ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/08/31 Wed  23:40
●どのVitaゲームを買います?…の、結果発表です♪

急遽2週間だけアンケートをさせてもらったんですが、まさかこんなに投票して頂けるとは思ってもいませんでした!
今回は全部で1288票となっています♪
たくさんのご協力、本当に有難うございました!
結果は以下よりご覧下さい。








10月までに発売予定のVita作品で、購入予定のものはありますか?
(複数選択可)
666票→灰鷹のサイケデリカ
554票→悠久のティアブレイド
517票→下天の華with夢灯り 愛蔵版
463票→ゆのはなSpRING! Cherishing Time
460票→数乱digit
451票→薔薇に隠されしヴェリテ
425票→猛獣たちとお姫様
386票→明治東亰恋伽 Full Moon
319票→ノルン+ノネット アクト チューン
313票→逢魔が刻 ~かくりよの縁~
251票→DYNAMIC CHORD feat.[reve parfait] V edition
169票→PsychicEmotion6
137票→マジきゅんっ!ルネッサンス

その中で特に楽しみな作品を、1~3つ以内で教えて下さい♪
3つまでしか選べないように設定してあります
427票→灰鷹のサイケデリカ【64%】
363票→薔薇に隠されしヴェリテ【80%
316票→悠久のティアブレイド【57%】
275票→下天の華with夢灯り 愛蔵版【53%】
229票→数乱digit【50%】
226票→ゆのはなSpRING! Cherishing Time【49%】
204票→猛獣たちとお姫様【48%】
185票→明治東亰恋伽 Full Moon【48%】
141票→逢魔が刻 ~かくりよの縁~【45%】
111票→ノルン+ノネット アクト チューン【37%】
105票→DYNAMIC CHORD feat.[reve parfait] V edition【42%】
041票→マジきゅんっ!ルネッサンス【30%】
026票→PsychicEmotion6【15%】

灰鷹はみなさんも予想通りだったんじゃないかな~って思うのですが、ヴェリテを楽しみにされてるって方が物凄く多くて、おぉ~!?ってなりました!
ちなみに【%】の数字が、そのゲームを買う人たちの中で、特に楽しみにしている人はどれくらいかっていう割合です。
ヴェリテの場合、取り敢えず買ってみるか…って感じで購入する人は、殆どいないのかも知れませんね。

それと完全新作以外だと、ノルンは意外と皆さんあまり買わない方向なのでしょうか…?
続編でもないし、どっちかと言うとFD寄りの内容だと、ノルンに限らずイマイチ惹かれないものなんですかね?
個人的には、これ以上ノルンのゲームは出ないだろうと思ってたので、(特にRPGが)とても楽しみなんですけどね^^

さて明日は、全力でヴェリテを楽しもうと思います♪
1周目にやれる事を全部やろうとすると、私の場合はきっと初回20時間以上コースになってしまいそうな気がするので、取り敢えず本編のシナリオメインでプレイした方が良いですかね…?
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村
スポンサーサイト

2016/08/30 Tue  21:04
●Vita 猛獣たちとお姫様【初回】感想

大分出遅れましたが、猛獣たちとお姫様の初回感想になります^^;
キャラの個別感想は書いていませんので、ネタバレはしていません。

他のゲームを先にやっていた為、猛獣姫の評判は、某所のレビューでちょいちょい見ていました。
段々酷評が増えて来て、な…なるほどとは思っていたんですが、実際にプレイしてみて私は結構楽しめたので、非常に感想が書き辛いです

特にみんなが集まってる時は何度も笑いましたし、動物さんたちは可愛くて癒されるし、魔術師の突き抜けんばかりのド変態っぷり!
最初にドラマCDから聴いてしまった為、魔術師の変態具合は誇張されてるだけかと思いきや、本編でもそのまんまだったんですね(笑)

そして個別は初回ミアーシュだったんですけど、割と予想してなかった展開になって、一気に読んでしまいました。
元は動物なのに、本気で恋愛??
…とかは、別に思わなかったです^^;
最後に全員人間になるって流れだったら、みんな一緒でそれはそれで微妙ですし、本当は全員人間だった…だと、前作と同じですし。
一応最初から分かっていた事なので、ファンタジーだから…とアッサリ割り切ったモン勝ちな気がしました。

乙女ゲーで重要な恋愛過程ってのも、ほぼ全キャラが好感度MAXから始まるこの状況だと、徐々に惹かれて行ったり距離が縮まって行くって描写が殆ど無いので、そこを求めるには難しい設定だったと思います。

あと今までは意思の疎通が完璧だったって訳ではなので、家族として可愛がっていた動物たちが、人間の姿をして愛を語る(?)ようになったら、色々な意味で箱入りだった主人公が急にドキッとしてしまっても、そこまで変な事ではないのではないでしょうか…?
ただし、お互いに「愛してる」ってなると、個人的にちょっと違和感を覚えてしまうキャラもいるかなぁ~とは思いますけど^^;

ちなみに初回クリア時間は、共通3.5時間+個別3.5時間でした。
(※時々音声を読み飛ばしたので、ちゃんと全部聴いたら8時間くらい?)
短い短いって言われていて、そこは確かに否定出来ないんですけど、FDじゃないのに個別が3~4時間程度で終わってしまう乙女ゲーなんて、他にもたくさんありますからね。
猛獣姫に限った事ではありません。
まぁでも、短いってだけで酷評されてる訳ではないので、誰か1人をクリアしたくらいじゃ、総合的に面白いのかイマイチ微妙なのかを、ここで判断してはいけませんよね^^;

そうそうモフモフに関しましては、お望みの場所を左スティック+○ボタン押しが基本で、ハートが出なくなったら○ボタンを何度か連打した後に、また同じ所を撫でるとハートが出て大成功って感じでした。
成功でも大成功でもどっちでも問題ないと思いますが、ミアーシュはこのやり方で割と簡単に全部大成功させる事が出来ましたので、あまり上手く行かなかったら、一度お試しあれ♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/28 Sun  20:01
●Vita 逢魔が刻 かくりよの縁【初回:宵宮】感想

逢魔が刻~かくりよの縁~、やっと1人だけクリアしましたので、簡単に感想でも…。
個別のネタバレは、控え目の感想になっていると思います。

共通9章+個別6~(多分)7章という構成になっていて、ベストとグッドEDの他に、バッドがいくつかあるという感じでした。
なかなかのボリュームでしたので、初回は共通6.5時間+個別4時間も掛けてクリアしましたよ^^;
※音声は殆ど飛ばしていません

こうして見ると共通がかなり長めですが、クリア後に各章の情報を見たら、3章以降の既読率が30%~70%台で、2周目以降もまだ一杯読める部分がありそうです。
深追いする・しないの違いによる結果以外に、共通の中に散りばめられている個別イベントも、結構あるのではないかと思いました。
2周目以降は殆どスキップ状態で、有って無いような共通…ってのとは違いますので、細かい部分まで作り込まれているのでしょうね。

初回は特に長めに感じるかも知れませんが、訳の分からない難しい説明を永遠とされる事もなく、今のところ精神を抉られるような重すぎる展開があった訳でもなかったので、疲れたーって感じは全然ないです。
あと途中から、颯も交えてみんなで会話出来るシーンもあったりして、ほっこりしてしまいました。
ああいうシーンを、他のルートでもっと見られれば嬉しいです♪

そして宵宮先生との恋愛は、教官と生徒という立場による葛藤っていう良くあるパターンではなく、如何にして凍り付いてしまった先生の心を溶かして行くか…って事がメインでした。
すっごい真面目なタイプなので、自分の生徒に手を出すなんて有り得ない!…っていう考えを持っていなかった事が、意外すぎましたけど(笑)
でも最終的に、主人公が寄り添って支えてあげる存在になって行く恋愛でしたので、とても清純なルートだったような気がします。

ラストで●●になっちゃいましたが、先生と主人公と晧の3人の関係が面白くて(?)幸せそうだったので、良かったのではないでしょうか^^
…ただ黒幕はアッサリ片付けられていた気がするので、その辺が詳しく描写されるルートがあるのかは謎ですが。。。

ちなみに晧の正体が分かったんですけど、あれだと主人公との恋愛ルートも作れそうな気がしたので、皓を攻略対象にして、月白は隠しにして6人攻略出来たら、もっと良かったのにな~って思ってしまいました。
颯の可愛さは尋常じゃないですけど、ちょっとツンデレっぽい晧も可愛かったですし♪

スチルは、やっぱり最後まで綺麗でした
強いて言うなら、主人公の顔が時々イマイチ微妙だったかなぁ…と。
1人だけ、逢魔の世界の住人っぽくないビジュアルに見えてしまうんですよ…^^;
けど中身はとても良い子で賢いので、気になって仕方ないって事ではありませんでしたけどね。

…まぁ何にせよ、周回プレイも苦じゃなく楽しめそうですので、ホント買って良かったと思います♪
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/27 Sat  23:40
●逢魔が全然終わらないので雑談【逢魔/カラマリ】

逢魔が1周すら終わらんーー!!(笑)
あまりに先が見えないので、もうそろそろ共通は終わりかな?って思って、いつもは見ないトロフィーを確認したら、まだ共通の折り返し地点だったと分かった時の衝撃…!
さすがに今は個別に入りましたけど、これはもう、余裕の10時間超え確定ですね。

いや…でも、徐々にジワジワ~って来る面白さ。
段々、颯以外のキャラの魅力も見えて来て、みんな良い感じです。
普段だったら可愛い系キャラの次に、奏太みたいな明るい爽やかキャラもあまり好みではないんですが、奏太はかなり好きです^^
見た目も性格も(特に)声も!
初回は他キャラを攻略していますが、奏太の攻略も凄く楽しみになりました♪

そういえばこの作品、一応恋愛面でCERO[C]になってるんですが、その内そんなシーンも出て来るのかな…?って、ちょっとドキドキです^^;
キスしているスチルがあったくらいじゃ、Cにはなりませんよね…?
今のところ、キスシーンすらもイマイチ想像が出来ないので、そちらも楽しみにしておこうと思います(笑)

お次はカラマリ。
今週初動が出まして、FD確定コースまっしぐらでありましたねー!

7271本
9406本
11694本


最初見たのが7271本だったので、予想していたよりは少なめだったかな…?って思ってしまったんですが、後から上がって来た数字を見た感じだと、1万本超えしたと思って良さそうですね
発売から数日後に各通販サイトを見た時、どこも一時的に品切れしていて入荷待ちみたいな状態になってた気がするので、発売後に買った方も大分多そうです。
なのであと2~3千本くらいは、サクッと増えそうな予感がします。
最近のオトメイト作品のように、早めに次の展開が来たら嬉しいです♪

…そうそう犯人の声バレの件ですが、最初で分かっちゃったーって方がやはり結構多かったようで、実際は全プレイヤーの何割くらいが気付いちゃったんでしょうかね?^^;
正直私は、その声優さんが凄く好きだったから気付けただけなので、好きじゃなかったら多分分からなかったと思います…。

しっかしまぁ、ボイスチェンジャー越しであろうと、イケメンボイスだった件(笑)
ああいう声って、もっと機械チックな不気味な音声に加工しても良いと思うので、そうなったら演技の上手い下手なんて、あまり関係ないと思うのですよ。
だからもう、そこら辺のスタッフさんをとっ捕まえて録っちゃっても良かったのでは?なんて思ってしまいました。
そしたら声バレなんて皆無ですし。
だけど犯人の正体に気付きながらのプレイも、それはそれで別のドキドキ(?)があって楽しかったので、序盤の声バレで全てが台無しに…って事は全然なかったんですけどね!

いずれにせよ、プレイ前は愛時以外のメインキャラに全然興味のなかった私を、ここまで色々なキャラに萌えさせてくれるカラマリは、今後大好きな作品の1つとなりそうです

…さて、逢魔の初回を何とか終わらせたら、[購入予定のゲーム投票]の結果発表をやろうと思います♪
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/25 Thu  22:21
●Vita 逢魔が刻 かくりよの縁 ちょい感想

逢魔が刻を、ちょーっとプレイしただけの感想ですよ^^;
ネタバレは特にありません。

取り敢えず期待していた通りスチルがとても綺麗で、なかなか枚数も多いのでそれだけでも満足なんですが、全員差分なしで15~17枚はありました♪
差分を含めると21~31枚って感じで、全体的に割と多めだと思います。

あとクリア後のおまけが一部???になっていましたが、説明書を見た感じ、スペシャルストーリーが解放されるっぽいですね。

選択肢ジャンプ機能や、クリアしたら好きな章から数値を調整して開始出来るし、スキップは速いし、各ボタンは好きなようにカスタマイズ出来るし…、ストレスなくプレイ出来そうな気がします^^

ただプレイ動画を見た方なら知ってると思いますが、目パチ口パクがない上に、立ち絵のポーズもみんな結構大人しめなので、視覚的には少し寂しいですかね…?

デフォ名呼びもないので、名前が出て来ると音声的に若干不自然な間が発生しているところがあって、ちょっとだけ気になってしまいました…が、ほんの些細な問題ではあります。

そしてストーリーはまだ序盤の方ですが、それでもやっぱり、最初から颯の特別感が半端ないです。
既にもう、颯を差し置いて他のキャラとくっついちゃっていいのかな…って迷ってしまうくらい、颯の態度が可愛くて困っております(笑)
自分と唯一会話の出来る存在が主人公だけなんですから、そりゃ~出会った瞬間から特別以外の何ものでもないですよね。

逢魔は一応学園もの(?)ではありますが、メインキャラで生徒なのは颯と奏太だけなので、メイン勢揃いでワイワイみたいなシーンは、多分無さそうな雰囲気でしょうか…。
出会いのシーンでちょっとカッコ良かった常磐は生徒じゃないし、先生は先生だし、颯は主人公がいないとダメだし、月白は謎^^;
なので奏太とサブで、場の雰囲気を盛り上げて楽しませてくれる事に期待しております(笑)

そういえば、私にしては珍しく見た目的に気にならないキャラがいないので、全員楽しんで攻略出来たら良いです♪
このBGMで切ないシーンがあったらいいな~って思える曲もありますし、キャラによっては、泣けるような展開のあるシナリオでありますように…!
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/23 Tue  23:54
●おそ松さん ドラ松CD 7【お仕事アラカルト】感想

おそ松さんのドラ松7巻、ドラマCDのネタバレ感想になります♪

【もしも6つ子が仕事をしたら】
土曜日の真っ昼間、おそ松兄さんが家に帰ってみると…。
5人とも家に引き籠ったまま、各自やりたい放題。
それぞれ何をやってるのか、呆れつつも聞いてみるおそ松兄さん。
カラ松は相変わらずキメ音出してたけど、チョロ松の1人で「タイガーファイヤー!!が、一番意味分かんなくて笑った(笑)
その発音どーしたww
:「一松は?」
:「にゃ~~ぁ(-_-)」
:「うんうん、分かってた。お前可愛いな…(-_-;)」
…えーっと…?
一松はネコと遊んでたんじゃなくて、ネコをやってたのか?
そりゃ確かに可愛いな(笑)
そして十四松は素振り中。
ってか、トド松をスマキにしたの誰だよw
キレたトッティの反撃、最凶すぎるから

…一旦仕切り直して、6つ子の就職へ向けての会議が始まった。
みんなで色んな職業の練習(?)をして行く事になったんだが、客役が1~5人もいると、客の勢いが凄い

もしも、トド松がケーキ屋だったら。。。
トッティのケーキ屋で、シャレオツアレルギーを一斉に発症しすぎ(笑)
最後に「美味しそうだったね~♪」とか言っておきながら、さっきは全力で「かゆい゙~!!かゆい゙~!!(°言°;)」って叫んでただろ…十四松よ。

もしも、カラ松がソムリエだったら。。。
俺のタンクトップの香りがするワインを、得意気に出しとる(笑)
:「くんくん…ゔぉえっ!?
続いて、俺の靴下の香りワインww
:「俺のシリーズ、やめてっ!?ε=ε=(⊃≧□≦)ウギャ~ッ」
カラ松兄さん=臭い人っていう認識になりそうなまま、終わる(チーン)

もしも、一松がブライダルプランナーだったら。。。
バカップルの男役がおそ松兄さんで、女の子役がトド松なのね^^;
女の子の方、殴りたくなるような演技でウケる(笑)
だが肝心の一松は、仏滅とか血糊とか、物騒な単語しか言ってないわ
ブライダルじゃなくて、もはやブラッディプランナー
:「殺すよ?(¬_¬)ギラリ」
…まぁあのバカップルっぷりだと、一松に殺られても文句は言えまい。

もしも、チョロ松がカウンセラーだったら。。。
:「ネコになりたい…(-_-)ボソッ」
:「はっ…はぁ…(~_~;)エ゙-ッ」
一番難しい患者が来ちゃったよ?(笑)
励ましも全然通用しないし、患者に対する言葉にも気を遣いすぎて、逆にカウンセラーの心の方が砕け散ったと思われるw
案外チョロ松は、ストレスで胃に穴を開けるタイプだったのか…^^;

結局一通りあれこれやってみても、どれもダメダメな結果にしかならないのなら、いっその事有り得ない夢を見始める6人。
みんなが大統領とか宇宙飛行士とかパチプロとか言ってる中で、一松はさっきから「ネコ(-_-)」しか言ってないんだけど…
ホントどんだけネコが好きなんだよ(笑)
ここまで来ると、ただのネコ好きな可愛いヤツでしかないw

そして最後は6人で架空のバンドを結成し、イイ感じの仕上がりに大盛り上がりしたところで、ボーカルがいない事に気付き、儚い夢と散る
いつの間にか寝てる十四松の「スピ~」が可愛いな(笑)
つーか、トッティが一番歌えそうな気がするんだけど、違う…?
:「もういいや。一生ニート上等~┐(-。ー;)┌フゥ~」
6:「働いたら、負けだよな~~┐(´ー`)┌ボヘ~」
…って、いつもの感じで終わってしまったw
-END-

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/22 Mon  23:32
●今週は、猛獣姫と逢魔が刻…どっちからやるべきか悩む(~_~;)

カラマリ全然終わってないのに、もうすぐ新作ゲームが届いてしまいますね^^;
めいこいはほぼ移植なので後回しにするとしても、猛獣姫と逢魔で悩む事になるとは…。

当初は断然猛獣姫から特攻するつもりでしたが、逢魔のゴールド殿堂入りを見ちゃったら、一気に気になり出したって方も多いのではないかと思います。
猛獣姫の方は、30点でギリギリシルバー殿堂だったので、ちょっと意外な気もしましたが…。
勝手に、猛獣>逢魔なんだろうな~なんて思い込んでおりました…スミマセン
でも前作の方は、FDも含め確かシルバーには入ってなかった気がするので、前作のFD以上に色々と進化した猛獣シリーズも、やっぱりメチャメチャ楽しみなんですけどね♪

あとブログの方で、前作以上にボリュームもアップしてるって書いてありましたけど、初回10時間以上ってマジか…!?
あくまで音声を殆ど全部聴いたらって事なんでしょうが、そんなにボリュームのある猛獣シリーズってのは、イマイチ想像出来ません(笑)
ちなみに、逢魔の方はそれよりも少なめで、8時間程度っぽいです(?)
でもホントみんなプレイスピードが速いから、実際はこれの2/3時間くらいなんだろうって思っています。

そういえば、私全然気付いてなかったんですけど、どっちも諏訪部さんが出演されてるじゃないですかー!!\(^^)/
しかもメインヒーローと、多分裏メインヒーロー??
過去の出演作品をザッと見た限りだと、乙女ゲーでメインヒーローポジなのは、きっと悟空以来な筈…!!
(あ…GS3はWヒーローでしたっけ?)
なのでそれだけでも、特にリシャルトには期待大なのですよ♪
その上、細谷さんもメインヒーローとめいこいで追加キャラですし、25日はキャストさん的にもホックホクであります

しっかしまぁ…、逢魔の深追いシステムってのが、攻略なしでは大分失敗しそうで、地味に不安です^^;
この周回プレイで様々な展開が楽しめるってのは、逆に言えば周回しないと全てのシナリオが見られないって事ですかね?
深追いした場合、その後も分岐して行く感じで、一時的に内容が分岐するだけって訳ではなさそうですし…?
Qセーブしてどっちの展開も見ながら…ってのが出来ないのなら、コンプするのはちょっと大変っていうか、面倒ではありませんように(-人-)

猛獣姫の方は、何となく雰囲気的にも想像出来るモノがあるのですが、逢魔の方は全然分からないので、大誤算レベルの萌えや泣き要素があったら嬉しいですよね♪
颯の儚さが半端ないですし、世界観的には、切ない系のシナリオで間違いないでしょうか…?(T^T)

…で、結局どっちからやろうかな??
↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

2016/08/21 Sun  19:21
●Vita Collar×Malice(カラマリ)【初回:榎本峰雄】感想

カラーマリスの、ゲーム初回クリア感想になります♪
物語的なネタバレは、殆ど無しの感想にしたつもりです。
っていうか、多分大事な部分は全く書いていません…^^;

金曜日も土曜日も結構カラマリをやっていたつもりなんですが、まさかの1人もクリア出来ないっていう大誤算(笑)
攻略に詰まった訳ではなかったので、久々にボリュームのあるゲームをやった感が凄かったです!

ちなみに、かなりじっくりプレイしたって事もあり、初回クリアは共通2時間+個別10時間(!?)も掛かっておりました^^;
読んでも読んでも、永遠と12/12日を過ごしていたような錯覚すら起きましたよ…(笑)
こんだけボリュームがあると、逆に苦痛に感じられる方もいるかも知れませんが、正直メチャメチャ面白かったので、私的にはもっと長くても大丈夫なくらいでした。

そう思えた最も大きな理由の1つが、榎本峰雄の存在です。
峰雄の事も実は顔以外全くチェックしていなくて、峰雄はどう見てもクレイジー系だわ…絶対に好みじゃないなという理由で、初回に特攻する事に決めました^^;

それがどうした事か、戦国武将の中でも伊達政宗を特にリスペクトしている、おバ…いや、THE・漢!!って感じ
真っ直ぐて、いざという時は凄く頼れるのに、ウブで可愛くて、みんなからイジられ捲りの愛されキャラ故に、シリアスな時以外はとことんお笑い担当…っていう(笑)
本人が抱えてる問題はとても重いものだったけど、主人公の存在にも助けられて乗り越えて行く様は、なかなかカッコ良かったと思います^^

…かと思えば、つい爆笑してしまうようなコミカルなシーンも合間にたくさんあって、単体でもこんなに笑わせてくれるキャラに出会ったのは、何だか久々な気がしました(笑)
最初の段階で、峰雄あんまり興味ないんだよな…って思ってたプレイヤーさんが、攻略後に峰雄の事を好きになる確率は、90%を超えるんじゃないですかね~?
それくらい魅力的なキャラだったお陰で、基本はシリアスなカラマリの世界でも、どっぷりハマって楽しむ事が出来ました。

恋愛に関しては、微糖というよりは、結構ニヤニヤ出来る展開も多かった印象です。
事件を追いながら恋愛も同時進行させるのって、バランスがホント難しいとは思うのですが、変なタイミングで急に恋愛脳になる事もなく、上手い事萌えが散りばめられている感じでした。
この調子だと、興味のなかった峰雄がここまで萌えさせてくれたんですから、愛時さんルート一体どうなってる事やら…!\(^^)/

最後に1つ、ある程度距離が縮まってから、峰雄に名前の呼び捨てを求められた主人公。。。
あのまま押し切られて、アッサリ「峰雄」とか呼び出したらどうしようかと思いましたけど、年上の先輩に対してそれはおかしい!ってキッパリ否定してくれて、主人公に対する好感度が大幅にアップしました♪
学生や普通のOLじゃないんだから、そこはいつもの乙女ゲー展開にされなくて良かったです^^;
…まぁホント、超個人的な意見ですけどね(笑)

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


2016-07- <<         ホーム         >> Next >> 2016-09-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。