ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/08/08 Fri  18:41
●AMNESIA World キャラクターCD 【イッキ&ケント】 感想

発売から2日経ってしまいましたが、アムネシアワールドのキャラクターCD感想になります♪
ネタバレしていますのでご注意下さい。
メインはミニドラマの感想です。

【lonely starlight/イッキ】
結構切ない系なのに、意外と激しいメロディ!
前回の『永遠のNightscape』の歌詞は、主人公に凄い救われた感で満ち溢れていましたが、今回は若干孤独に逆戻りしているような…??^^;
イッキの弱さが前面に出ている感じもありますが、曲調的には全曲の中で一番カッコイイかも知れません♪

【report/ケント】
アムネシアのゲーム内のBGMにぴったりな雰囲気ですが、これをバラードとして仕上げたら、凄くイイ曲になりそうなので勿体ない…!
語りの内容は、タイトルが「report」っていうだけあって、感情についての研究&調査報告みたいな事ですかね?(笑)
主人公の側にいると、動悸が激しくなったり体温が上昇する理由はまだ分からないけど、分からなくても幸せだという事だけは分かっているんだと思います^^

【ミニドラマ すーぱーひーろーずわーるど その2】
みんながそれぞれ、特殊な能力を持っている…という世界でのお話。。。

イッキとケントと主人公で恋愛映画を観に行く予定だったのに、時間になっても主人公が来ないという状況。
そしたら、ミネとサワに連行されているような主人公を見掛けたので、2人の後をつけてみる事に…。
例の秘密結社へ着くと、特殊能力を持ったサワ&ミネに足止めされるんだけど、ミネの「メロメロになぁ~れが可愛すぎる^^
しかもイッキと同じで、異性を魅了する能力っていう…。
これであのケントがメロメロになってくれるのかと思いきや、やっぱりそんな事はなかったか
女の子にメロメロになってるケントを、ちょっと見てみたかったな(笑)
結局ミネの能力が失敗に終わったので、今度はサワの能力で、相手の苦手なモノを召喚してみる事に。
…けど何度やっても何も出てこないので、実はもう出てるんじゃない?っていう方向に話が…?
モノじゃなくて、イッキはケントの事が、ケントはイッキの事が本当は苦手なんじゃないかという極論に辿り着く^^;
「な…何言ってるのかな僕がケンの事、苦手な筈ないじゃない(@_@;)」
何故そんなに焦ってるんだろ…イッキは(笑)
ケントにもバレバレの動揺っぷりなんだが
「そんな事ないよ!!僕たちは親友。そうだよね?ケン?」
「………」byケント
こっちはまさかの沈黙…。
少し考えてから、『ナルシストなところが苦手』とか言い出しちゃった^^;
今更すぎる発言に、イッキもケントの『薀蓄が苦手』だって、段々暴露大会になってるような気が
イッキの言い方がムキになってる子供みたいな感じで、ちょっと可愛かったけど♪
あと、イッキの壁ドンに憧れてる(?)ケントがウケる!
自分は主人公との身長差で上手く出来ないからって、悩んでいたのか…。
妙な話の流れになって、2人の友情に亀裂が入りながらも、助っ人に来たワカさんを軽く撃退して、次のステージへ。。。
というかケント、鬼軍曹のワカさん相手に、「聞こえなかったか…?後にしてくれ、と言ったのだが?(・言・)
…それ以上の凄みで返してた(笑)

今度は上の階へ行ってみると、一応ボスのルカが登場。
最初は侵入者2名に怒っていたのに、イッキを見た途端、態度が一変??
「きっ…君!!全てパーフェクトだよ…!!
天然の美しさを持ったイッキと出会えて、ルカさんのテンションMAX
イッキと主人公のコラボをイメージして、一人で大盛り上がり中♪
逆にケントに対しては、「メガネくん、君を見ても創作意欲が湧かないんだ。ゴメンよ^^;」って、ヒドッ
とは言っても、イッキと比べて同情するだけじゃ可哀想だからって、ケントを華麗に変身させてあげようとする、はた迷惑なルカ。
「レッツ、メタモルフォーゼッ!!」により、ルカもイッキも大絶賛の、メガネなしキラキラ美青年ケントの出来上がり
メガネしてなくても、ケントの事を相変わらず『メガネくん』呼びなのは笑えるけど
そのケントがメガネを返せって言ってるのに、美の為に絶対返そうとしなかったから、お怒りの雷がルカに直撃
「ッギャーーッ!?!?(死)」
そして主人公を助け出し、一方のルカの方は、モデルにしたかった主人公とイッキを手に入れられず、メソメソしながらブツブツ…^^;
「何か言ったか?(ギラリ)」いっ、いえ…何でもないです
最初はメガネくん扱いだったのに、最終的にはルカに敬語を使われてるし、ワカさん相手でも威圧感半端なかったから、怒らせると一番怖いのは、間違いなくケントさん…って事でOK?(笑)
…ちなみに、この世界でのケントの特殊能力は、『長話を聞かせると相手が眠ってしまう』っていう、ケントらしい能力だった

【シチュエーションボイス「仲直り」/イッキ】
主人公と一緒にいる時に、(理由があって)イッキが他の女の子の事をチラチラ見ていたら、主人公が怒ってしまい…?
ちゃんと誤解を解いた後のイッキは、終始声に息が多め><
「だ~めっ」※囁き

【シチュエーションボイス「仲直り」/ケント】
ケントが2人の記念のお皿を割ってしまい、落ち込む主人公…。
仲直りの時は、お互いに何よりも相手の事が大事だと思ってて、微笑ましい^^
そもそも、主人公より早起きしてコッソリ朝食を作っていたとか、嬉しいシチュエーション♪

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014/07/02 Wed  11:47
●AMNESIA World キャラクターCD 【シン&トーマ】 感想

昨日フラゲしたアムネシアワールドの、キャラCDのネタバレ感想になります♪
…が、殆どミニドラマの感想しか書いていません^^;

【calling me/シン】
切ない雰囲気のしっとりバラード。
一途なシンの気持ちが、しっかり表現されている歌詞。
後半の歌い方が特に優しすぎて、凄くイイです♪

【sincerity/トーマ】
シンとは真逆の、アップテンポな超爽やかメロディ
歌詞にも一片の曇りなし!
日野さんの爽やかで高めの歌声が、好きすぎます^^

【ミニドラマ すーぱーひーろーずわーるど その1】
みんながそれぞれ、特殊な能力を持っている…という世界でのお話。。。

シンと待ち合わせをしていたトーマが、主人公が攫われたって大騒ぎ。
残された書き置きに記されていた場所、『秘密結社 裏・冥土の羊』って所へ行ってみると、 「あ~ら可愛らしい男の子私の好みだわ~
オネエ全開のワカさんがいたー!!(爆笑)
これを見て、主人公の救出をトーマに丸投げしようとしているシン^^;
そのトーマの方は、ワカさんを『男』認識して、『乙女』だって怒られてるし
2人とも乙女なワカさんの扱いが雑なので、早速特殊能力ってヤツで、アッチの仲間(オネエ?)にされそうになってるんだけど…!
嫌だから必死で能力をかわしている内に、私の事が好きなんじゃないかって、何故か迷惑な勘違いをし始めたワカさん…、逆にトーマからフルボッコ予定(笑)
「私の為に、争わないで~とか言ってる場合じゃないよ
まぁ…ワカさんの事は、トーマが殺る前にシンが適当に撃退して、秘密結社のボスであるルカとご対面した2人。
プラス、お兄様が心配で一緒に来ちゃったリカ^^;
麗しい(暑苦しい)兄妹愛を披露してくれた後で、主人公を攫った理由が発覚。
妹の親友探しの為だけに、軽く人攫いをしていたダメ兄・ルカ(笑)
過保護すぎるという点で、ルカと同等扱いにされちゃったトーマは、勝手に大ダメージを食らってて笑った^^
とっとと片を付けたいシンの方は、リカの特殊能力『ゴスロリ・メイクアップ術』に一部やられてしまい、睫毛バッサバサの目元に変えられて、ズオ~ン|||||| orz
「俺…メインキャラなのに、これからメディアに顔出せなくなる…!!(T_T)」byシン
本来の目以上に、パッチリでクッキリな目になっているらしい
シンはショックで、体育座り中(笑)
そんな中途半端な美しさではなく、完璧な美を目指したいルカ・リカ兄妹は、シンに追い打ちをかけるように「レッツ、メタモルフォ~ゼッ!!
…あっという間に、金髪縦ロールでゴテゴテのドレスを着た、超パッチリ目のシンが出来上がり…!?
スケッチした通りに相手を変身させるっていうルカの能力で、多分アントワネット様風に仕上がってるんだと思われるシン
もう主人公とは恋愛出来ないような見た目になってしまい、シンはドン底の再起不能寸前に…^^;
今度は、漆黒の仮面騎士に変身させられそうになったトーマが、このままだと好き放題やられちゃうので、リカに向かっていきなり謎のウィンク攻撃を…??
「いい子だから、俺の言う事聞いてくれるよな…?
…!!!もちろんですわ、トーマお兄様
一見トーマがイッキみたいな事をしてるけど、ウィンクした相手の兄貴分になって、言いなりにする能力って…!
トーマは如何なる場合でも、全力で『兄』願望強すぎっ(笑)
お陰で、さっきまであんなに仲良しだったのに、リカからアッサリ他人扱いされてる可哀想なルカ
トーマの言いなりになってるリカに、本気でコートのモフモフをむしられそうになって、ヒィ~><
「今度アイツに何かしたら、…これくらいじゃ済まないぞ…?(・言・)」byトーマ
一瞬素に戻ったトーマと、鬼のような元(?)妹のリカに脅され、ルカさん涙目の土下座状態(笑)
攫った主人公の解放を約束し、泣く泣く撤退するのだった…。
「むしりますわよ!?」byリカ

【シチュエーションボイス「仲直り」/シン】
主人公が作ってくれたロールケーキを食べさせてあげ、絶対にワザと口の周りや胸元にチョコクリームを付けて、色々と確信犯っぽいシン^^
胸元の方のクリームも、後で舐める気満々?

【シチュエーションボイス「仲直り」/トーマ】
トーマの為に作ったパスタに、辛いソースを掛ける掛けないでちょっと揉めた後、主人公の手に付いたソースを舐めるっていう、辛いのに甘い展開でした♪

↓もし今回の記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2014/05/22 Thu  19:59
●Vita AMNESIA World 特典CD 【劇団『冥土の羊』入団テスト】 感想

相変わらず本体はまだ買ってないので、CDだけのネタバレ感想です♪

演劇に興味を持ったシンが、劇団『冥土の羊』の入団テストを受けに来ると…。
一番偉い感じの人がケントって時点で、この劇団が危うく思えるのは、気のせいだろうか?(笑)
確か他のCDで、物凄い棒読み演技をしていたから
そのケントとトーマと一緒に、テストとして寸劇をやる事になったシン。
まずは『熱血教師と不良学生』という題材で、2人が見本を見せてくれるんだけど、意外にもケントの方が不良役^^;
不良なのに一人称は『私』だし、どう考えても教師より頭の良さそうな事を言ってる気がするのだが…。
「君は一体何様のつもりなんだ!?」「お前の兄のつもりだえ゛ぇー!?(゚ロ゚;)」
…ケントのビックリ演技が結構熱くて笑った^^
しかも今回は、全然棒読みじゃないし(笑)

次は本番で、シンも交えての時代劇モノ。
武士だろうが教師だろうが、いつだって誰かのになりたがるトーマは健在。
けどこの寸劇、そもそも設定が色々と酷い
ケントの主→ウキョウ…一夫多妻制反対派
シンとトーマの主→イッキ…一夫多妻制賛成
ケントから送りつけられた数学パズルが解けなくて、引き篭もる主…イッキ。
だからって、憎きケントを闇討ちに来たシンとトーマって…^^;
さすがにそれで闇討ちまでするとか、あまりにも理由が弱すぎるので、シンがアドリブで別の設定を追加。
そしたら大事な幼馴染みの命を奪ったのが、急遽ケントって事になった
「アイツが…!ケントさんのせいで…!?(・言・)ギラリ」byトーマ
主人公の事が絡むと、演技だというのを忘れて、明らかにトーマから殺気
ケントも少し気を抜いたら、テスト中に殺られるんじゃないかと思う程の…
終了の合図があと1分遅かったら、どうやら確実に仕留められていたっぽい(笑)
これは一応シンの入団テストだったはずなのに、約1名が本気で熱くなっちゃってたような…?
その影で、冷静なツッコミをしていたシン。
貴重なツッコミ要員として、見事合格。
…したのはいいけど、今度の公演内容が『女性をたぶらかす邪悪な魔法使いに立ち向かう勇者』の話だと知って、入団した直後に後悔するシンだった
「何だろ…。入団早まった感が、スゲーする…(|||_|||;)」byシン
何だろ…、私としてはその場にいないイッキの扱いが、若干酷い事になってるなって思ってしまった(笑)

↓もし今回の記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/12/18 Wed  18:54
●AMNESIA CROWD ドラマCD 【執事とお嬢様】 感想

クラウドの新作ドラマCD、『執事とお嬢様』の感想になります。
長文でネタバレ全開ですので、ご注意を…

【01.プロローグ】
商店街の抽選会で、ホテルのスイートルーム1泊宿泊券を手に入れた主人公。
【02.お帰りなさいませ、お嬢様】
部屋の扉を開けると、「お帰りなさいませ、お嬢様」って言うシンの姿が…。
冥土の羊スタッフが今日のおもてなしに協力しているという事で、中にはいつもの5人が待っていた。
お互いにビックリしながらも、ちゃんと執事になりきっているのに、ケントだけはやっぱり普段のケント口調^^;
イッキからコツを教えてもらったら、嫌味っぽい執事が出来上がってて笑った
ウキョウも飛び入り参加(?)していて、主人公相手に執事として振舞ってみるが、所々で「俺に近付かないで」「背中を見せないで」って、もはや執事とは言い難い対応…orz
実は今回の企画&部屋のデザインをしたのがルカで、早速本人が出て来たのはいいけど、勢い余って主人公の手を思いっきり握った瞬間から、トーマが冷気を放ってて怖いな(|||_|||;)
「分かりましたから、早く放してもらえます?(殺)」「あー…はい
ルカさん、あっさり撃沈(笑)
取り敢えずルカは、隅からみんなの事を観察する事にしたらしい。
5人は一旦壁に並ぶと、主人公が何かお願いをするまでは永遠と無言の時間が流れるという、やたら息苦しい状態…
これだとあまりに主人公が可哀想なので、一人ずつ順番におもてなしをして行く事に決まった。
【03.ハートの執事】
主人公をリラックスさせる為に、呼ばれて早々いつものシンで登場^^;
逆に執事の方が、お嬢様に襟元のボタンとか留めてもらっちゃってるから…。
それでも結構甘~い雰囲気を出していたものの、もしもシンを専属執事に選んだ場合は、『自分でやれる事は自分でやれ』という、甘やかさない執事になる予定…らしい(笑)
【04.ダイヤの執事】
超でっかいバッタ(偽物)を見つけてしまい、怖くなってトーマを呼ぶ主人公。
あまりの怯えっぷりに、子供の頃みたいに「よしよし♪」
相変わらず過保護全開の、優しい喋り方…!
こっちも執事っていうよりは、完全にお兄ちゃんモード入ってるけど^^
例のバッタの件で音を立ててると、みんなが心配して部屋に集まって来て、イッキとケントは勝手にカマキリの話で盛り上がり出すのが笑える。
つい最近、2人で大きなカマキリの捕り比べをしたって(笑)
「この人たちって、本当に大人なのか…?」byシン
【05.クローバーの執事】
主人公が落ち着けるように、飲み物とお菓子を用意するケント。
本当ならこの後、数学の問題を出す気満々でいたのを、イッキたちに全力で止められたっぽい
途中で主人公の口元に付いたクリームに気付き、拭いたいけど拭えずに一人で焦れているケントは、ちょっと可愛い♪
大分長い前置きと、何とか拭き取ってあげた後に照れて言い訳(?)をする辺りが、正にウブなケント^^
【06.スペードの執事】
次にやって来たイッキは、主人公が疲れていると思い、手のひらマッサージをしてくれる事に。
主人公の気持ち良さそうな表情を間近で見ている内に、微妙にムラムラ…?
オリオンに「エロ魔人!!」って突っ込まれる(笑)
イッキの時だけ、意図的にみんなが様子を見に来るとか、周りに全く信用されてない感じなのが可哀想だ
【07.ジョーカーの執事】
ウキョウはもう一人の自分が出たら困るので、さっきと同様にとにかく主人公を遠ざけながらの接待。
紅茶を淹れている時に近付いただけで、熱い紅茶をかけてくる危険性のある執事…それは嫌すぎる
けど途中で人格が入れ替わってしまい、裏ウキョウが主人公の執事に!?
襟元を直すとか言って、いかにも首を締めそうな雰囲気を出しておきながら、「無防備すぎるんだよ」って注意だけして消えて行く、ただのイイ人だった^^
【08.5人の執事とお嬢様】
ルカの提案で、主人公も急遽ドレスアップをする事に…。
用意されていたのは、リカが好きそうな派手なドレスだったが、予想以上に似合っていると大好評
全員で協力して仕上げをし、主人公は完全にされるがままのお姫様状態。
「…ねぇ、僕の事忘れていないかい?
途中の発言で色々な地雷を踏み捲くっていた事もあり、すっかり存在を抹消されていた可哀想なルカ
「あれ?ルカさん、まだいたんですか?」byトーマ
あまりに冷たい対応の連続で、ついにルカが泣き出したのかと思ったら、何故か感激の方の涙(笑)
いつも個人プレーばかりの5人が、協力して一人の女神(主人公)に仕えている姿に、激しく感動したらしい
「あ…そうですか」って、シンの引きっぷりがウケる。
一人で勝手に大満足し、お礼を言いながら走り去って行くルカに、「何だったんだ…?彼は(-_-)」
…ホント、ケントの言った一言に尽きる^^;
最後は、引き続き5人から同時にお姫様扱いされたままEND♪

これは『CROWD』のCDって事なんですが、新作の『World』で最近よく見掛ける、王子服の5人に囲まれる主人公の図が、CDの内容とピッタリな感じでした
あと今までのCDでは悪役がいなかったので、ルカのお陰でみんなの冷たい口調が所々に入ってるのが、妙に新鮮だったような…(笑)

↓もし今回の記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/08/05 Mon  20:30
●AMNESIA CROWD キャラクターCD 【イッキ&ケント】 感想

クラウドのキャラCD、『イッキ&ケント』のネタバレ感想になります!
ミニドラマの感想が長いので、シチュエーションの感想を上にしています。

イッキのキャラソン【First love】は、前回同様のしっとりめではありますが、サビで一気にドラマチックに盛り上がるようなタイプの曲です
歌詞は、主人公にガッツリと落ちたイッキですかね
「あの日から君は僕のお姫様 君を求めている 君に恋している」
ケントの語り【夢見る君へ】は、待ちくたびれて傍で眠ってしまった主人公を見ながら、幸せを噛みしめている感じで♪
主人公の見ている夢の中にも自分が登場したいような、それはそれで恥ずかしいような…、みたいな事を考えながら、永遠の幸せを願うケントさん^^

【シチュエーションボイス:膝枕】
イッキの方は、テレビでやっていた実験として、至近距離で見つめ合ってみたり、ついキスをしてしまったり…。
たまには主人公を膝枕してあげたくなったイッキが、いたずらで耳に息を吹き掛けたりとかしながら、とにかく幸せ一杯な感じ^^
ケントの方は、日頃の感謝の気持ちを込め、ケントが膝枕をしてあげながら主人公の耳かきを…!
初めてなので探り探りに、「奥まで入れすぎた」とか「痛くはないか?」…って、まさかそんな妖しい台詞をケントに言わせるとは…(爆)

【ミニドラマ:夏の昆虫採集】
お酒を飲みながら、『七色に輝く巨大カブト虫』の話をするイッキとケント。
それはイベント内で、子供たちしか見る事が出来ないらしい…。
若干ぶーたれながらも、イッキは絶対酔ってると思う^^
…外で飲んでいるのかと思ったらイッキの家で、ケントは明日バイトがある為、一足先にご就寝
当然のようにお泊りしていて、相変わらずの仲の良さ(笑)
ただイッキが朝目覚めた時には、既にケントの姿はナシ。
お水を飲みにキッチンへ行くと、「…ん?んー!?届かない」状態。
部屋が大きくなったのかと錯覚し、ほっぺを(ギュッ!)「んー、イタイ…(××;)」やってるイッキが、可愛すぎる
自分が小さくなった事に気付いたタイミングで、ケントが再登場。
…声が、声が甲高くて、ちょっと生意気そうなケントも可愛いな…!!
小さい体のまま普通に朝食を買いに行ってたとか、適応能力高すぎのケント
そのついでに冥土の羊にも寄ったら、ワカさんも小人だったので、自分たちだけに起こった異変ではないと知る。
「小さい店長か。ちょっと見てみたいな」byイッキ
どのバージョンかにもよるけど、鬼軍曹のまま縮んでいたら、一番可笑しい^^

イッキとケントはこの原因を探る事にしたが、イッキは難しい事はケントに任せ、主人公を捜しに行く気満々。
物凄く主人公の事を心配しているようで、本音は『小さい姿の主人公を見たい』ってのが、9割以上な気もする…^^;
何の情報もなしに飛び出して来ちゃったイッキは、サングラスなしでも人混みを歩ける事が嬉しい♪
誰にも気付かれない…と思っていたら、向こうから騒がしい集団が…?
イッキのFCの女の子たちが、口々に「超可愛い」とか「似てる~!」とか言いながら、大分ザワザワしてる
「なっ、何ですか、おねーさんたちボク、今急いでいて…」
さっきよりもイッキの声が、更に舌足らずなお子様仕様になってる(笑)
イッキの親戚になりすまし、『イッキュウお兄ちゃん』呼びしてて可愛い
しかもやたらと礼儀正しく、ちょっぴりおませな少年風♪
小さくなってもFCの女の子たちに絡まれ、強引にどこかへ連れて行かれそうになってるイッキに笑った^^
たとえどんな姿になろうとも、イッキのモテ体質という本質は変わらないって、前にCDでオリオンが言ってたっけな…

一方のケントはというと、店先で店員と口論中。
あの姿で、25才の大学生だと言い張ってる
見付けたイッキが適当にフォローし、昨夜観た映画に影響され、何か色々と勘違いしちゃってる子って事で、ケントに無理やり謝らせてた(笑)
「ご…ごめん…なさい…?( ̄^ ̄)」
ケントは全然納得していないけど、どう考えてもちんまりとした姿のままでは、お酒は売ってもらえないだろ

その後、主人公はシンとトーマが見付けたって事と、みんなの姿は自然と元に戻ったという連絡が…。
結局主人公の可愛い姿が見れず、残念そうにしているイッキとは反対に、今から森林公園へ行こうと言い出すケント。
どうせ勝手に元の姿に戻るのなら、この姿で今出来る事を楽しもうと、あの『七色に輝く巨大カブト虫』を探しに行く事に♪
イッキのはしゃぎようといい、ケントのどっちが一杯捕まえたか勝負といい、中身は大人な筈なのに、完全に子供になっちゃってる2人^^
シン&トーマの方では、主人公も一緒に3人で仲良く…だったのに、イッキとケントは完全に最後まで2人だけで、この状況を思いっきり楽しみすぎ(笑)
途中で元の姿に戻ってしまい、お目当てのモノは見付けられなかったけど、もしも子供時代に自分たちが出会っていたら…という疑似体験も出来て、何だかんだでとても満足そうな2人でした!

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/08/03 Sat  02:02
●AMNESIA Blu-ray/DVD 5巻 特典ドラマCD 【アムネシア異世界旅行案内所~トーマ編】 感想

5巻の特典CDの、ネタバレ感想になります!

熟睡中のトーマを起こすオリオン。
この起こす時の会話のやり取りが、ちょっと恋人同士っぽい(笑)
大声で無理やり叩き起こしたら、「もう少し優しく起こしてくれよ~」byトーマ
すっかり主人公だと思ってたトーマは、謎の生物に「おはよう♪」って極自然に言われ、「…どちら様??」状態^^;
さすがに4人目ともなると説明するのが面倒なのか、トーマに変な夢を見ていると思われても、オリオンもまぁいいや~ぐらいの気持ち。
ザックリすぎる説明で終わらせ、本題のトーマが見てみたい世界の話へ…。
いくつか例を挙げた中でトーマが凄い食い付いたのは、『シンが女の子の世界』というやつだったり(爆)
他の例には無反応だったのに、これだけえっ!?(゚∀゚)」で、オリオンも普通にこの世界へ連れて行く気満々で笑った^^
…まぁ実際は、やり残した事があるっていう、トーマと主人公が高校生だった頃の世界へ。。。

トーマが着いたのは、懐かしい高校時代の教室。
早速主人公の方から、お弁当を一緒に食べようとのお誘いが♪
しかも、トーマの分の手作り弁当まで作って来てくれたらしい
ピリ辛チキン(冷凍)で喜ぶトーマ、可愛いな^^
主人公はトーマの為に好きな物を色々作ってあげたいと言ってるし、内心でこれが『好意を寄せているというアプローチ』だったんだと気付くトーマ。
今思えば、こんなに分かりやすい主人公の態度に、あの頃は気付けなかった事を後悔しつつも、現実のトーマがやり残した事を実行するべく、大告白(?)へ。
まずは、主人公の想いに気付かず、色々と間違えてしまった事への謝罪。
これからは妹ではなく、一人の女の子として守って行きたいという事。そして…
「俺、お前の事が好きだよ」
「…えっ?急にそんな事を言われても、困るよ
何だか反応がイマイチすぎる主人公(笑)
いい雰囲気から一転して、思いっきり悩んじゃってるからね
「…あっれ~、思ってた反応と違うなぁ…(|||_|||;)」byトーマ
ここで申し訳なさそ~なオリオンから、必ずしもトーマのいた世界の過去ではないとの説明があり、一気に誤爆ムードヘ
実はこの世界の主人公は、トーマの事を本当の兄妹のように思っている可能性が『大』であると…^^;
「え゛ーッ!?ちょっとー、それ先に言ってよー
…さっき、明らかに俺『も』好きだって言っちゃって、トーマの焦りと恥ずかしさが半端ない(笑)
乾いた笑いでごまかしながら、早々にこの場から立ち去ろうとしたのに、主人公に引き止められちゃうトーマ。
本当に兄としてしか思われていなかったようだけど、トーマの告白を聞いて、主人公の中でも変化が…?
「気持ちを隠さず伝えてくれて、ありがとう^^」
トーマの事を真剣に考えるとも言ってくれた主人公に対し、伝える事の大切さを知ったトーマは、改めて現実の主人公とじっくり話したいと思う。
ここで過去をやり直す事よりも、今の主人公にちゃんと気持ちを伝え、大切にしていかなければならないという想いが、より一層強くなったトーマだった

この異世界旅行シリーズは、前半IFの世界を楽しみつつも、最後は必ず現実の主人公の元へ早く帰りたい…!って気持ちになるのが、お約束なんですね(笑)

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2013/07/05 Fri  17:32
●AMNESIA CROWD キャラクターCD 【シン&トーマ】 感想

クラウドのキャラCD、シンとトーマ編の感想になります。
発売日が色々と集中していて、今頃になってしまいましたが…
ミニドラマの感想が長くなりすぎたので、他の感想は短めです。

シンのキャラソン【Innumerable kisses】は、凄くカッコよくて疾走感もあるけど、落ち着いたカッコよさ
柿原さんの声のトーンもめちゃめちゃ合ってて、これはかなりイイ!!
トーマのキャラソン【After Sason】はバラードで、曲調はとても優しく、癒し系^^
前曲では、曲調とは裏腹に狂気も感じさせるような歌詞でしたが、今回は完全に、良かったねトーマ…!って感じ♪
「本当は夢みた季節 決してこの手に入らないと思ってた」

【シチュエーションボイス:雨の日】
シンの方は2人ともずぶ濡れで帰って来て、トーマの方は主人公だけがずぶ濡れで帰宅…というシチュエーション。
甘々なのは言うまでもないけど、トーマは料理も作ってお風呂も沸かして帰りを待っているとか、ホント出来る嫁すぎ(笑)
シンの名台詞:「バカみたいに可愛いって言ってるだけ」
トーマの名台詞:「じゃあ、続きは後で…。…こ~ら、いい子だから離れなさい」

【ミニドラマ:はじめてのおつかい】
目覚めたトーマの元に、シンからの電話が…。
久々に掛かって来たらしく、嬉しくてトーマがあれこれ一方的に質問をしていると、シンの第一声がコレ↓
「トーマ…、ウザイ(-_-)」
悩み相談にでも乗る気満々だったトーマ兄さんを、一言でバサッ
シンの態度にため息をつきつつも、「で…、どうしたの?」と優しい切り返し。
“取り敢えず顔洗って自分の姿を確認したら、オレの家に来い”とだけ言い残し、さっさとブツッ(笑)
「アイツも昔は可愛かったのになぁ…」byトーマ

その後トーマは、言われた通り顔を洗いに洗面台へ…?
トーマの部屋なのに、トーマの部屋じゃないような感覚。
いつもの蛇口に手が届かないトーマ
慌てて姿を確認し、お約束の台詞何じゃこりゃーー!?(|||Д|||;)」
ちびっこトーマが、一人で可愛く大仰天♪
…この台詞が似合うのって、5人中トーマとウキョウだけだと思う^^;
という事で、今回は体だけ子供になっちゃった人たちの大冒険(?)…なお話。
冒頭から既に縮んでいたので、最初トーマの声を聴いた時、日野さんがトーマの演技を忘れてしまったのかと思ってしまった(笑)
随分と声が可愛くなっちゃたなーと…。
そしたらこんなオチで、一安心。

早速マスクにサングラスという変装で、シンに会いに行くトーマ。
こんな格好した子供、嫌すぎるけど…
会ったシンの姿も当然子供で、それを見たトーマのテンションは
理由→まだ可愛かった頃のシンを、色々と思い出したから。
ニッコニコで語り出したトーマを、「トーマ…うるさい」「トーマ、本当にキモイんだけどって、相変わらずバッサバッサと斬り捨て捲くりのシン。
ちなみにこの体の異変は、冥土の羊スタッフ全員に起こっているらしい。
連絡のつかない主人公の事を心配した2人は、すぐに捜す事に…。
主人公の行きそうな場所をリストアップしていたシン、トーマに褒められる♪
「お前…、そんなにちっちゃい手で懸命に…!?えらい、えらい^^」
シンの頭をワシャワシャやりながら、「よ~しよしよし」言ってるトーマが、最早ムツゴロウさんになっている(笑)
まぁ当然シンに嫌がられ、腕を叩き落されてたけど…。
「今日はマジでキモイな…!!」byシン
トーマ…、この短時間でどんだけキモイ・ウザイ言われてんの

2人で手分けして、本格的に主人公捜しを開始。
結構すぐに主人公の姿を見付けたシンは、「おい、お前…!!」
…アムネシアの場合、人混みや離れた場所から主人公を呼ぶ時とか、明らかに不自然すぎる二人称呼び
そしてやっぱり、主人公に気付いてもらえなかった…。
トーマと合流し、少し離れた所から主人公を見守る2人。
小さな主人公が、迷子の子を連れて歩いているという微笑ましい光景。
無事迷子を引き渡した後は、買い物で奮闘中の主人公。
ちっちゃい体で一生懸命頑張っている主人公の姿に、シンもトーマもほっこり♪
「何コレ…、ちょっと微笑ましい気持ちになったんだけど…(*´ェ`*)」
「子供の初めてのお使いを見守るような、そんな感覚だな…(*´ェ`*)」

主人公がきちんと会計を済ませられるかハラハラしたり、陰ながら応援して喜んでいるちびっ子2人も可愛すぎる
何とか買い物が終わり、一人で頑張った主人公の元へ駆け寄るシンとトーマ。
「頭…、なでていい?」byシン
主人公の頭を、ナデナデさせてもらってる…!!
トーマもシンに対抗して、例のムツゴロウさん並にワシャワシャやり出したから、主人公の頭上はきっと、モッサリなってそうだけど(笑)
その勢いのまま、主人公を見付けたシンの事も、再びナデナデするトーマ♪
2人を同時に可愛がりながら、トーマは幸せ気分に浸りまくり。
…が、ずっとワシャワシャやってたら、キレたシンに殴られる
その拍子に、何故か大人の姿に元通り…??
うっかり強く殴ってしまった事を謝るシンに、「よしよし^^(ナデッ)」
元に戻ろうが小さかろうが、トーマの撫でたがりは最早止まらない…のか?
何だか良く分からない内に元に戻ってしまったが、折角なので久々にこのまま3人で出掛けよう♪っていう最後でした。。。

ちびっこトーマが、特にシンを子供扱いしている時の声、可愛すぎだと思う^^
同じくイッキとケントも、可愛い声になるのかな??

↓もしも記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


        ホーム         >> Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。