ネタバレには一切配慮しておりませんので、ご了承下さい。
拍手をして下さっている方、お礼も無しで申し訳ありません!!本っっ当に有難うございます!!

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/24 Sun  16:17
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 9 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.黒子テツヤ】 後半 感想

黒バス9巻、feat.黒子のCD後半部分からの感想になります。
話の途中からですが、超ネタバレしています。
※昨日の感想はこちら→9巻 前半感想

翌日、クラブ紹介の放送が流れるお昼休み。
赤司に呼ばれ、みんなで視聴覚室に集まっている中、遅れて来る黄瀬。
手作り弁当を食べて欲しいって、女子に追い掛けられていたらしい。
青峰は即座に命令。
紫原を使って、ムカついた黄瀬を捻り潰そうとしている…^^;
意外に青峰に従順だった紫原は、黄瀬の唐揚げ1コで、割とアッサリ釣られてみる(笑)
集まった瞬間から、騒がしすぎる3人(※主に2人が)
1人でモテモテだったり、細かいツッコミをちょいちょい入れて来る黄瀬に対し、青峰の低レベルなイジメは続行中。
「黄瀬、お前のナポリタン、ミミズみてぇだな!!(¬_¬)」
ぶほーッ!?」
ミミズ嫌いな黄瀬、涙目(TT)
想像して食べられなくなりそうなナポリタンを狙うフリをしながら、実はハンバーグの方を奪い去って行く紫原
「間違えちゃった~♪」「酷い…酷すぎる…orz」
明らかに確信犯的に間違えてたけど^^
2体1でイジメるとか、何気に紫原もモテ黄瀬の事を、若干ムカついてたりする?
まぁ青峰とは別の意味で、純粋にお弁当を貰えるのが羨ましいだけな予感
さっきから、地味にダメージを受けている黄瀬が可哀想になったのか、ここに来て黙っていた赤司から、「ちょっと待て!」のお言葉。
青峰と紫原に軽く注意でもしてくれるのかと思ったら、黄瀬の偏ったお弁当内容を見て、注意しただけだったー!(笑)
一瞬赤司に期待していた黄瀬は、ガクッ
キャプテンとしては低次元な争いより、断然栄養バランスの方が大事っぽい
自分だけ注意された黄瀬が青峰の事を指摘すると、緑間がお弁当をチェック。
「豚カツ・唐揚げ・ハム・ウィンナー・ミートボール。…肉だけかッ!
青峰の好きな物のみが詰まった、肉オンリー弁当…
黄瀬よりも青峰の方が、数倍栄養が偏っていそうな気がする^^;
…と、ここで購買へ行こうとする紫原を呼び止め、黒子の放送が終わるまで、視聴覚室で聞くように言う赤司。
「…以上で、バスケ部紹介を終わります」by黒子
みんなが放送に集中した途端、黒子から終わりを告げる挨拶(爆)
3人がギャーギャーやってた間も、黒子はずっと喋ってたと思われ…
緑間でさえも全く気付いていなかったとか、存在だけでなく声までも、どんだけミスディレクション発動してるんだ?(笑)
でも何やら黒子から、追加で『お得情報』なるものが発表され…?
【1】黄瀬君ファンへ→1日ツーショット写真撮り放題フェアを開催中!
【2】青峰君を指導したい先生方へ→本日宿題を出すと、『必ずやり遂げるぞ』キャンペーン中!
【3】骨董好きの方へ→緑間君秘蔵の骨董品を、一挙バーゲンセール!!
【4】食玩マニアの方へ→紫原君の集めた『天使のゴールドマーク』を、先着3名様にプレゼント♪
…赤司が昨日黒子に渡していた『保険のメモ』の内容、これかー!!
しかも、逃げ道が1つしかない視聴覚室を選んで4人を1ヶ所に集め、みんなが狙いやすい状況を予め作っておくという、赤司の完璧さ^^;
「俺たちのバスケ部が、誰の記憶にも残らないなんて、あっていい訳ないだろ?」
それだけを言い残し、さっさとその場を去っていく赤司を追い掛けようとした青峰は、何故か急遽逆戻り。
ドドドドドドドドド…ッ!!!!!!!※地響き
もう既に近くまで大量に押し寄せて来ている、先生&生徒たちの集団…!?
これはただの収録上の都合だろうけど、「ワー!」とか「キャー!」もなく無言で集団が走って来るのは、余計に必死感が半端なくて怖いわ…
「くっそー!!覚えてろよー、赤司ぃぃ!!!
こんな事になったのは、昨日の適当すぎる4人へ、赤司からの制裁だったり
一方、放送を終えた黒子の元へ来た赤司は、この後お昼に誘うという、ほのぼのな展開^^
…の裏では、4人の必死な闘いが…!!(爆笑)
「この狸はやらん!」「お腹空いた~」「何で振り切れないんスか~「この蛙もやらん!!」「数学なんてやるかっ」「お腹空いた~」
あの青峰や黄瀬でさえも撒く事が出来ないって、先生や生徒たちまで、どんだけ俊足揃いの学校なんだよ
あーでもこれ、緑間が捕まったら一番損害が大きくて、可哀想だ^^;
黄瀬の写真撮り放題は、この中だったらまだマシな方だと思う。
結局、追いかけっこの結末がどうなったのかは分からないけど、最後は1人で頑張った黒子が、赤司と一緒にのんびりとお昼タイムを過ごしたって事で…♪

やっぱりキセキの中学時代は、青峰を筆頭にアホ可愛すぎる
この頃からずっとイジられ、イジメられて(?)いた黄瀬は、今になっても全然立ち位置が変わってないんだな…と。
バスケがどれだけ上手くなっても、やっぱ一番最下層でイジられ役というか(笑)
…ところでこのチーム、最初の方の話し合いを聞いていると特に、赤司先生がいてくれて本当に良かったって、今更ながらに強く実感^^;
赤司がいなければ、あの4つの案の中で適当に決まったんだろうし…orz
緑間もちょいちょいツッコミは入れてるけど、赤司ほどの軌道修正能力はないからね
でも最後に6人でワイワイやってるCDが聴けて、本当に良かったです♪
暫くは…というか1年以上は、黒子のドラマCDともお別れ…なのかな?
2期の特典で、またこういうドラマCDが付いてくれる事に、期待したいです
↓もし記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
【黒バスの全感想一覧】
当サイトでの黒バス人気投票の結果はこちら→【投票結果・途中経過 一覧】
スポンサーサイト

2013/03/23 Sat  20:42
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 9巻 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.黒子テツヤ】 前半 感想

黒バス9巻、ついに最終巻が発売されました~!
特典CD『feat.黒子』の感想になります。
超ネタバレ全開ですので、ご注意下さい。

唐突に、バスケ部紹介の原稿を考えて欲しいと、みんなにお願いをする黒子。
お昼の放送で流すクラブ紹介の担当が、黒子という事らしい。
みんなの意見が聞きたくて、黒子が自分で考えた原稿を読み始めると…?
「グオ~~」「ぐぅ~~
読み終わった頃には、いつの間にか青峰と紫原による、イビキの不協和音が完成(笑)
黄瀬に起こされても紫原の方は、この短時間で、器用に二度寝まで披露してるし
でも物凄い強さで、緑間から容赦なく耳を引っ張られてたけど…
2人に寝られちゃって、黒子も微妙にショック。
原稿の内容は悪くないって評価されているのに、黒子が読んでいるというだけで、明らかにマイナス効果^^;
もっと黒子が目立つようにしようと、考え始める5人。
【1】黄瀬の案→キャラを活かして、怪談っぽく。
「みなさん、バスケ部です…。恨めしや~」(チーン)
「却下!!」
黒子の怪談バージョン、似合いすぎる…!!(爆笑)
個人的には凄い好きだが、いきなり恨めしがるのは、意味不明かと…
赤司に即却下されてたが、青峰から影の薄さを『オバケっぽいと言われて、若干ショックを受けてた感じの黒子が面白い^^
【2】青峰の案→目立てばいいんだろ?
「オラオラ、聞けよ。バスケ部紹介だぞ。聞かねぇと分かってるよな?」「却下!!」
…それじゃあ脅しだって黄瀬は言ってたけど、黒子の言い方に抑揚がないので、全然脅しには聞こえないと思う(笑)
こういう台詞、黒子は今後一生言う機会もないだろうけどねある意味貴重?
でも青峰は黒子に対し、まるで上を目指すかのように、背伸びして言えって^^;
こんな事ではなく、もっと違う部分で背伸びしたいと思っている黒子…当然だ
「黒ちんは背伸びすると~、俺の肩に手は届くよね~?」
紫原、そのまんまの意味の『背伸び』話になってるから…。
「背伸びしなくても、肩ぐらい届きます!」by黒子
「あらら~、そうなの?」「…多分」
ちょっとムキになって言い返す黒子は可愛い~
ただし最後の方、結構自信なさ気になってるけど、まさか黒子…??
【3】緑間の案→お得情報を流す。
先に蟹座のラッキーアイテムなどを言った後、取って付けたかのように「これからも、バスケ部にご期待下さい」って言われても…。
「却下!!」
何っ!?(゚Д゚;)」
赤司の即断に、何をそんなに驚いているんだよ、緑間は
まさか本気で、採用されるだろうとか思ってたり…?(・言・)
しかも蟹座だけって、ターゲット少なすぎだから。
【4】紫原の案→お菓子とコラボ♪
この案を語っている時の紫原は、いつもののんびり口調から一転して、早口でスラスラと話し捲くってる
緑間や黄瀬が驚きを隠せない程の、スラスラ具合^^
一時的に饒舌な紫原が、黒子にアドバイスをして出来上がったのは…。
「こんにちは、ポテチ。バスケ部紹介です、ポテチ。僕たちバスケ部は、毎週ポテチに活動をしています
「却下!!」
…今までの中で、一番謎な紹介文が来ちゃったよ…orz
最早、言ってる事の意味すら分からん
この話の流れから、語尾に『なのだよ』を付けている緑間が、スルッと注目の的に^^;
黒子から、滑舌の良さを褒められる
「そんな事、あるのだポテチョ(-_-)」by紫原
「合体させるな!
緑間とお菓子のコラボが、実現しちゃった瞬間?(笑)
しかし、脱線するにも程があるから
結局赤司が、バスケの魅力をもっと分かりやすく表現しようと言って来て…?
ただ青峰も緑間も能力が凄すぎて、分かりやすく伝えるとか、到底不可能なレベルである。
黄瀬はこの変人(超人)集団に呆れながらも、いつかは追いついて抜くと、キッパリ断言!!
その時は青峰が、バーゲンダッツを奢ってくれると約束♪
そんな青峰の言葉にめっちゃ喜んでいる所は、やっぱり黄瀬も可愛い中学生だな…と^^
けど今日青峰に負ければ、黄瀬にバーゲンダッツを奢らせる気満々だし!
結果的にはこの先何度も、黄瀬が青峰に奢り続ける事になるだけなんじゃ…?
一方の黒子は、バスケの事をどう思っているのかと聞かれると、影としての役目を気に入り、バスケがどんどん好きになっているって…。
黒子の話を聞いて嬉しくなったのか、青峰が黒子の頭を掴んでわしゃわしゃやってる!
お陰ですっかりバスケがしたくなって来た青峰たちは、当初の目的を忘れて、今すぐにでも練習をしに行く勢い。
結論は、『誰も聞いてない校内放送なんて、適当にやっとけ』by青峰
…今まで話し合って来たのって、一体…(-_-;)
黄瀬さえも口で応援してくれただけで、体育館へ行っちゃうし
1人になった黒子が、このまま原稿を提出しちゃっていいのか悩んでいると、後ろから呼び止める赤司。
『念の為の保険』として、何やら追加のメモを手渡したようだけど…??

という事で、ここら辺で一旦切らせて頂きたいと思いますm(_ _)m
後半の感想も、明日中にはアップしたいです。
※続きの感想はこちら→9巻 後半感想

2013/02/22 Fri  19:41
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 8 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.相田リコ】 後半 感想

特典CD【feat.リコ】の、後半部分からのネタバレ感想になります。
前日からの続きになっていますので、ご注意下さい。
※昨日の感想はこちら→8巻 前半感想

チョコ作りを本気で再開した、リコ・木吉・日向の3人。
リコの材料選びからして、前途多難すぎるビタミンCの粉って…orz
「ビタミンDより、Cの方がいけそうな気はするよな~♪」by木吉
ナイスフォロー…木吉(-_-;)
日向がちょっと目を離した隙に、リコは青い錠剤のプロテインまで投入寸前
何にでもサプリを入れたい病は、相変わらずの健在っぷり(笑)
「分からんぞ?サプリこそが味になるのかも!!「100%ねぇーよッ!!(`Д´)
リコと木吉のボケに対して、常識人の日向はツッコミにも大忙しだな…。
それでも一から丁寧に子供に教えるような感じで、リコに指導する日向先生^^
「ここでバジルを~♪」「おぉい!!
チョコ作りだという事をすぐに忘れるリコへ、すかさず日向からの軌道修正。
超基本的な事を逐一確認しながら、リコに優しく教えて行く日向が妙にツボ
そんな甲斐あってか、ついにリコ一人で作ったチョコが、『普通にチョコの味がする』という奇跡が…!!しかも美味い
あまりに驚いて、日向も一瞬訳が分からん状態に陥ってたけど^^;
3人の喜びようが、正に全国大会優勝!!くらいの勢いだった(笑)
実は、みんなへ差し入れする為に作ったこのチョコ以外に、もう1種類のチョコを用意していたリコ。
それは木吉と日向の為だけに作ったチョコで、他のみんなには内緒!
「おぉ~可愛いな~!ネコのチョコか~「ウサギなんだけど…
「うっ…そうか犬にもネズミにも見えるから、特に問題ないな!!
…木吉のフォローが、全然フォローになっていない件
そのフォローの言葉自体が、問題アリだろ…orz
でも、形は悪くても味はちゃんとしているからって、リコは自身たっぷり。
どうしてもこのチョコは、2人だけにあげたいって事で♪
「バスケの時は平等だけど、こんな時くらい特別扱いさせてよ^^」
リコの方からも、『特別』発言来たー!!
凄くいい展開なのに、またしても不気味すぎる音楽に変わってるんだけど!?
チョコを食べようとしている2人へ、明らかに死へのプレリュードが…(|||_|||;)
…次の瞬間、木吉と日向の肉体から精神が抜け出し、2人揃って何故か地球の外へ飛んで行ってるし!!(爆笑)
地球を見下ろしながら会話をする2人。
どんな状況だろうと、悉く楽しんでいる木吉とは反対に、色々と諦めちゃった人みたいな声の日向がウケる^^
木吉の方はむしろ、こんな体験をさせてくれたリコに感謝しちゃってるからね
『前向き』って言葉を、もはや超越したな…。
珍しいモノが見れてテンションMAXな木吉の隣で、日向は体育座りしてそう(笑)
「見ろ、日向!!月があんなに近い「ほんとだー(-_-)」
「すっげ~~!!あはははー♪♪」「…帰りてぇー(-_-)」
フェードアウト。。。(※回想が完全に終わって現在へ)
日向と同じ場所へ行った事を、あれは現実だったと黒子たちに力説する木吉。
珍しく日向の方も、木吉の言ってる事を完全否定はしてなかったな…。
「ちょっと食べてみたい気もします」「やめとけ!!お前らには早すぎる
…何気に黒子の方は、好奇心旺盛だった^^;
そんな黒子と木吉が次のバレンタインの話を始めた途端、リコが登場。
「今度のバレンタインデー、みんなに手作りチョコをあげようと思って♪」
えっ…また手作り!?!?(|||Д|||;)」 ←日向、ショック
木吉と日向に、今回も試食のお願いをしに来たんだとか…
既に試作第1号を持って来ているらしく、今からGO→!!になっちゃった
もちろん木吉は食べる気満々で、とても楽しみな様子^^;
「…お前ら、骨は拾ってくれよ…l|i|lil|i|l 」by日向
不吉な遺言を残し、木吉と2度目の宇宙へ飛ぶ覚悟をする日向だった…(多分)
…木吉と日向が行ってしまい、2人だけになっちゃた黒子と火神。
黒子は、3人の支え合う関係に感動したとの事。
火神も誠凛に入って良かったと、再認識していた感じかな?
「でも、宇宙には行ってみたくないですか?一緒にどうですか?」「こ・と・わ・る!!
―おわり―

今回はてっきり火神も被害者になるのかと思っていたら、あくまで木吉と日向がメインで、黒子たちは話の聞き手みたいな感じでした。
あの火神が、終始先輩たちの話のツッコミ役だったという(笑)
そしてやっぱり、リコと木吉と日向の3人の関係は、凄く良かったな~
ただし、木吉とリコだけでの料理は危険すぎる
基本的に木吉は、何を入れようとしても止める気配が全くないから…orz
↓もし記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
【黒バスの全感想一覧】
当サイトでの黒バス人気投票の結果はこちら→【投票結果・途中経過 一覧】

2013/02/21 Thu  22:39
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 8巻 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.相田リコ】 前半 感想

黒バス8巻を、珍しくフラゲする事ができました~♪
リコのドラマCD、前半部分のネタバレ感想になります。
※現在と過去の話が入り乱れていますので、分かりにくくてスミマセン

「なぁ日向、俺の愛情を受け止める気はないか?」「はぁ!?」
…という、木吉の妙な発言から始まった今回。
木吉が差し出して来たのは、高級で有名なゴディ●ならぬディゴバのチョコ
まだまだ先だけど、木吉のお母さんがバレンタインのチョコを送ってくれたので、おすそ分けっていう事だった^^;紛らわしいヤツめ。
これがキッカケで、去年リコが手作りチョコを作ってくれた事を思い出す2人。
リコの手作りという言葉を聞いた瞬間、味を想像して超警戒しだす火神。
その時の味はどうだったのかというと。。。
「最高だったんだ!!」「最高に不味かったんすか?「美味かったんだ!!」「う…??」
木吉と日向の発言を真逆に捉えている火神と、ドッキリだと思っている黒子(笑)
リコには前科があるから、そう簡単に信じてもらえなくても仕方ない…^^;
「いや、本当に美味かったんだ…!!(・言・)」by木吉&日向
…何だろう…、褒めているのに、2人のこの鬼気迫る感じ
※ここから、過去の回想へ。
リコが木吉と日向に、みんなへ差し入れをしたいと提案。
最初は結構嬉しそうな2人だったけど、『手作り』だと聞いた途端、日向だけは「てっ…手作り!?(|||Д|||;)状態。
たまには女の子っぽい事をしたいリコに、何とか上手い事言って、『手作り』だけは止めさせようとする日向。
でも残念ながら、木吉はリコの味方。
「リコの作ったケーキなんて、食べてみたいなぁ~^^」
怖いもの知らずな木吉の発言のお陰で、リコもとっても気分良さげ♪
結局チョコを作りたいと思っていたらしく、ノリノリなリコと木吉とは対照的に、日向だけは一人で内心真っ青な感じ(笑)||||||||
いい雰囲気で盛り上がって来た所で、リコからのお願い事が…。
(※ほのぼのとしていた音楽が、丁度ここで終わった…)
「2人には、チョコの試食をして欲しいんだけど…」「お安い御用だ♪」「う…うん」
…急に不気味な音楽始まったー(´Д`;)
リコと木吉が今すぐにでも始める勢いだったので、日向もそのまま押し切られてしまい、不穏な音楽が最高潮のまま、リコの家へ…(死)
ここまでの話を聞いていた黒子が、当時の木吉の前向きさに、物凄く感心。
「お陰で死に掛けたけどなっ(^^)v」
…日向と違って、死に掛けた時の事すら平然と楽しそうに話す木吉は、相変わらず色々な意味で凄いわ…
どんな内容であれ中々出来ない経験は、木吉にとって楽しい事らしい。
そして早速、リコの家でチョコの試食をさせられた木吉と日向。
既に薬品臭が漂い、カカオの匂いすらしない青い色をしたチョコだけど…orz 
リコが出来栄えに不安がると、慌てて褒めながら「いただきます!!」(…チーン)
…この後の事を2人とも覚えていないっていう、悲惨な事態
それでもその後も、チョコの試食にずっと付き合ってあげる2人。
今度は普通の梨入りチョコを食べさせられ、「ぐぼっ!?」×2(…チーン)
暫くして息を吹き返した2人に、さすがに自分のチョコのせいだと落ち込むリコ。
さっき目の前で明らかに撃沈しておきながらも、リコを傷付けないようにフォローする木吉と日向が、優しすぎる><
もう諦めようとしているリコに、「リコの気持ちが込もっていれば、それだけで俺たちは嬉しいんだ^^」
優しく励ましてリコを奮い立たせ、敢えて再び爆死街道を突き進んだ2人…。
この時の木吉は、お花畑が見えたりあの世にいるはずのお婆ちゃんに会ったりと、臨死体験までしていたっぽい(笑)
そこまでしてリコに尽くす2人を、黒子は不思議に思った様子。
「リコは特別だからだ」
木吉と日向のリコに対する感謝の思いや、頑張りを物凄~く認めている所など、何か凄い良かったー!!
だからこういう時は、自分たちがとことん付き合ってあげるんだっていう、3人の絆みたいなものが羨ましい
それに瀕死の目に遭いながらも、結局チョコ作りは楽しかったって言う木吉。
だって最終的には、「成功したんだからな!!」…だそうだ。
こうして、3人の戦い(?)はまだ続いて行った…。(※過去の話だけど)

取り敢えず、この辺で半分終了です。
明日中には続きの感想を書きたいと思います。
※続きの感想はこちら→8巻 後半感想

2013/01/30 Wed  10:37
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 7 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.木吉鉄平】 後半 感想

feat.木吉のドラマCD、後半部分からのネタバレ感想になります。
ここからですと、話の途中になっています。
※昨日の感想はこちら→7巻 前半感想

改めて2号捜しを再開した4人。
ちょっと先の方を見に行こうとする木吉を、「1人で歩き回るな」って思いっきり引き止める日向。
さすがに学校では迷子にならないって言ってるけど、怪しいもんだ
「他では(迷子に)なるのかよ?」「時々なっ♪
そっ、そんなにノリノリで可愛く答えられても…(笑)
「いーから!!俺の目の届く範囲に居ろッ!!(`Д´)
これじゃあ、まるで木吉は日向の子供状態^^
だけど何故か木吉の方は、自分の心配をされているんじゃなくて、日向は自分自身が迷子になるんじゃないかと、心配しているんだって勘違い
「安心しろって!俺がしっかり見ていてやるから♪」「うるっせーッ!!
…どーして木吉の中で立場が逆転しちゃったのか、分っかんねー(-_-;)
こんなやり取りを見ていて、2人の仲が良いのか悪いのか疑問に思った黒子に、伊月がバスケ部結成当時の事を話してくれて…。
そうか…、日向って一番最後に入部したんだー?
一番最初に日向に目を付け、入部してくれるまでしつこく誘い捲くった木吉(笑)
この辺の事は原作を読めば、お互いの心情とかが少しは分かるのかな??
取り敢えず黒子には、「仕方なくバスケ部に入ってやった」「今でも木吉が嫌い」発言をしておいたら、伊月に笑われていたけどね…^^
ここで、日向がうっかり木吉から目を離し、つい黒子たちと会話をしていた為、予想通り早速行方不明になってる木吉
まぁ、あっさり体育倉庫の前で見付かってたが。
「こらーッッ!木吉ぃ!!おー!(^^)v」「おー!じゃねぇーッ!!(`Д´メ)」
さっきから一体、何度このテンションの違う掛け合いをやってんだ…この2人
木吉は倉庫の中から聞こえて来る音が気になり、無理やり天窓へジャンプ!
からの…、向こう側へガラガラガッシャーンッ
でも何とか無事に、木吉は2号??を助けてあげる事が出来たみたいで…?
「救出作戦、無事成功!!だっ「にゃ~」
…ネコちゃんだったけどな。。。
「ネコが寝込んだ!キタコレー!!(゚∀゚)」「きてねぇーっっ
伊月のダジャレに、ようやく日向が突っ込んでくれた^^
前半のオバケ騒動(?)では、それどころじゃなかったからね…
益々どっと疲れちゃった中、2号捜しの今後について話し合う日向たち。
木吉は助けたネコに懐かれちゃって、近くで遊んであげているとの事。
暫くして、戻って来た木吉の姿を見た3人は、あんぐり…
あの黒子ですら、珍しく「きっ…木吉先輩!?(゚ロ゚;)」状態。
「わんっ!!」
…2号、木吉の腕の中にさらっといるし…orz
ネコと遊んでいたら、いつの間にか2号も混ざって来たらしい。
それがあまりに自然すぎて、暫くは2号の存在に気付かないまま一緒に遊んでいた…って、木吉のド天然にも程があるだろー
そして、2号とフツーに会話をしている木吉だった
伊月が黒子に言っていた、『木吉の周りには何故か人が集まって来る』っていう謎の魅力(?)に、きっと2号も引き寄せられたのでは…?って思いたい^^

以前にFAN DISCのドラマで、日向が怒り捲くっていたから細谷さんが一番消耗したはず…って書いたのですが、今回の日向はそれ以上に怒り&叫び捲くっていて、本当にお疲れ様でした超笑ったし♪
日向ほどではないけど、伊月も意外に叫んでいたかも(笑)
その辺の4人のバランスが面白くて、日向→100%ギャー!!(|||Д|||;)、伊月→あはは♪とギャー!!で半々、木吉→ほぼ100%あはは♪黒子→100%無音
日向&伊月に木吉が加わると、伊月のダジャレが可愛く思えるほど、日向の苦労性&振り回されっぷりが半端ないなと改めて実感…^^;
次の特典CDには伊月がいないので残念だけど、変わりに火神が入るので、これはまた面白くなりそうで楽しみです!
↓もし記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
【黒バスの全感想一覧】
当サイトでの黒バス人気投票の結果はこちら→【投票結果・途中経過 一覧】

2013/01/29 Tue  20:26
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 7巻 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.木吉鉄平】 前半 感想

黒バス7巻の、木吉のCDを聴きました♪
超ネタバレ感想になりますので、ご注意下さい。

木吉が休んでいた間の、練習や試合のDVDを見せてあげた日向と伊月。
色々と面白かったって満足気味の木吉に、詳しく感想を訊いてみると…?
【1】何で黄瀬は、コートの中でモデル立ちなんだ? →モデルだからだ。by日向
【2】秀徳のベンチに、なぜ信楽焼きが?? →ラッキーアイテムだそうだ。by日向
…どーでもいい感想が来ちゃったコレ(笑)
さすが木吉。面白かったって言っても、目の付け所がズレている…
でも火神に対しては、非常に感心している様子。
【3】あいつ、ハンバーガー27個食ったって聞いたぞ?俺は25個が限界だ
…どーでもいい感(以下略)…orz
最早、見ていたDVDにかすりもしない内容
(まぁ大食い対決としては、意外にいい勝負の2人なんだな^^)
そしてまだ感想を述べ続けている木吉が、最後に語ったのは黒子の事。
【4】あの影の薄さは、心臓に悪いお年寄りにはキケンだ。
あれでは、お年寄りの心臓が殺られてしまうのではないかと、案じている木吉。
「酷いです。僕がオバケみたいじゃないですか「うわーッ!?(|||Д|||;)」「なぁ?^^」
突然ふわっと黒子が登場。
心臓に悪いとか言っていた木吉は平然としているのに、日向と伊月のビビリ具合が半端なかったんだけど(爆笑)
…実は、黒子がちょっと目を離した隙に2号がいなくなってしまったらしく、この後4人で夜の校舎内を捜す事になった…。
周囲が暗すぎるせで、最初からやたらと不安げな雰囲気を出している日向に、すかさず伊月から「怖いのか?(¬_¬)ニヤリというツッコミ。
一応ここでは、まだ見栄を張っておきたい日向さん。
たたみ掛けるように、「午前0時の保健室…」って不気味な声で、伊月の怖い話が始まっちゃった^^;
「ゆら~り、ゆら~り…」「…ぐおっ!?(××;)
既に日向が、致命傷の一歩手前だし
少々混乱しているのか、2号を「イーグル・アイで捜せっ!」とか言い出す始末。
伊月のダジャレ「2号にGO!!」を放置してしまう程、きっともう日向の頭の中は、恐怖心で一杯だったんだろう…。
まず、最初の探索場所である音楽室に到着。
「誰かがこっちを見てる!?」って、いきなり日向の悲鳴
肖像画だと分かると、伊月が肖像画にまつわる怖い話を始めた途端…?
「バーン!!!「うわーっ!?鳴ったぁ!?グランドピアノがぁっ!???
テンパってる日向と一緒に、さすがの伊月もこれにはビックリ。
けど単に木吉が、グランドピアノの中にいるかもしれない2号を捜していたら、うっかり鍵盤を押しちゃっただけだったー。
「あ~わりぃ、わりぃ^^」by木吉
凄い勢いで鍵盤を叩きつけていた割りには、相変わらずの軽いノリ。
「ここにもいませんね…「どっわーッ!?!?(|||Д|||;)」
突如黒子に背後から声を掛けられ、絶叫する2人(笑)
前から木吉、後ろからは黒子に脅かされ、悲惨なコンボだ
…また暫く歩いて行くと、今度はマネキン相手に勝手に驚いている日向。
さっきら日向1人だけ、大分忙しいな^^;
そんな日向を見て、再びニヤリ顔の伊月がマネキンの怖い話を始めると、目の前で実際にガコンガコン動き出すマネキン…!?
「踊ってる!?マネキンたちが??マネキンたちがぁぁーーっ!??(@Д@;)」by日向
しっかし犯人は当然木吉で、「あ~わりぃ、わりぃ^^♪」
マネキンの中の2号を捜していたら、マネキンが踊り捲くっちゃっただけ。
…木吉はどんだけ必死になって、マネキンの中を捜してんのさいないし。
そしてやっぱり今回も、またまた背後の黒子に「ウギャー」な2人。
そろそろ4人とも、学習した方がいいぞ(笑)
続いて図書室に来ると、ここでも伊月の怖い話第4弾のタイミングに合わせ、頭上から何かがバサッ!?ついでに日向にガシッ!?
「うわぁーーっっ!?しがみっ!?!?伊月ーッ!!伊月ーーッ!?\(|||Д|||;)/」
何かにしがみ付かれ、過去最大の錯乱っぷりを見せる日向!!(爆笑)
キャプテンの威厳、どこ行ったよ…。
日向から必死に助けを求められた伊月は、慌てて電気をパチリ。
「…へ?」「…へ??」「よぉ^^♪」
暗闇で頭上から飛び降りて来て、そのまま日向にしがみ付いていたのって、木吉かよー(´Д`;)やっぱりねー
本棚の上で2号を捜した後に飛び降りたら、よろけて日向にしがみ付いたって?
…それ以前に何で木吉は、一連の動作を無言でやってたんだ…
しがみ付かれて錯乱状態だった日向は、結構相手をボスボス叩いていたのに、声一つ上げないとは^^;
電気が点くまで無言で日向にしがみ付いていた木吉…、普通に考えると何か色々とおかしい状況な気が…orz
「わりぃ、わりぃ^^」「わりぃ、じゃねー!!「ここにもいませんね「どわーっ!?
ここまでの日向は、息をつく暇もないペースで脅かされ捲くりだな大丈夫?
結局どこを捜しても2号は見付からず、一旦小休止。。。
主に木吉のせいで、日向が異様にゲッソリ状態(笑)
当の本人は、何故日向がゲッソリしているのか、全然分かってなかったけど^^;
…こんな4人の2号捜しは、まだまだ続く…。

ここで前半部分を、終了とさせて頂きます。
後半の感想は、遅くても明日のお昼までにはアップ予定です。
※続きの感想はこちら→7巻 後半感想

2012/12/23 Sun  20:50
●黒子のバスケ Blu-ray/DVD 6 初回特典ドラマ 【SPECIAL CD feat.青峰大輝】 後半 感想

特典CD【feat.青峰】の、後半部分からのネタバレ感想になります。
前日からの続きになっていますので、ご注意下さい。
※昨日の感想はこちら→6巻 前半感想

青峰が来るのを、本屋で待ち伏せするつもりの桃井。
今日は、堀北マイちゃんの写真集が発売される日らしい^^;
でも桜井が言うには、どうやらもうマイちゃんじゃなくて、次はアキちゃんのキャラ弁が欲しいって言ってたとか…。
別のアイドルを好きになった事に、桃井は何だかちょっとショック?
それとも自分のデータになかった行動という事に、ショックなのかな?
次の子はマイちゃんと真逆のタイプのアイドルだと知り、「節操なさすぎ!!」って怒ってるから、少しは嫉妬心もあるのかもしれないけど…^^
色々な意味で桃井がショックを受けている頃、ストリートバスケのコートで青峰が1人遊んで(?)いると、「わんっ♪」
何かテツヤ2号が出てきたーー!!「くぅ~ん」が可愛すぎる…!
今回は伊月がいないのに、野島さんご苦労様です(笑)
青峰、2号に普通に話し掛けてるし!
2号の方は青峰の事、じーっと見てる…。
あんなに可愛い目をしているのに、真っ先に『ムカツク目をしたヤツ』だと思った辺りが、青峰らしい。
『どこかで見たような目』だと思い始めながらも、それが『誰』なのかは思い出せない様子だったけど…。
2号がボールを見て嬉しそうにしていたので、「一緒にやってみるか^^」っていう流れになり、『犬と楽しそうにバスケをする青峰』という、何ともほのぼのストーリーが展開。
…とは言っても、お互いに物凄いスピードでやってるっぽいけど
あの青峰を、バスケで楽しませてた2号が凄すぎる
青峰の中で、周りのみんなの評価が『犬以下』になっちゃったような…^^;
最後まで『似た目』の事は思い出せないまま帰って行く青峰と、そのすぐ後に2号を迎えに来る黒子という、ここは悲しいすれ違いだった…orz
一方桃井たち3人が一旦部室に戻ると、そこに何故か青峰がいて、桜井のちょっとマヌケな「いたー!?(゚ロ゚;)」が笑える^^
そんなに素っ頓狂な声で驚かなくても…(笑)
ただ単に青峰は、マイちゃんの写真集を探しに来ただけだったんだけど…。
他のアイドルに乗りかえたと思われていたが、弁当は「色んな女の子で食えた方がいい♪」ってだけの事。
勘違いした桜井の「生きててスミマセンーで、取り敢えず青峰探しは終了。
桃井が黒子に見付かった事を報告しようとしたら、青峰に携帯をブン取られて、2人での会話が。。。
「テツ、明後日の試合、楽しませてくれよな?」「はい。必ず勝ちます」
…意外に良い雰囲気の会話だったけど、『誠凛のみんなと一緒に』って言葉を聞いた途端に「ハッ」って笑ってたので、ほんの一瞬にすぎなかったか…
直後に電話越しから2号の鳴き声が聞こえてきて、青峰が思っていた2号と似た目をした『誰か』の事が、やっとイコールで繋がったかな~なんて思ったり^^
それに気付いて、どんな気分になったのかまでは分からなかったけど…。
結局桃井の完璧なデータでも、青峰の行動だけは100%把握するのは無理なんだという事が分かった^^;

ちなみに、今回の【セイシュンTIP-OFF!! ~MVP青峰ver.】が酷すぎて爆笑!!
本当に青峰が無理やり歌わされている感じ!
最初から全然やる気無ぇーー!(爆)
そして、出だしから音程が若干おかしいし、すぐにキーの高さについて行けなくなって、イチャモンつけちゃってるからね
歌詞の『無理~♪』に合わせて、「ムリムリ!!」で止めちゃうし、一旦仕切り直して歌い出したと思ったら、何か柄悪いよー!!
最後の方は焼肉に釣られて本気出したみたいだけど、青峰にしては歌声がブリブリすぎて、周りの誰かに「キャラを見失っている」って言われたっぽい^^;
歌が終わったら、気晴らしにザリガニ釣りに行くって言ってた(笑)
相当ストレスの溜まる収録だったんでしょうね…
他の5人と全然テイストが違っていたけど、そのまんま素直に歌ってくれない青峰って感じで、とっても面白かったです^^
↓もし記事が参考になりましたら、ポチッとして頂けると更新の励みになります!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村(ランキングに参加中です♪)
【黒バスの全感想一覧】
当サイトでの黒バス人気投票の結果はこちら→【投票結果・途中経過 一覧】

最新記事

ツイッター

視聴アニメ・プレイ中ゲーム・購入CDを中心に、色々と呟いてます(笑)
2015.11月~始めてみました♪
↑フォローの際に一言お声を掛けて下されば、喜んでフォロバさせて頂きます!

カテゴリ

RSSリンクの表示


        ホーム         >> Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。