ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/04/30 Tue  21:14
●AT-X 【浪川大輔のヤバい!たのしくなってきちゃった!】 #3 感想

『ヤバたの』3話の、ネタバレ視聴感想になります♪

●浪川大輔×4コマ漫画with宮野真守
テーマは『春』で、4コマ漫画の続き。
突然鏡を向けられ、今更ながらに自分の姿(顔)がヤバイ事に気付く浪川さん。
前回、ずっとそのヤバイままで放送されちゃってたけど…?(笑)
改めて帽子を直してみても、多少のヤバさは残すのが、浪川さんクオリティー!
で、早速Gペンで試し描きをしようとすると、すぐにインクをこぼす^^;
用意されていた髪型とかのテンプレートを使う気満々でいたら、宮野さんの「使わない!!」宣言に、浪川さんは「えっ!?(゚∀゚;)」
宮野さんは道具に頼らず、自分の力だけでやる気の男らしさ
ついでに、ちょっと邪魔な位置にいた浪川さんに、「退け!(-_-)」と一蹴。
もう刹那・A・セイエイ先生の方は、既に描く事に意識が集中しているから、ピンク帽子クソ眼鏡先生の話、あんま聞いてねーや(笑)
段取りをすっ飛ばしていきなり描き始めるという素早さに、浪川さんはア然。
取り敢えず浪川さんも、宮野さんの横顔をモデルにして描き始める事に…。
「イケメンだね~!シャープないいアゴしてるね~!」
「雑にイジるの、やめて貰っていいですか(-_-)「……(黙)
宮野さんにバッサリ切り捨てられ、浪川さんが押し黙った所で、次回へ。。。
●浪川大輔×店を持つ Part.3
会議室で、今後作るものの話し合い。
店長という立場なのに、何故か書記までやらされてる…^^;
オリジナリティーを出したいって言ってるのに、サンプルのロゴは丸パクリ(爆)
スタッフさん(?)が、浪川さんの言葉を逐一拾って突っ込んでくれるから、ヤバたの=カレーの匂い?…とか大分脱線して来ている気が…。
POP用の写真撮影も、何で扇風機が用意されてんだろ
店長が風を受けている写真に、一体どんな意味が…??
●浪川大輔×誕生会 Part.3(出演:山口さん・谷山さん・※関(智)さんは電話)
浪川さんが呼びたい人って事で、関智一さんに電話♪
1分もしない内から、「色んな女の子と遊んでるの?」的な話になり、ピー音連発!
関さんの下ネタも、相変わらずだな~^^
こっちには来られないけど、バイク便で今からプレゼントを贈ってくれるらしい。
まさか関さんからのプレゼントも、例のアレなのかな…?(※内容は次回に判明)
電話が終わったら、勝平さんの登場!
靴を脱いで傍に近付いて来た途端、勝平さんから抱き付きアタックをお見舞いされ、浪川さんフッ飛ばされる
でも37歳の腕に絡みつく47歳が可愛い
今から2人で買出しに行く事が決まると、浪川さんの靴が片方だけ、勝平さんに思いっきり廊下に投げ捨てられる
「お前、何してんの!?」by浪川さん(後輩) 「(笑)(笑)(笑)^^」by勝平さん(大先輩)
勝平さん、浪川さんで遊びすぎでしょ♪
コンビニに着くと、勝平さんがビールとかおつまみをカゴにガンガン投入!
妖しげな雑誌までも、堂々と投入。
当然それを全部自腹で買うのは、主役(?)である筈の浪川さん^^;
多分主役(??)なのに、この扱いの酷さ…
…買い物を済ませて元の部屋に戻ると、いつの間にか谷山さんがいる!?
しかも既に一人で飲んでるし!!主役いないのに…。
谷山さん、番組名を『浪川大輔のヤッパりDカップが好き!』とか言ってるよ(爆笑)
確かにそれも、決して間違いではない感じだけど。
ちなみにお約束のプレゼントは、当然2人ともガンプラ。
勝平さんからはもう一つ別のプレゼントが…って『フンドシ』!?!?
「……(黙)」「使うといいよ^^♪」
ベストFUNDOSHIST 2012を勝平さんが受賞したって、本当の話だった(゚ロ゚;)
貰ったからには、すぐにその場で浪川さんが試着。
何気にフンドシのエロさを気に入ったらしい(笑)
実は谷山さんからももう一つプレゼント…と見せ掛けて、中身は完全に宣伝用のCDじゃないかー!!(爆)
せめて平川さん辺りなら、ガンプラ以外にも何かまともなプレゼント、くれる??
●次回予告
宮野さんのマンガの出来が、超気になる~!
そして今度こそは、勝平さんと谷山さんのいる所に、諏訪部さんと平川さんも合流するっぽいかな!?
平川さんと浪川さんで色々と可笑しな状況になっているから、どうなる事やら♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/04/29 Mon  20:34
●DIABOLIK LOVERS コミック 【Sequel アヤト・ライト・スバル編】 感想

Sequelの後編、今回は忘れずにフラゲする事が出来ました♪
前回以上に話の流れを書きすぎて、ネタバレ全開状態になっています^^;
感想とは言えない、ただの内容バレでスミマセン
3人の前半の内容は、こちらにアップしています→Prequel

【スバル編】南條パピ子さん
登校中の車内で遊ばれるユイを助けたスバル。(そんなに怖い人じゃない…?)
→晩餐の時間。スバルを呼びに行ったら、棺桶の中に引き込まれ…!?
→「暴れるな。お前はここでオレと寝てろ」…無防備な可愛い寝顔。
→スバルを追って薔薇の所へ。嫌いな白薔薇。「オレにも薔薇にも近付くな!」
→『穢れる!』…破壊衝動。銀のナイフ。自分の不味い血。ユイに「吸わせろよ」
→(少しでもスバルくんを癒せますように。)「これ以上吸ったら止まらなくなる…」
→傷付いたスバルの手を握るユイを、抱き締めるスバル。(これは…何だ―?)
→地下牢のクリスタの絵。スバルが母親似と知る。帰り道で繋ぐ手は、優しい。
→窓からスバル(笑)いきなりベッドに押し付けられても、ユイは抵抗しない。
→「人間はただのエサだ。…けどお前は…、お前だけは…」
→その後、どこかへ行ってしまうスバルを追い掛けるが、引き止められない。
→以前に交わした約束を、ここで使うスバル。―キス。「…いい子で待ってろ」
→スバルの身を案じて、ユイは必死に祈る。
→無事に帰還したスバルが語る、白薔薇と呼ばれたクリスタの話。
→月下美人を狙う狂気を根絶やしに行くスバルへ、一緒に行きたいと願う。
→「これからオレと同じ永い時を生きろ。オレの傍でずっと。…愛してる」
→―オレはお前を、永遠に離さない―。

【ライト編】Caraweyさん
子供の頃の夢。コーデリアがライトの目の前で、他の男と…
→イケニエのハナヨメ。「イケニエに愛を捧げるバカがどこにいるんだ」
→翻弄される日々。湖で溺れたり、ライトの言う『あの人』の事が気になる…。
→外で手錠され、おまわりさんゴッコ(笑)ユイが逃げても、代わりは居る発言。
→「自惚れるなよ。自分が特別だって」…全て自分にして欲しいとユイは懇願。
→ライトに翻弄され続け、ユイの心は限界。手首にカミソリを…。
→突然現れたライトが「手伝ってあげるよ」って、ブシュッ!!(|||Д|||;)
→涙するユイに、一転して優しくなるライト。「愛してるよ…ユイ」…優しいキス。
→わざとだと分かっていても、逆らえない。むしろ嬉しいとさえ思ってしまい…。
→夢の中でユイを呼ぶコーデリアの声。『貴女はただの入れ物』
→傍で寝ていたライトに、「コーデリアって知ってる?」…豹変するライト。
→「憎くて憎くて愛しい、ボクの母親」と言われ、絶対身体を渡したくないと思う。
→段々とヴァンパイアに近付いて行くユイの身体。覚醒―。
→レイジから貰った薬物で、コーデリアに乗っ取られる前に、死を選ぶユイ!?
→「死にたいのなら、ボクの手で殺してあげるよ」死を与えるのは、愛の証…。
→他の男のモノだったから、コーデリアが欲しかったらしいライト。
→ライトの中で、コーデリアは既に死んだ。今もどこかで生きていたとしても。
→「本物の愛を手に入れたせいかな?ユイちゃんのおかげだよ」―永遠の愛を。

【アヤト編】須坂紫那さん
『一番じゃないアンタはいらない。用済みよ』…夢の中のコーデリア(&リヒター)。
→…最悪な夢から目覚め、料理中のユイを後ろからギュ~ッ
→子供っぽくて可愛いアヤトに、母親の事を聞いた途端不機嫌に…。
→気を取り直して料理の味見をさせてあげようとしたら、アヤト真っ赤になる^^
→恋でも愛でもないかも知れない、この関係。(それでも私は…。)
→夜、眠れないカナトが部屋に来る。何だか雰囲気が怖い
→ココアなんかより、ユイの血を求めて…!?頭を打ち、遠のく意識…。
→アヤトのお陰でカナトに吸血されなかったが、お仕置きで首を絞められる。
→「オマエはオレのもんなんだよ」…既に心はアヤトのものだと、気付かない。
→完全にアヤトのものになってしまった日から、一度も吸血されてなくて…。
→ユイの前に現れたリヒター。「コーデリア…」急に脈打つ心臓。
→リヒターを追い返し、久々の吸血。『アイツ』と同じ味…!?―『コーデリア』―。
→覚醒の時を待ち、リヒター再び。ヴァンパイアの長になる決意をするアヤト。
→リヒター&父親を倒し、ユイの血を得た新たな長が誕生。
→ユイのドレス姿を気に入るアヤト。2人だけの結婚式。
→「一生オレに、オレだけに血を捧げろよ」…幸せそうな表情のユイ。。。

前回はある程度省略して書いていたはずなんですが、今回は省略どころが分からなくて、どれもやたらと長くなってしまいました
アヤトとライトはゲームの方でも賛否両論が多そうなのですが、ラストはどれもユイが幸せそうに見えるEDを選ばれていて、良かったのではないかと…。
何だかライトの「ユイちゃん」呼び、絵で見てもかなり好きです^^
通常が「ビッチ」だから、余計に「ユイちゃん」が良い響きに聞こえるんだ(笑)
ちなみにユイは、同い年のアヤトと一緒にいる時に見せる表情が、一番可愛いと思うのですがどうでしょう?
アヤトも甘えている時は、メチャメチャ可愛いと思うんですけどね~♪
スバルはホント、良い意味でヴァンパイアだって事を忘れそうな勢い…!
一応年下だけど特に後半辺りは、もはや普通にカッコイイお兄さんでしょ

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/04/28 Sun  15:18
●AMNESIA ドラマCD 【ひとつ隣のアムネシア】 感想

感想を書かれている方が殆どいないようでしたので、書いてみました。
アニメ版のCDの事を大分ネタバレしていますので、ご注意下さい。

【01.平行世界の中間】
各世界のバランスが崩れて、人々に異変が起こってしまっているらしく、オリオンに平行世界の中間へ連れて来られた主人公。
崩れたバランスを元に戻すのを、一緒に手伝って欲しいって話に…。
失われたキューブを捜しに、5つの世界へ。。。
【02.ハートの世界?】
山荘に置いてあった国宝級の花瓶を割った犯人が、主人公じゃないかと疑われている場面にいきなり到着…^^;
真犯人を捜す為に、名探偵(?)シンが推理を開始。
カッコイイ雰囲気で推理している割に、ことごとくハズレているから…
しかし外しているって事を微塵も感じさせない堂々っぷりに、周りからは「解決出来たのはシンのお陰」って大絶賛の嵐??
結果的にはハズレ推理からでも真犯人を見付けられたし、実際あまりシンの功績じゃないのに、本人も何故か満更でもない様子(笑)
キューブの影響によって、シンを中心にみんなの脳内も若干おかしな事になっていたという、微妙に残念な世界に変わっていたようだった…。
【03.スペードの世界?】
着いた途端、イッキのファンクラブ(?)の女の子たちが、「キャーキャー」言いながら主人公の元へ、ドドドドド…!!!
助けてくれたイッキが、『君の体質だと…』って妙な事言ってる^^;
リカのお店に入ると、協力的なリカにお礼を言うイッキ。
「あなたにお礼を言われる理由はありませんわ(-_-)私はこの子の為にしているのですから
ちょっ…!?イッキには冷たく、主人公には超優しいリカが新鮮~!!
イッキの体質を丸々受け継ぎ、イッキと主人公の立場が逆転している世界…!?
リカの、主人公愛から来るイッキへの嫉妬が、何とも笑える^^
逆にリカの中ではどうでもいい存在になってるイッキが、不憫でしょうがない
主人公の為ならば、リカは死ねる勢いなくらいに心酔しているっぽい。
この世界でイッキが調子に乗ったら、リカに刺されるんじゃないか…?
キューブは、イッキのお願いを聞いてあげたらくれた。
「僕の目を、正面からジッと見つめて欲しい…」
甘いシーンも、主人公ファンの女の子たちに、すぐ邪魔されちゃったけど^^;
【04.クローバーの世界?】
この世界では、主人公とケントが恋人同士。
冥土の羊の控え室で、ケントに対するサワの評価が、「いいよね~、あ~ゆう女心を分かってそうな人が彼氏でさ~^^」
…えぇー!?ケント、真逆じゃん!?
しかもイッキがケントに、女の子を喜ばせる言葉を教えて貰おうとしてるし!!(爆)
主人公に話しかけるケントは、優しい声でノロケ捲くり…!?
女の子の扱いが得意な順→ケント>>イッキ…になってるわ
それでもケント自身は、主人公相手に何一つ気の利いた台詞を言ってあげる事が出来ていない、不甲斐ない自分…と思ってる。
さっきサラッとメッチャ褒め捲くってたけど??
ケントの発言を聞いたイッキの「えぇ~……(¬_¬)」が、白けててウケる(笑)
基本的には元の性格のままなのに、ケントとイッキの一部分だけが入れ替わっている感じなんだよな…^^;
キューブは簡単に手に入った。
すぐに次の世界へ行かなきゃいけない主人公を、お茶に誘うケント。
今は時間がないので、断ってしまった時のケントの落ち込みよう…(ToT)
分かりやすく激しく落ち込んでくれるので、主人公とオリオンは罪悪感で一杯
聴いているこっちも、何だかケントが可哀想になった…。
【05.ダイヤの世界?】
ここで出会ったトーマは至って普段通りに優しく、主人公との関係も兄と妹って感じで、特におかしな所は…ない?
シンも含めて、仲良し3兄弟って感じ♪
トーマの事を、兄として慕い捲くりなシン…?
一見ほのぼのと進んで行くストーリーだったけど、イッキとケントがここに現れた瞬間から、色々とおかしな方向に(|||_|||;)
シンがイッキやケントとも、やたら仲が良さそうで…??
この2人とも凄く交流があり、シンの事を弟のように大事に思っているらしい。
古い付き合いって訳でもないのに、4人が大分仲良しな事に疑問を持つサワ。
「イッキさんもケントさんも、俺の『弟』みたいなものだよ♪」byトーマ
「^^(ニコッ)」byイッキ 「^^(ニコッ)」byケント
…はい!?!?(゚∀゚)年上の弟を2人も手に入れちゃったトーマ!?(爆笑)
トーマの『兄』属性、どんだけだよ
イッキもケントも、結構嬉しそうに受け入れているというこの事実…。
この世界、主人公も含めた5人が兄弟並みの仲良し設定…というか、むしろ本当に兄弟ごっこやっているっぽいな
トーマお兄ちゃん、恐るべし(|||Д|||;)
オリオン曰く、『一番マズイ事になっている世界』だった…orz
【06.ジョーカーの世界?】
別の意味で怖いダイヤの世界から、逃げるようにやって来た5つ目の世界。
主人公が早々に車に轢かれそうになったりと、相変わらず危険だな…ここ
そしてウキョウとは、中々会えない擦れ違い状態。
いや、実際CDだと頻繁に会っている気もするけど、すぐに邪魔が入ってウキョウがいなくなっちゃうって事の繰り返し…。
だから会う度にウキョウの感動っぷりが半端ない^^
2人が会う事を、世界が邪魔しているって事なのかな?
主人公を見付けると、あの格好で遠くから全力疾走して来てくれ、お陰で息切れが酷くてまともに会話出来ていない…(笑)
軽く呼吸困難に陥っているウキョウ、笑っちゃ悪いけど面白すぎた^^
…でも、2人が気を抜くと主人公が死んじゃう世界…orz
『気を抜かなければ死なない』って、明るく前向きなウキョウが泣ける。
やっぱりウキョウはイレギュラー的な存在であり、他の4人とは違って主人公がここに来た理由を知っていた。
ウキョウだけは何も変わっていない本来のウキョウだったから、最後は妙に切ない別れになったような気がする…><
まぁ主人公がどの結末を望んだのかは分からず、お約束なラストだったけど。

ちなみに1つ言いたいのは、ダイヤの世界のアムネシア一家(※兄:トーマ)に、ウキョウも『弟』として入れてあげればいいと思う♪
クラウドの限定版CDといいDVDの特典CDといい、最近のアムネシアでは『違うキャラ設定』が流行っているのかな??

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/04/27 Sat  00:39
●PSP 華ヤカ哉、我ガ一族 【黄昏ポウラスタ】 店舗特典情報♪

黄昏ポウラスタのゲームの特典が、いつの間にか全部公開されていました^^;
全くチェックしていなかったので、大分前の情報でしたらスミマセン

【PSP 華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ】7/11日発売
アニメイト特典CD…『当タラヌ歌留多』(正・勇・博)
↑当てモノ歌留多をする事に。ただ一人だけ、何故か全く当てられない…。
アニメイト限定版特典…描き下ろしデジパック仕様CDケース※ケースのみ
アニメイトオンラインショップ特典…ブロマイド(全員)

いまじん特典CD1…『決死ノ雪合戦、頭脳篇』(進・博・雅・守)
↑戦いは戦う前から始まっている…。そう考えた雅は勇達を罠にはめて行く。
いまじん特典CD2…『願イハ叶ウカモ』(勇・雅・守)
↑不思議なお香を入手した勇、早速試してみると、そこは夢のような夢の世界だった…。

ステラワース特典CD…『良薬臭イ凄シ粥』(茂・進・雅)
↑風邪を引いた茂の為、進と雅が薬草を使った特製お粥を制作する。
ステラセット特典CD…『録りおろしボイスCD』(正・勇・喜助)
ステラセット特典…小冊子+早期予約特典ブロマイド

ソフマップ特典CD…『決死ノ雪合戦、根性篇』(正・勇・茂・守)
↑気合と根性で雪合戦をしようとするが、それだけで勝てる相手ではない…。

あみあみ特典…図書カード(勇)
アリスNET特典…マイクロファイバークロス(全員)
セブンネットショッピング特典…ポストカード2枚(進・博)
コミコミ特典…図書カード(雅)
ネオウィング特典…2Lサイズポートレート3枚(正・茂・守)

アニメイト限定版がケースだけなんて…orz
折角だから、全員出演のCDが付けば良かったのに。
逆にいまじん特典CDが2枚ってのは、珍しいですね~!
どのCDも、いつも以上にドタバタな内容になっていそう♪
ちなみに歌留多で全く当てられないのって、誰だろう…。
普通に考えると博っぽいですが、正と勇も不運そうで、十分に考えられる(笑)

2013/04/26 Fri  19:59
●SEVENTH HEAVEN vol.1 【アキラ】 感想

シチュエーションCD+ダミーヘッド官能ソングという事で、買ってみました♪
世間でどれくらい注目されているのかは分かりませんが、いつもよりサラッと短めの感想&内容を書いてみたいと思います。

歌声に昇天させる力があり、心から死を望む者に死の苦しみを凌駕する快楽を与え、あの世へ逝かせる事が出来るのが『SEVENTH HEAVEN』。
主人公が(恋に破れて?)身投げしようとしている所で出会ったアキラ。
当然だけどそう簡単に魂を昇天させてくれる訳もなく、暇潰しとして次の満月の夜まで「俺を楽しませろ」な展開。
アキラと出会ってしまった以上、アキラの歌声で昇天しないと、この地に留まる亡者になってしまうらしい…
『執事』と死神の顔を持つ…って設定のようだけど、最初は結構オレ様な感じでガンガン命令してくるので、主人公の方が普通に世話係みたいな…^^;
主人公の事は、『ドブネズミ』呼び(笑)
まぁ実際には、結局1~2回しか呼んでなかったと思うけど…。
そして凄い意味深に自分の部屋へ呼び、たっぷり耳元で囁いて勘違いをさせておきながら、ポーカーを始めるオチャメさん♪
自信満々に勝負を挑んで来た割に、主人公にボロ負けしてスネる可愛さも^^
また、最初は主人公の優しさに裏があると思っていて、紅茶にワライタケが仕込まれているんだろう!?とかいう疑い方が、微妙にズレてて笑える。
おまけにアキラの味覚や感覚は既に失われているのに、紅茶には1滴のミルクと角砂糖10コ(!?)は絶対で、加えて猫舌というオプション付き。
…あれ?お子様??(笑)
主人公で遊んでるように見えて、逆にアキラの方が遊ばれてる感も少しある。
シオンには変な知識を植え付けられたりで、色々と騙されているっぽい^^;
「い・や・だっ!!(`Д´)」byアキラ
見た目に反して、やっぱり結構お子様だ!
途中で急に、主人公へ低音ボイスな強引攻めをしていると思ったら、ニセ者
アキラVSアキラ(ニセ者)が終わった辺りから、何だか大分優しく…?
約束の満月の頃には、既に主人公にメロメロと思われる^^
最後に人間の温もりを知ったアキラ…。
魂を送る為に歌ってくれた『Love Delight』は、凄く綺麗な曲…!!
合間の台詞だけでなく、歌声も左右から聴こえて来るので、主人公を抱きしめたまま耳元で優しく歌っているようなイメージ。
『官能』っていう部分においては、歌詞がそれっぽい言葉にも受け取れるというだけで、曲調はレクイエムのような美しさだったのではないかと…
主人公は歌で本当に逝ってしまうので、残されたアキラは得た苦しみを忘れないよう胸に刻み込み、この先の永遠を生きて行く…って感じで終わり。

シチュエーション…というか物語自体にとても曲の雰囲気が合っていて、見事に融合していたと思います!
野島さんの低音な囁きや綺麗な歌声も、色々と堪能出来ました♪
…それにしてもアキラ、『完全無敗な冷酷王子』って割には、結構早い段階でただの可愛いツンデレ王子(?)になっていたような…?(笑)

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/04/25 Thu  19:04
●PSP 【神々の悪戯】 店舗特典CDの内容が決まりました♪

各店舗特典ドラマCDのキャストが、全て決まったようです。

【PSP 神々の悪戯】10/24日発売
アニメイト限定版特典CD…キャスト8名全て出演
アニメイト特典CD…「アポロン&ハデス ver.1」(入野さん・小野さん)
ソフマップ特典CD…「アポロン&ハデス ver.2」(入野さん・小野さん)

ステラワース特典CD…「バルドル&ロキ ver.1」(神谷さん・細谷さん)
ブロッコリー(BOS)特典CD…「バルドル&ロキ ver.2」(神谷さん・細谷さん)

いまじん特典CD…「月人&尊 ver.1」(上村さん・豊永さん)
メディアランド/コミコミ/アリスNET特典CD…「月人&尊 ver.2」(上村さん・豊永さん)

HMV ONLINE/エルパカ特典CD…「アヌビス&トト ver.1」(梶さん・森川さん)
WonderGOO特典CD…「アヌビス&トト ver.2」(梶さん・森川さん)

うたプリと同じく8店舗^^;
そしてやっぱり、6月からのキャラソンと同じ組み合わせか…。
キャラソンの方も、間違いなく4店舗くらいで連動特典CDがありそうな予感。
…まぁそれより気になるのが、アヌビスって「カ~!バラバラ!(ありがとう)」とか、心の声(?)も音声ありなんですよね…??
じゃないと、CDだと何言ってるのか分からないし
代わりにトトが全部訳していたら、笑っちゃうけど(笑)

2013/04/24 Wed  21:29
●DIABOLIK LOVERS ドS吸血CD MORE,BLOOD Vol.01 【アヤト】 感想

ディアラバの新作CD『モアブラッド』、アヤトのを買って来ました~♪
早速ネタバレ感想を書いてみたいと思います。
いつも以上に、意味不明になっているかも知れませんが…

【01】牢獄の中、囚われの身
気付いたら牢獄の中で、主人公と鎖で繋がれボロボロのアヤト。
1人で最初からゼーハーしているので、ちょっとセクシーかも
何でこんな状況になったのか思い出してみると、主人公を襲うアヤトを更に襲ったらしい犯人(笑)
誰だか分からないけど4人くらいいたって、もしやルキ兄さんたちなんじゃ…。
4人で寄ってたかって、アヤトをフルボッコにしちゃったとか??
【02】穢れた身体
主人公に「何もされなかったのか?」と聞いても、返事がない。
曖昧な主人公に、アヤトの拳が…床にドスッ!!
「あ゛ぁ!?」とか「オ゛ラッ!!」とか、アヤトがいつも以上にガラが悪くて素敵♪
ハッキリ答えず、怒ったアヤトに酷くされるのがお望みなんだと勘違いされ、『ド変態女』呼ばわり^^;
【03】吸い殺してやる
お望み通り(?)、手荒な感じで服をビリビリ。
基本的にはアヤトずっと怒ってるのに、心底笑っていない笑い声も多いな(笑)
そして痛みや渇きから来る、荒い呼吸も…。
アヤトが主人公から、複数の同族の匂いを感じ取っているから、マジで主人公は吸われちゃった後なの…?
他のヤツらの匂いがする主人公には興味ないとかで、極限の状態でガマン。
それに今の飢えたアヤトに吸われると、主人公が死ぬ可能性もあるらしい
全てを分かった上で、それでも主人公は「吸え」と…。
けな気な主人公に益々イライラしたアヤトは、「どっか消えろ
消えたくても鎖があるけどな…(-_-;)
「お前の足、ブッた切ってやろうか?」
足ブッた切る力あるなら、鎖の方を何とかしてあげて…orz
ついに主人公の偽善的な態度にキレ、吸血に突入。。。
【04】渇いた喉
何故か切なげな音楽が流れる中、ガッツリ吸血
どうやら犯人たちが主人公の体に何かを仕込んだようで、いくら吸ってもアヤトの渇きが満たされない…?
何を仕込まれたのか答えない主人公に、キスをしても口を割らなかったので、鎖で首をジワジワと絞めたり
【05】首輪
主人公が無言を貫くので、アヤトの首絞め吸血プレイもエスカレート(|||_|||;)
肩が穴だらけになるほど吸血されてても、主人公は気持ち良いどころか、苦しさMAX一歩手前だと思う
…なのに、『甘い血』になってるの??
【06】嫉妬
やっと鎖を緩めてくれたものの、主人公の「嫉妬している」発言に再びご立腹。
あくまで主人公は『餌』である事を強調。
そして主人公の方も自分に惚れているのではなく、自分の『牙』が好きなんだと解釈しているアヤト。
少なくともアヤトの方は、主人公は自分(アヤト)自身に惚れているって思っているのかと思ってたけど、違った…??
お互いに本人の事なんて見ていませんよって、アヤトは言いたそうだし…。
でもアヤトは、いつも言葉と態度が裏腹な感じもするけど^^
【07】知りつくされた身体
この状況でアヤトにキスを求める主人公は、やっぱ凄いな(笑)
更にねだる主人公、正にツワモノすぎる
ちょっと不味い血になり掛けていたので、甘い血にする為にアヤトも応える♪
だけどさっきから、吸血しても相変わらず満たされないアヤトの体。
【08】喉が焼けるくらいの
また急激に増す喉の渇き…。
どうやらアヤトの方も、犯人たちに一服盛られているっぽい^^;
もうどこの血も吸い飽きたからって、目に付けたのが足の血。
鎖が邪魔で届かないからって、何故か主人公の足を捻じ切る展開にー!?
「今更足の1本や2本、どーって事ねぇーっての」
自分の足に対してならまだしも、他人の足にその台詞はおかしいだろ…orz
さっきのブッた切る宣言、ここに来てまさかの実行!?
【09】痛みの中で
切る前提で話が進んでるから、痛みを感じさせないよう、優しく優しく…。
歩けなくなったら、アヤトが主人公の足の代わりをやってくれるようだけど
まぁ結局そんな力もなくなって来たので、足切りは当然断念^^;
代わりに最後に目を付けたのは、心臓からの吸血。
これは相当ヤバウマらしく、もう容赦ないガッツキ具合!!ゴキュゴキュ
しかしここから出る為にはどうしても鎖を外さないといけなくて、痛みを感じないほどに気持ちよくしてやるから…みたいな流れになってるよー!?
ア、アヤト本気の吸血…からの、鎖が外れた音…??
【10】極限の吸愛(デスエクスタシー)
…最初は力を取り戻して鎖を切ったのかと思いきや、も…ももももももしかして快楽を与えながらの内に、本当に主人公の足切っちゃった…!?!?(|||Д|||;)
足の具合を聞いてるし、アヤトの台詞からして、明らかにそうとしか…
マジでやっちゃったの!?ウソォー??
この後もアヤトが傷口の血を舐めたりしていると、主人公は途中で失神…。
起こそうとして頬を軽く叩くけど、いやいや…ここは寝かせてあげてー!!><
吸血し捲くって、起こさないで~
僅かに意識を取り戻した主人公がキスを求めて来るとか、妙に切ない…(ToT)
まさか2人が罠に嵌った結果、主人公に若干死亡フラグが立つとは
『デスエクスタシー』って、本当の意味でも死に直面しかかってる気が…
もっと気軽な意味での、『死ぬほどの快楽』って事じゃなかったのか…orz
何かもうバックで流れている音楽といい、2人ともここで死んでもいいような雰囲気で終わっちゃったよ…。

今回はCDを少しずつ聴きながら感想を書いていたので、トラック9の感想が書き終わるまで、結末を知りませんでした^^;
最初【10】を聴いた時、「えっ!?何??」ってよく分からなかったのですが、私の勘違いでなければ壮絶なラストだったような気がして、とても驚いたというか
ただ正直トラック10を何度か聴いていると、最初に受けた「……(|||Д|||;)」な印象とは段々違ってくるのが、不思議…。
残りのキャラ…というか逆巻家の方は、みんなこういう路線だったり?
なんと言うか、主人公に対してやたら切なくなったのは初めてです…(。_ _)

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
【ディアラバの全感想一覧】
当サイトでの人気投票などの結果→【投票結果・途中経過 一覧】

2013/04/23 Tue  23:24
●AMNESIA Blu-ray/DVD 2巻 特典ドラマCD 【アムネシア異世界旅行案内所~シン編】 感想

AMNESIAの2巻をフラゲしました~!
特典CDがミニドラマって書いてあっても、シンが一人で喋っているだけなんだろうと思っていたのですが…。
オリオンと主人公との掛け合いがあり、ちょっと笑えて甘い部分もあるミニドラマに仕上がっていました♪
以下、ネタバレ感想になります。

シンが目覚めたらパラレルの中間の世界で、「初めまして、ボクはオリオン。精霊だよ♪」「…はぁ??」から始まる(笑)
自称精霊さんに変な所へ招待され、シンが見てみたいもしも(?)の世界を見せてあげるよ!!って話。
突如現れた精霊を信じられる訳もなく、夢オチで終わらせようとするシン^^;
オリオンの必死の呼びかけや、オイシイ話にも興味なし。
…の筈だったんだけど、主人公が年下でシンの事を『お兄ちゃん』って呼んでいる世界…の例え話に、ピクッ!?
…がはっ!?(゚ロ゚;)なん…だと…!?」
すんごい勢いで、シンが覚醒したっぽい(爆)
別の世界の主人公…ってだけじゃ反応しなかったのに、『年下の主人公』には超絶反応って感じで^^
これは物凄く見たかったようで、早速あっちの世界へGO→!!

…ここでのシンは、スーツ姿な会社員
丁度、向こうから走って来る主人公…。
「シンお兄ちゃん!」「ぶほーッ!? ゚ ゚(ロ ;)」「おはよう^^」
高校生設定な主人公の声が、ちょっと幼くて可愛い
制服姿で言われる台詞に、シンの動揺が半端ないから。
あまりに可愛すぎて耐えられなかったようで、即座にオリオンの元へ帰還
シン曰く、主人公が制服姿で『お兄ちゃん』って言うのは、最早犯罪らしい(笑)
トーマだったらこんな状況は普通に有り得る事だと指摘され、「トーマなんか羨ましくない…!!×2」って必死に自分に言い聞かせるくらいだから、シンは相当羨ましかったんだと思われる^^
一旦は逃げ帰って来てしまったシンも、オリオンの言葉に乗せられ、年下主人公の元へ舞い戻り~♪
今度はシンの自宅に飛ばされたみたいで、再びやって来た主人公は、バレンタインのチョコを持って来たって所。
『お兄ちゃん』呼びには多少慣れたっぽいが、制服姿には全然慣れない様子。
さっさとチョコを貰って、「これ、本命?」「うん…そうだよ」
…主人公、サラッと返事したー!?
シンも大事な場面だったのではないかと気付き、内心で焦り捲くり
一人で自問自答をしていると、何だか主人公の方が若干積極的だったり…!?
どっちかというと自分の方が迫られている状況になり、シンが盛大な溜め息
年上ってだけで『男』として認識されている事に、年下の自分が今までにして来た苦労は、一体何だったんだ…orz…って事で^^;
主人公の答えを待たず、何故か突然キスをしちゃう、大分強引なシン兄さん♪
ところがこの世界の本当のシンは、主人公が高校を卒業するまでは『妹扱いをする』宣言をした、全てガマンの人だったという事が発覚
キスも自分からお預け状態にしておきながら、もう一人の自分がそれをあっさり破ってしまったという事態に、シンも主人公もビックリ!?
「もしかして私、もっと近付いてもいいのかな…?」
…年下主人公、控え目な言葉だけど、ホント可愛い迫り具合^^
色々な意味でヤバくなって来たので、「やっぱダメだ」と慌てて否定をしながら、問答無用で主人公を帰しちゃうシン…。
年上には年上なりの苦労がある事を悟り、『年下幼なじみ』っていう本来の自分の立場も、悪いものではないのかも…と実感するシンであった(笑)

ただ甘いだけじゃない…というか、どっちかと言うと笑える内容だったので、残りの4人はどんな主人公と出会うのか楽しみです♪
シン、ナイス動揺っぷり!!

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


2013-03- <<         ホーム         >> Next >> 2013-05-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。