ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/03 Wed  22:47
●黒子のバスケ 30巻同梱 ドラマCD 【僕たちのバイトの話です】 感想(前半)

黒バス30巻の限定版を、本日フラゲしました♪
かなりネタバレ状態の感想になっています。

「黒子…俺、お前の相棒をやめる…」
っていう火神の台詞で始まり、何事かと思ったら、バイトのチラシ配りを一緒に出来ない…ってだけだった^^;
目立つように、ウサギの着ぐるみを着てチラシを配っても、誰にも気付いてもらえない、黒子のミスディレっぷり(笑)
このままだと、黒子(ウサギ)と火神(トラ)と木吉(カメ)のチームは、目標金額のノルマを達成出来ないらしい…。

―同時刻、別の場所にて―。
休日に森山のナンパに付き合わされ、ゲッソリしている笠松。
既に小堀と早川はナンパに失敗し、心に傷を負ったまま帰宅したんだとか^^;
黄瀬が早川のナンパ台詞をマネしていたけど、かなり上手だったので、てっきり本人が喋ってるのかと思ってしまった(笑)
「ィ(リ)バウンドは任せて下さい!!」by早川(※黄瀬)
…で、森山は笠松に向かって「俺を見習え!」とか言ってたくせに、こっちは『運命』を連呼して、ナンパに失敗してるダメっぷり
2人の未来を心配して、合コンをセッティングする前に練習する事になり、ファミレスへ行ったら黒子たちに遭遇。
折角なので黄瀬の提案により、笠松&森山のコミュニケーション能力アップに協力してもらう事になった…女の子役として^^;
でもバイトの休憩時間が終わってしまうので、今から休憩に入る伊月と日向に女の子の代役(?)を押し付け、黒子たちは退散。
そして、女の子と上手く喋る練習が始まった。。。

森:「伊月さん、ご趣味は?」 伊:「ダジャレを少々…」
森:「奇遇ですね~。俺もダジャレが、だ~い好きですぅ~」 伊:「イーグルアイは、イイ具合♪」(チーン)

…伊月を女の子役にした時点で、予想通りの結末(笑)
相手の好きなモノに無理やり合わせようとした森山は、ダメ出しの強制終了
乾いた笑い声を出しながらも、必死に自分もダジャレ好きな事をアピールしてたのは、結構面白かったけど^^

しかしここで、黄瀬には1つ疑問が…。
伊月はモテそうなのに、何故彼女がいないんだろう、と。
日向にもモテると言われてたので、森山から一方的にライバル視される伊月。
実は時々告白されているみたいだけど、告白中にダジャレをメモるのに必死になっちゃうって、ダメじゃん(笑)
そんな時にこそ、面白いネタがどんどん湧いて来ちゃうらしい
「君は案外、残念なイケメンだな~^^」by森山
「元祖・残念なイケメンが、何を言う…(-_-)」by笠松


今度は日向に女の子役をやらせようとしたが、日向も女子と話す時は緊張するタイプだと知ると、笠松がやたら嬉しそう!
「日向…!お前もか…!!\(^o^)/
けどその日向が、リコとは普通に話してるって知ると…?
「日向゛…!!お゛前もか…ッ!!!(`Д´)
どっちも全く同じ台詞なのに、後者の笠松の台詞からは、溢れんばかりの憎しみが半端ない事に^^;
軽く呪い殺されそうな勢いだった気がする…

一方、チャリアカーを必死で漕いでいる高尾。
今日後ろに乗せているのは、緑間だけじゃなかったよ…。
緑間+赤いラッキーアイテムを計50種っていう、荷台がとんでも状態
今朝のアクシデントにより、本日の蟹座のラッキーアイテムが、『赤い●●』としか分からなかったらしい。
よって、赤い物を片っ端から掻き集めてはみたものの、今のところ全部ハズレで、朝から不幸続きだった緑間^^;
先輩たちも赤い物を色々と貸してくれたようだけど、大坪の赤いマフラー(※手編み)には笑った!(笑)
しかも真夏なのに、借りたマフラーを早速巻いてみたら、枝に引っ掛かって死に掛けたって、酷いな
とことんアンラッキーすぎる…。
そして宮地が貸してくれたのは、『赤い推しメンTシャツ』!?
もちろん緑間は、それを真面目に着用♪
恥ずかしさなんかは1ミクロもないようで、それよりも『推しメン』って言葉に疑問を抱き中。。。
「アイドルなのに、推し『メン』とはどういう事だ?」「えっ(゚∀゚;)」
「相手が女性ならば、推しウーマンもしくは、推しレディだろう?」
…これと同じ質問を宮地にした時は、無言で立ち去られたっぽい
緑間は何も理解してないのに、よく宮地は大切なTシャツを貸してくれたな~^^
あと木村からは赤い食べ物を貰ったので、高尾がその中のイチゴを食べたがったら、 「イチゴを食べるには練乳が必要だろう?って事で、練乳がないから食べる事は許されなかった…。
緑間ってば、イチゴには絶対練乳!!っていう、強い拘りがあるんだ?(笑)
…でも先輩たちも、緑間の為に赤い物をこれだけ提供してくれたんだから、それについて高尾から一言。
「何だかんだで真ちゃんも、先輩たちに可愛がられてるよね♪」
…………………………………別にっ(*  ̄ ^  ̄ )」
「照れんなよー!」「照れてないのだよ」「はいはい^^」
うわ~、ツンデレ緑間、可愛いな~!
本当に何だかんだでみんなに愛されてる事が、良く分かったかも…!

途中で、そういえば俺も赤い物持ってた~って思い出し、高尾が鞄から出して来たのは、妹ちゃんから貰った『赤いカチューシャ』
自分の妹を『妹ちゃん』呼びする高尾が可愛すぎ^^
嫌がる緑間に無理やりカチューシャを付けさせて、すかさず1枚記念撮影
けどその直後、車に大量の水を掛けられる2人
「真ちゃん…、それラッキーアイテムじゃねーわ…orz」
「分かっていたのだよ…!(・言・)」
これだけ集めても全部ハズレで、高尾が若干諦めかけていたら、あっちでトラさんの着ぐるみが、『赤い風船』を配っているのに気付き…!?
「高尾、行くぞ!!!」
…やっぱり今日も、緑間のラッキーアイテム探しは、まだまだ続く…?(笑)

続きの感想も、出来るだけ明日中にはアップ予定です。
ちなみに今回のドラマCDは、緑間と高尾はオマケ程度の出演かと思っていたんですが、どうやらこれって、小説第2弾の『緑間真太郎氏の極めて不幸な1日』ってやつにアレンジを加えて、誠凛のバイト話に絡めているっぽいですね!?
だから全然オマケどころか、むしろ緑間と高尾もガッツリ関わっていたので、嬉しい大誤算でした♪

※後半の感想はこちら→CD後半感想
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


●Vita ディアラバ VANDEAD CARNIVAL 明日発売♪  <<         ホーム         >> ●黒子のバスケ 30巻同梱 ドラマCD 【僕たちのバイトの話です】 感想(後半)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。