ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/02 Mon  22:33
●3DS 金色のコルダ3 トレジャーBOX特典CD One more KISS【冥加】感想

【3DS】コルダ3フルボイスSpecialの特典であるロマンティックCD
One more KISS『冥加玲士』のネタバレ感想になります♪
コルダ3については、アニメのみの知識しかありません。
それから主人公の台詞ですが、前後の冥加の反応や台詞から推測している為、私の気持ち悪い妄想ではありませんので…

【1】天音理事長室・拒絶
このCDって、恋人同士になった後のお話だと思っていたので、最初タイトルを見た時に、思わず笑ってしまった^^;
拒絶って…!?
ひょっとしたら、あの冥加が主人公に拒絶されるのかも…?なんて、ほんの10%くらいは思っていたんです。
恋人ならある程度対等な関係なんだろうし、付き合っている内に、実は主人公の尻に敷かれてしまうタイプだったって可能性も、考えられるのではないかと。

実際は――。
やっぱ拒絶すんのは、冥加の方か…!!(笑)
冒頭で、主人公から掛かって来た電話の内容が、多分こんな感じ。
:「今日は天気が良いので、どこか行きませんか?」
きっと似たような内容で、何度かお誘いしてみたんだと思う。
:「しつこい奴だな…断る!」
俺と遊んでる暇があったら、クリスマスコンサートの曲を練習しろって事で、バッサリ^^;
:「だったら、一緒に練習しませんか?」
:「尚更お断りだ!自力でやれ」
(プツッ) ←携帯切った
…この2人は果たしてどういう関係なのかと、少々悩んでしまった
でもその後のモノローグで、コンサートで無様な姿を晒して、笑われる主人公の姿を見るのは「耐えられん…!」って事で、今は何よりも練習に集中して欲しいんだと分かった気がする…。

そうそう、冥加が主人公との距離感(?)について語ってたモノローグが、分かりやすくて面白かった^^
:(奴はおずおずと…、次第に大胆に、今では平然と、俺の視界に入り込もうとする…)
…きちんと段階を踏んでいる主人公(笑)

【2】妖精像前・コンサートの後で
あの日以来、主人公からの連絡は一切なくなり、クリスマスコンサート終了後は、楽屋に花束だけを置いて帰る冥加。
もちろんそれに気付いた主人公は、絶対に冥加が置いて行ったモノだと思い、急いで後を追い掛ける^^
:「冥加さん!!お花、有難うございます…!!」
:「俺が贈ったという証拠でも?(・言・)」
相変わらず素直じゃなくても、主人公にはバレバレなのであった!
何気に、今日の演奏の事をちょっとだけ褒めてあげたりもして、主人公が驚いていると、悪かった点はその5倍くらい指摘していたけど(笑)

まぁ何であれ主人公は、雪の降りそうな日に薄着のドレスのままで飛び出して来てしまうほど、冥加に会いたかったのだよ。
そしてそのまま、再びお誘いする訳だ。
:「この後、一緒に過ごしませんか?」
2週間前に散々バッサリ切り捨てられたのに、全くめげてない主人公♪
:「…よく俺を誘う気になれたな
さすがの冥加も、ついに折れる…!

ところで、やっと一緒に過ごしてくれる気になったのはいいんだけど、ここで1つ疑問が…。
主人公の肩を冷やさないよう、さっきコートを肩に掛けてくれたのかと思ったら、冥加のコートの中に主人公が入ってる状態なの??
『わき腹にピッタリとくっついて…』
それって、めっちゃゼロ距離じゃないかー!?
:「ちょっとでもこの場を離れたら、その隙に冥加さんが帰ってしまうような気がするから…」
みたいな会話を交わしたっぽい^^
だから自分のコートを取りに戻るのは嫌だ…と。

【3】レストラン・聖夜のディナー
早速豪華なホテルのレストランで、ディナー。
ここで今日の衣装について、ヒールの高さにツッコミを入れる冥加。
:「今夜は冥加さんと一緒に過ごすつもりだったので、気合いを入れて、高めのヒールにしたんです
予めデート(?)の約束をしていた訳でもないのに、こうなることを確信していた主人公に、冥加もビックリだ(笑)

でも途中で響也の話題になると、若干雲行きが怪しくなる。
響也の事はすぐに庇うし、冥加からしたら、普段からまるで恋人のように親密な関係に見えているらしい^^;
:「あの…もしかして、何か怒っていますか?
:「…別に。…俺が妬いたら、可笑しいか?」
うわ~!!ちょっと拗ねたような声で嫉妬する冥加…可愛い~
言った後で恥ずかしくなったのか、「忘れろ!」とか言っても、もう遅い♪

【4】並木道・雪道のアクシデント
いつの間にか外は、すっかりホワイトクリスマス
さっきのように2人で1つのコートを着る(!?)訳にはいかないので、冥加のコートは主人公1人で着る事に。
暫くして、冥加の髪に積もった雪を払い落としてあげようと、必死に背伸びして頑張る主人公。
:「…ほら、無理だ。諦めろ」
冥加玲士→身長188cm※Wikiより
高ぇー!?
てっきり180cmくらいかと思ってた
それでも少しだけかがんでもらって、何とか雪を落としてあげていたら、足元の雪で滑ってツルッ!?
主人公を助けようとした冥加も、一緒にドッサーッッ!!
(チュッ)
……………えっ
:(ん゛…!?)
:(…!!!)
…ドクン…ドクン…※主人公の心音?

まさかの、事故チュー来たーーー!?
結構な勢いで倒れた割には、大分ソフトなキス音だったけど(笑)
取り敢えず、何事もなかったかのように平然としている冥加と、一気に押し黙る主人公。
:「…今のが、何だというんだ?」
何の意味もない、不幸な接触事故だと言い切っちゃったよ^^;
主人公の気持ちを察する事なく、というかむしろ勘違いして(?)、事故チューにショックを受けているんだと思ってる冥加。
車の中でも、キスのうちに入らない・意味なんてない、の一点張り。
そういう事にしておけば、主人公もサラッと忘れられると思っての優しさなのかも知れないけど、明らかに逆効果になってる気がするぞ(笑)

【5】星奏講堂前・セカンドキス
星奏まで送った別れ際に、まださっきの事を気にしている主人公に対して、冥加は冗談半分で問い掛ける。
:「お前は…、俺とキスしたい訳でもないだろ?」
そりゃ~多少の皮肉も込めて言ったんだろうけど、意外と優しい声~!
:「そんな事ないです…!」
冥加の反応からして、絶対こう言い返したに違いない^^
いいぞ~、主人公ちゃん!!
:「お前の言葉は、どこまで本気か分からない。…本気にしていいのか…分からない…」
(チュッ)
主人公が、一時的な衝動に突き動かされてるだけだと思った冥加は、手にキスをするだけで十分だと判断した様子。
残念…。
もうCDの残り時間も殆どないし、セカンドキスは手で終わりか~と思っていたら!?
:「これだけじゃ、足りない…です…」
:「足りない!?どうしてお前は、そうやって俺を試しすぎるんだ…!」
わ~い♪良く言った、主人公ちゃん!!\(^^)/
さすがに女の子にここまで言われちゃったら、もう引き下がれない?(笑)
:「目を閉じないでくれ…」
自分の歯止めが外れてしまわないよう、主人公には目を閉じさせないで、優しくキスをする冥加であった…!
(チュッ)
:「お前の唇は熱いな。その熱に、侵食されそうだ……」
-END-

おかしいな…。
当初はこれの1/5程度の感想にする予定だったのに、一体どんだけ書いてんだよ!?
とにかく冥加好きな私としては、大満足でした♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
【天宮 CD感想】 【千秋 CD感想】 【蓬生 CD感想】
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●Vita DIABOLIK LOVERS DARK FATE いまじん特典CD【始祖王の究極料理】感想 <<         ホーム         >> ●Vita DIABOLIK LOVERS DARK FATE ステラワース特典CD【魔界的!?ワルってどんなヤツ!?】感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。