来ているような気がします^^
ただ序盤は全然話に入り込めず、このまま『楽しい!!』という気持ちにまで至らなかったらどうしよう…なんていう懸念もあったんですけど、1章でコハクが加わって鬼側のワイワイ感が一気に増した辺りから、凄く楽しくなって来ました~♪

元々少しだけ気になってた有馬を除くと、ダリウスが雰囲気的にも他とは全然違うし麗しいし…って感じで、非常に気になる存在です。
やっぱり私は、(アクラムといい)鬼の首領に弱いらしい…(笑)
あとルードハーネが『大人びてる』設定であっても、プレイ前はただのショタ要員としか思ってなくて、今更ホント土下座したい勢い…!
ショタのショの字もないくらい、しっかり者すぎてイイ性格してる
もしかしたら恋愛イベントでは可愛い面が満載なのかも知れませんけど、この調子だとそれも良いギャップとして、とても楽しめそうな予感がしました^^
政虎と村雨の事はまだ何とも言い難いんですが、帝国側の人々は、何だか見た目に反して面白そうなキャラが多くて…ちょっと笑えます(笑)
有馬と秋兵と九段で、時々真面目にギャグになっちゃってるよ…。
取り敢えず実際にプレイしてみると、気になるキャラがどんどん増えて来たので嬉しかったです♪

システム面は最初戸惑うんですけど基本的には親切なので、人物情報のイベントを小まめにチェックしていれば、攻略情報なしで普通にクリア出来るんじゃないかと思います。
私は攻略中のキャラ以外は、必要がなければ一切構わない派なので、かなり戦闘や探索ばっかの毎日になってしまってますけどね^^;
でも戦闘も慣れたら簡単に思える…っていう以前に、特に難しくも複雑でもなくて安心しました。

スキップ機能は、MAXに設定しちゃうと一瞬でスキップされて便利なんですが、途中で止めたい箇所があるような場合には、MAX-1に設定し直さないといけないので、便利なような少し不便なような…?

そうそう、主人公の声が男前!?って思ったのは、私だけでしょうか?(笑)
まさか斎賀さんが担当されていたとか、全く気付いてなかったです。
現時点では、外見的にもう少し高い声の方が合ってるような気もしますが、性格的にはピッタリなのかも知れませんし、きっとすぐに違和感なくなるんでしょうね^^

そしてボリュームがありすぎて、全然終わる気がしないです
過去の遙かシリーズと比べると、遙か6が特別ボリュームたっぷりなのかどうかは分かりませんけど、少なくとも8人も攻略対象がいるのに、全キャラの恋愛イベントの数が、下天の華の2倍くらいあるんじゃないでしょうか…!?
全員最低でも20コ以上イベントがあって、ビックリしました!
スチルも10~11枚ありますし。
この調子だと、日曜までに1人もクリア出来ない予感がするんですが、何とか自力でEDを目指したいと思います
泣けるシナリオだったらいいな~♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●VitaディアラバDARK FATE【限定版特典CD 2枚】プチ感想(?) <<         ホーム         >> ●Vita DIABOLIK LOVERS DARK FATE 予約特典CD【切実に★お金がないヴァンパイアたち】感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。